iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

【保存版】BTOパソコンの修理費用相場まとめ

BTOパソコンは自分好みにカスタマイズできるため、近年人気を集めています。自分が愛用しやすいように構成されているので、既製品とは機能や使用しているパーツなどが異なります。そのため、使用する面では非常に便利といえるでしょう。しかし、故障してしまった時は既製品よりも複雑な構造になっているため、どう対処すべきか困っている人もいるのが現状です。

そこで今回は、BTOパソコンの修理を請け負ってくれる場所や修理を出す前にしておかなければならない注意事項、修理を請け負ってくれる修理店と費用相場をご紹介していきます。ショップ製やメーカー製での修理の違いなども取り上げるので、BTOパソコンの修理について悩んでいる方は参考にしてみてください。

BTOパソコンの修理をしてくれるところとは?

BTOパソコンが壊れてしまった際、一体どこに修理を依頼すればいいものなのでしょうか。パソコンは個人情報の宝庫です。そのため、どこに依頼すべきなのかをしっかり見定めなければなりません。

家電量販店などで売られているパソコンであればメーカーや購入した店舗に相談できますが、BTOパソコンの場合はどうなのでしょうか。下記では、BTOパソコンの修理を請け負ってくれるところをご紹介します。

メーカー

メーカー製のBTOパソコンであれば、メーカーに修理依頼をすることができます。メーカー製のBTOパソコンは自分で組み立てるわけではないので、メーカーが保証をつけてくれています。保証書が購入した際についてきているはずなので、まずは保証書を手元に用意しましょう。保証書が見つかったら、次は保証期間内か確認することが大切です。

通常、メーカー保証は1年といわれています。この保証期間内であれば多くの場合は無償で修理をしてくれるケースが多いです。しかし、故障内容によっては修理費が発生することもあるので注意してください。

メーカー保証期間を過ぎてしまっていたとしても、一度メーカーに問い合わせてみましょう。有償にはなってしまう確率が高いですが、メーカーによっては購入後2年以内であれば「修理費の半分を負担する」といったように、少し修理費が抑えられるかもしれません。メーカー製BTOパソコンは、まずはメーカーに問い合わせてみるといいでしょう。

購入したショップ

ショップ製BTOパソコンは、購入したショップに問い合わせてみることをオススメします。ショップ製BTOパソコンの場合はメーカー保証はついていないため、購入したショップに頼る他ありません。

ショップごとに異なりますが、ショップ製BTOパソコンには大抵ショップ独自の保証が付けられていることが多いです。そのため、まずはショップの保証がついているか、ついているなら保証書を準備しておく必要があります。

ショップの保証も1年間になっていることが多いです。もしも保証期間を過ぎてしまっていたり、保証書が見つからなかったりした場合でも、まずは購入したショップに問い合わせてみるといいでしょう。もしかしたら修理の方が高くつくので新しく作り直した方がいいなどのアドバイスをもらえるかもしれません。

修理専門店

メーカーにもショップにも修理をしてもらえなかったというケースも発生するかもしれません。そんな時は、修理を諦めるしかないのでしょうか。実は、他にも方法があります。

それはパソコンの修理を専門的に扱っている修理専門店に依頼する、という方法です。パソコンの修理を専門的に扱っているので、特殊な機能を持ったBTOパソコンでも修理を請け負ってくれるところもあります。しかし、BTOパソコンは受け付けていない修理専門店もあるので、まずは問い合わせて見てから実際に店舗に足を運ぶようにする方が賢明といえます。

BTOパソコンを修理に出す前にやっておくべきこと

BTOパソコンの修理先が決まったからといって、すぐにパソコンを持ち込んだり、郵送してはいけません。BTOパソコンを修理に出すときは、それなりに準備をする必要があります。なぜなら、パソコンは個人情報の宝庫だからです。大切なデータを蓄えていたり、仕事で使用している場合は、他人に見られてはいけないものなどがあったりもします。

修理をしてくれる方もそういう事情は把握しているとはいえ、どこでパソコン内部の情報が漏れてしまうかはわかりません。そのため、自分で大切なデータや個人情報を守らなければならないのです。では、実際に修理に出す前にどのようなことをしておくべきかご紹介します。

保証期間かどうかの確認

先ほども少し触れましたが、BTOパソコンにも既製品と同様にメーカー保証やショップ保証がついています。どのような経緯でBTOパソコンを購入したとしても、まずはこの「保証」がついているかを確認するのが先決です。もし保証がついているのであれば、次は保証期間内か確認してください。ここまで把握できれば、どこに修理を依頼すべきなのかが自ずと決まってきます。

しかし、保証書が見つからない、保証期間内が過ぎてしまっていた際は有償になるので、メーカーに依頼するか他の修理専門店に出すかといったように、どこに修理を出すべきか考えなければなりません。

データのバックアップ

BTOパソコンの修理に限らず、パソコンを修理に出す際は必ずバックアップをしておく必要があります。特にメーカーに出すとリカバリー(初期化)をされてしまうことが多いので、大切なデータが消えてしまいます。データが消えてしまってもその修復はしてもらえないケースが多いので、修理に出す前に自分で大切なデータをバックアップしておかなければならないのです。

