iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

故障したiPadの修理代相場を知っておき、もしもの時は安く修理しよう

Apple製人気タブレットのiPadが壊れたら、故障してしまったらどうしますか。いくら便利なタブレットだとしても、使えば使うほど故障する確率も高くなります。故障時の修理代相場を知って、安く修理をしましょう。


ipad / meedanphotos

1年以内に故障した場合は無料製品保証を使用

iPadが何らかの原因で壊れてしまったり、液晶画面が割れたりしても、1年以内であれば製品保証の期間内ですので保証規定に従った修理を無償で受けることができます。

無償修理ですから、たいていは費用がかかりませんし、正規店でのサービスなら5営業日以内に完了することになっています。交換修理の場合は、新品か新品同様の製品が手元に届くことになります。

Appleのメッセージ刻印をしている場合は、長くて2週間ほどかかる可能性があるので、注意しましょう。

保証対象外の修理サービスなら一般の修理専門店のほうがいいことも

製品保証対象外の修理は、iPad購入から1年以上経過した場合に加え、過失や分解、不正改造、落下、水濡れなどになります。製品保証対象内であれば無料で修理を受け付けてもらえますが、製品保証対象外の場合は修理代がどうなるのかみていきましょう。

Apple正規店のiPad修理料金

2018年1月現在のiPad修理代は下記です。

  • iPad mini:22,800円
  • iPad2:28,800円
  • iPad 3・4:34,400円
  • 最高額はiPad Pro 12.9 インチ:66,800円です。

ちなみに、AppleのiPad修理代は適宜改定されており、2017年3月当時は下記の料金でした。

  • iPad mini:20,800円
  • iPad・iPad2:24,800円
  • iPad 3・4:29,400円

この費用を目安にApple正規店以外の修理サービス料金と比較してください。場合によっては一般の修理専門店のほうが料金は安くすみます。

すでに製品保証対象外になっているので、対応が迅速な一般修理専門店での修理がベストかもしれません。

AppleCare+ for iPadに入るべきか

iPadを購入時または購入後30日以内に加入することができるAppleCare+ for iPadは、通常の製品保証に加えて、2年まで保証期間が延長されます。

AppleCare+ for iPadの料金を別途支払うことで、過失や事故による損傷について1回4,400円のサービス料で、最大2回まで修理サービスを受けることができます。

キャリア会社でAppleCare+ for iPadを申し込んだ場合は月額で支払うことになりますが、直接Appleへ申し込んだ場合は一括9,400円を支払うことによって加入できます。

iPadは2年以上使用する人も多いので、持ち運びの機会が多く故障の不安があれば保険としてAppleCare+ for iPadに加入しておくといいでしょう。とはいえ、結局修理時には費用がかかることは心に留めておいてください。無料で修理してもらえるわけではないのです。

参考:iPad故障時の修理の流れ

スマホ修理店のiPad修理代費用

上記で述べた通り、保証対象外のiPadをApple正規店へ修理を依頼する場合は高額な修理費用がかかります。

iPadを購入して1年以内の場合はもちろん、AppleCare+ for iPadに加入している場合はApple正規店での修理がおすすめですが、それ以外の場合は一般のスマホ修理店の方が安くすむ可能性が高いです。

一般修理店の場合、iPadやスマホの修理代は一律で決まっていません。そのため、iPadの画面割れ修理なのか、破損した部分のみの交換なのか、水没修理なのかといった修理内容によって異なります。

今回、例として最も高額になりやすいiPadの画面割れ修理の料金をご紹介します。iPadの液晶画面修理を依頼すると、最も高くなりがちなiPadのモデルはiPad Proです。

Apple正規店で修理依頼をした場合、保証対象外であるiPad Proの修理代は66,800円でした。一方、一般の修理店の場合は44,800円と2万円も安い料金で修理してもらえます。

また、最安値のモデルはApple正規店同様iPad miniで、料金は11,000円という安さです。Apple正規点だと22,800円なので、比べると一般の修理店がいかに安いか分かりますね。

ただ、これらの修理費用は先述した通り「絶対」ではありません。一般の修理店は全国に数多くあるので、料金は依頼先の修理店によって異なるのに加え、依頼するiPadの故障状況にも大きく変わってくることを念頭におきましょう。

iPadを安く修理してくれるお店を探すには

上記でご紹介した通り、Appleの保証に加入していない場合のiPad修理代は決して安くはありません。費用が高くなりがちなiPad Proの液晶画面修理だと、安い一般の修理店でも40,000円を超えてしまうという結果になりました。

修理代があまりにも高すぎると、修理に出すくらいなら新しく買い換えることも検討するかもしれません。ただ、できればiPadの修理費用を安く抑えたいですよね。

そんな時、一般の修理店ごとに修理費用がどのくらいなのか事前に見積もってもらうことをおすすめします。

修理費用はお店によって異なってくるため、上記でご紹介したiPadの画面割れ修理費用よりも安く修理してくれるお店もあれば、上記よりも高くなるお店もあるでしょう。

当サイト「最安修理.com」には全国各地の修理店が集っており、修理店ごとに修理代を調べることができます。

無料見積もりで自分のiPad修理費用がいくらになるのか具体的に調べてみてもいいでしょう。

一般の修理店を探すときに見ておくべきポイント

いざ一般の修理店を探すとなると、修理費用のみに目がいき一番安い修理屋さんに依頼しがちです。あまりにも高額な料金だとぼったくりの修理店である可能性がありますが、安すぎる修理店にも注意が必要です。

一般の修理店を探す際のポイントは、主に料金・保証期間・評判の3点です。

特に、一度一般の修理店に修理を依頼すると、その後Apple正規店へ修理に出すことが難しくなることもあります。そのため、「保証期間がどのくらいあるか」という点は必ず確認しましょう。

また、各修理店の評判も知っておくといいでしょう。たとえ安い料金でiPadが修復しても、店員さんの対応が良くなかったら「ここに依頼してよかった」という気持ちにはなりづらいですよね。

いい修理店に依頼したいという方は、修理店の口コミなどを見て評判を知るのも手です。

当サイト「最安修理.com」には、各修理店の保証期間や口コミを掲載しています。

料金・保証期間・評判を全て確認できるので、一般の修理店を探している方はぜひ利用してみてください。多くの修理店の中からご自身の納得できるお店を見つけ、大切なiPadをなるべく早く直してもらいましょう。

当サイトを見てもいい修理店が近くになかった方、iPadを店頭まで持っていくのが面倒という方向けに「郵送修理」も受け付けています。全国どこでも対応していますので、気軽に問い合わせてみてください。

まとめ

iPadの修理代相場を知っておくと、製品保証対象外の修理と一般の修理専門店での修理費用を比べて安いほうに修理に出すことができます。AppleCare+ for iPadについては、長期使用が前提で、壊れる可能性が高いと思うなら加入しておくべきです。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加