iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

美容器具が故障時に知りたい保証情報・修理費用

一言で美容器具と言っても、様々な商品が発売されています。タイプで分けても導入美容器や光美容器、スチーマー、保湿サポート器、美顔ローラー、クレンジングブラシ、美顔器、頭皮ケア用品、目元ケア用品と、種類を上げるときりがありません。種類が多い分、その機能性や価格も多種多様で、消耗品のように使い捨てができるものから、5年や10年といった長期間使用できるものまであります。いずれの商品においても、美容については継続して使い続けることで効果が表れるため、ほぼ毎日使用することになります。毎日使用していると、どうしても避けられないのが機械の故障です。

安価で買い替えることが容易な商品は、消耗品として使い捨て感覚で利用することができますが、美容器具については、高価なものも多く、簡単に買い替えることができないケースのほうが多いでしょう。

今回は、そんな美容器具全般の故障時の保証情報や修理情報についてまとめてみました。

美容器具の保証期間

ほとんどの美容器具は、購入から1年間が保証期間として定められています。そのため、1年間であれば、基本的には無償で修理を受けることができます。しかし、使用者が勝手に改造したり不当な朱里を行ったりした場合、落下等による使用者の過失が高い故障、消耗品の交換については、保証を受けることができません。これらは、他の電化製品と同じになります。

美容器具については、非常に種類が多いため一概には言えませんが、1年間の保証期間の間で見つかる故障は、ほとんどの場合が初期不良となります。そのため、通常のメーカー保証しか加入していない場合は、実際に故障が増加する2年目や3年目に保証を受けることができず、高額な修理費用を負担しなければならないということも考えられます。例えば、商品代金が数千円程度のドライヤーや頭皮ケア用品であった場合、2年や3年で故障してしまったとしても、修理を行わずに新しいドライヤーや頭皮ケア用品を購入するという選択が有利になりますが、10万円を超えるような光美容器の場合、簡単に買い替えるわけにはいきませんのでどうしても修理で対応することとなります。その際に、必要となる修理費用は、故障した部品にもよりますが、10,000円以上はかかるとみて間違いないでしょう。

そのような、突然の故障による修理代金で多くの出費を行うのであれば、メーカーや家電量販店が用意している長期保証サービスに加入することをおすすめします。

Panasonic Store延長保証サービスであれば、年会費4,800円で、最長5年間までの長期保証サービスを受けることができます。このサービスの特徴は、同じPanasonic Store延長保証サービスを受ける電化製品があった場合、それらすべてをまとめて、4,800円の年会費で保証を受けられるという点や、通常のメーカー保証と同じ保証範囲となっているため、経過年数による保証上限の定め長いということになります。また、メーカーが保証を行うため、複雑な手続きが必要ないという点もメリットの一つとなります。

ケーズデンキの長期無料保証も非常にお得な長期保証となっています。ケーズデンキの長期無料保証では、購入した美容器具によって5年間もしくは3年間という期間の違いは生じますが、これらの長期保証が無料で受けられるという点が一番のメリットとなっています。さらに、いずれの保証期間であっても、その期間内であれば、保証限度額の上限がなく、修理回数にも制限がないという点もお得なポイントとなっています。

美容器具の故障の種類と、その修理代金

美容器具は様々な種類がありますので、故障や修理については、その美容器具の種類ごとに確認する必要があります。そのため、ここでは、美容器具の種類に応じた故障の種類や修理代金についてまとめてみました。

はじめに、スチーマーの故障です。スチーマーの故障の種類としては、定番の電源が入らないというものから、使用中に電源が落ちる、スチームの噴出量が低い、水漏れするといったものがあります。これらの修理代金としては、概ね3,000円程度から15,000円程度かかると言われていますが、Panasonic製のスチーマーの場合、修理代金は定額となっています。故障した機種にもよりますが、3,000円~10,000円という料金で修理を行ってもらうことができます。

次に美顔器に関する故障についてです。美顔器の故障も、スチーマーと同様に電源が入らない、使用中に電源が落ちるという故障があります。また、美顔器では、振動が弱くなる、バッテリーが充電できないといった故障もあります。バッテリー関連の修理であれば、バッテリーの交換になりますので、3,000円から5,000円程度の修理費用が発生します。それ以外の修理の場合、ご使用の機種や故障した部品によって異なりますが、概ね4,000円~10,000円という修理料金が発生します。これについてもPanasonicでは、定額修理のサービスを行っています。

スチーマー使用時の注意点

美容器具の一つであるスチーマーについては、使用時に注意すべき点があります。スチーマーは水を入れてスチームを噴出しますが、使用する水によってメンテナンスの方法に差が生じます。通常の水道水を入れて使用する場合、塩素に含まれるミネラル成分が石灰化し、機械内部に付着します。少量であれば問題はありませんが、大量に付着した場合、見た目が悪くなるばかりか、スチームの噴出量にも影響を及ぼす可能性が生じます。次にミネラルウォーターを使用した場合ですが、こちらは塩素以上のミネラル分が含まれていますので、水道水以上に石灰化します。また、塩素が含まれていない分、水道水よりも腐敗が早いため、古い水を使用し続けると、かえって美容を損ねる可能性があります。

最後に、メーカーが推奨する精製水です。こちらには、余分なミネラル分が含まれていませんので、石灰化する事はありません。そのため、きれいに使用し続けることができますが、非常に腐敗し易いため、管理は慎重に行わなければなりません。これらの特徴を理解し、ご自身の使用方法に合わせた水を選択すると効果的です。

まとめ

美容器具は様々な種類がありますので、保証については一概におすすめすることはできません。しかし、5万円を超えるような高価な美容器具を購入される場合においては、修理してでも使用し続けることで、出費をおさえることができるというケースも多々あります。その場合、メーカーや家電量販店の長期保証サービスに加入しておくことで、3年~5年の間、修理料金が無償、もしくは有償であったとしても、通常の修理代金よりは非常に安く修理を行うことができます。

しかし、数千円で購入できるものや、修理代金が非常に安い機器で長期保証サービスに加入したとしても、故障時には新しい商品に買い替えたり、修理代金よりも長期保証サービスの料金の方が高いといったことがあれば、無駄な出費となってしまいます。

そのため、長期保証サービスに加入する目安としては、購入金額が2万円を超えたあたりを目安にするといいかもしれません。しかし、使用する方の使用頻度等によっても故障の頻度は大きく異なりますので、長期保証サービスの加入については、ご自身のライフスタイルをしっかりと考えた上で、検討することをおすすめいたします。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加