修理店によってはデータを消去せずに修理してくれるというところもありますが、どうしても記憶媒体が故障してしまっている場合は難しいので、他人に頼らずに自分でバックアップをしておく必要があるといえるでしょう。

お気に入りのバックアップ

データ以外にも、バックアップをしておくことをオススメするものがあります。それはブラウザのお気に入りにしているものです。お気に入りは意外に忘れがちになってしまいますが、実際に作業効率を下げないためにもバックアップしておくことをオススメします。

いつも使っているサイトは何となく名前なども覚えていて、再度探し出すことができるかもしれませんが、利用頻度が低いサイトは忘れてしまいがちです。それを一から探して登録してフォルダに分けて…とするととても時間がかかってしまいます。お気に入りもバックアップしておくことで、修理から返ってきた後に普段通りいち早く使えるようになります。

個人情報などはできるだけ削除しておく

BTOパソコンを修理する際は、顔もわからない人にデータを見られてしまいます。海外では修理作業員が個人情報を抜き出してしまうといった事件も発生しているので、そうしたトラブルに巻き込まれないためにも、最低限の情報のみを残して修理に出すべきといえるでしょう。

仕事でも使用しているパソコンであれば、他者には見られてはいけないデータや情報もあるものです。さらに、家族や友人と撮った思い出の写真も抜き取られてしまったり、パスワードやカード情報を見られてしまう可能性もあります。悪用されないためにも、すべてのデータをバックアップして、データや情報をほぼ消してから修理に出すべきです。デスクトップの画像なども、できるだけシンプルなものにするなどしておくとより安心です。

指紋認証は解除しておく

最新型のBTOパソコンでは、指紋認証を取り入れている方もいます。この指紋認証は非常に便利なものですが、修理に出すときはこの機能は解除しておかなければなりません。解除しておかないと、修理店のスタッフが修理に取り掛かれないからです。

指紋認証機能は日々使っていると慣れてしまい、特に気にせずに使用していることも多くなります。そのため、修理に出すときに解除を忘れてしまうといったケースも起きているのです。すぐに修理に取り掛かってもらうためにも、しっかり指紋認証機能は解除しておいてください。

ブラウザの履歴も消去しておく

BTOパソコンの修理を出すときは、持ち主の特徴が分からないようにしておかなければなりません。修理依頼者がどんな人なのかは、上記で取り上げた個人情報や重要情報以外にもあります。それは、ブラウザの履歴です。

どんなサイトを見ているのかといったことから、持ち主がどのような人なのかが分かってしまうこともあるのです。個人情報も引き出されてしまうかもしれません。BTOパソコンの修理の際に見ないだろうと思われる履歴ですが、安心・安全のためには削除しておくことをオススメします。

以上のような準備を整えてから、修理に出すようにしてください。下記では、BTOパソコンの修理を請け負ってくれる修理店と修理費用の相場をご紹介します。

ドスパラ

ドスパラはBTOパソコンの販売もしているため、修理も受け付けてくれています。

http://www.dospara.co.jp/service/share.php

ウェブでできる見積もり診断

ドスパラでは、ウェブ上で簡単にできる見積もり診断が用意されています。BTOパソコンで生じている不具合に該当するものを選択していくことで、おおよその費用が確認できます。どれくらい費用がかかるのか知りたい方はまず試してみましょう。

ドスパラでの修理費用

基本的に修理費用は、作業料金+パーツ代金という仕組みになっています。ドスパラならではの特徴として、ワンコイン診断というのが用意されています。どういった不具合が生じているのかを簡易チェックすることができます。

デスクトップパソコンで電源が入らない場合の修理費用は、デスクトップパソコンの基本診断6,000円+電源ユニットの交換7,000円+電源ユニットの代金5,000円で合計18,000円になります。

ノートパソコンで電源は入るもののWindowsが起動しない場合は、ノートパソコンの基本診断7,500円+ハードディスクの交換5,000円+Windowsのインストール12,000円+ハードディスクの代金5,000円、合計29,500円になります。

Dr.Home Net

Dr.Home Netはすべてのパソコンの修理を受け付けているため、BTOパソコンも修理依頼をすることが可能です。

https://www.4900.co.jp/price/

修理方法は選べる3種類

修理方法は出張修理、持ち込み修理、宅配修理と3つあるので、忙しい方や店舗から遠い方でも利用しやすいといえます。また、事前に実際にかかる修理費用を教えてくれるのも利用者にとって安心できるポイントでしょう。

Dr.Home Netでの修理費用

Dr.Home Netでは、細かく修理費用を掲載しています。

たとえば、マザーボード交換13,500円、液晶パネル・インバーター交換13,500円、内蔵ドライブ交換6,000円、部品の交換6,000円といった料金設定になっています。その他にも様々な故障状態に合わせた修理費用が掲載されているので、まずは確認してみることをオススメします。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加