iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

自動車エンジンの取り付け費用・流れ・注意点

自動車の心臓“エンジン”は、常に正常な状態にしておかないと運転中のトラブルにつながりやすい部分です。車検をキッカケに交換する方も多いと思いますが、気になるのはその“お値段”ですよね。素人が交換するのは難しいですし、やはりそれなりの金額がかかるのは事実。一体いくら位を目安に考えておけば良いのでしょうか。ここでは、自動車のエンジン取り付けにかかる費用やその流れ、注意点について紹介していきたいと思います。


. / Ricky Flores

エンジンの故障原因について

まずは、エンジンが故障する原因に関してみていきましょう。どのような場合故障してしまうのか、交換でなければ直らないのかなど、修理にあたって気になる部分を紹介していきましょう。

エンジンオイルの漏れ

エンジンオイルは、走行によって徐々に消費していくものです。試用期間が増え、走行距離が伸びていけば必ず減っていきます。定期的に交換していくべきものなのですが、通常の消費意外にも何らかの故障でオイルが漏れることがあります。エンジンオイルが漏れ、必要な量がないとエンジンはすぐ故障してしまいます。地面にオイルが漏れていないかなどを確認してみてください。

エンジン付近のパーツ故障

単純に経年劣化でエンジンパーツが故障することもあるでしょう。シリンダーヘッドなどが故障することで、オイル漏れ・冷却水漏れが発生して正常な機能を保てなくなります。大きな事故につながりかねませんので少しでも異常を感じたら検査をしてもらってくださいね。

定期的な点検によりエンジン故障は防げる?

衝突などの物理的な原因を覗いて、エンジン部分の故障は定期的な検査・メンテナンスによって防ぐことができます。シリンダーヘッドなどの経年劣化は、通常車を使用する上で目視することができない部分です。そういった内部の劣化は、専門の業者による定期点検やこまめなメンテナンスによって発覚するもの。定期的な検診はお金がかかりますが、故障(エンジンブロー)によってエンジンを交換するよりは安いのも事実。エンジンブローの前兆である、“エンジンからの異音”“走行性の不具合”があることに早く気づけるように意識してください。

結果的に多額の費用を出費しないようにするためにも、12ヶ月検査などの法律で決まっているものは確実に行い、以上が見られる前に任意でも検査を依頼してみるといいでしょう。

・故障によって発生する代表的な症状
エンジンが故障してしまった車では、以下のような症状が発生する場合が多いです。
・オイル圧の低下(オイルを入れても圧が変わらない)
・エンジンからの異音(通常時とは異なる音がする)
・走行時の異臭
・白い排気ガス

これらの症状が見られた際はすぐに走行を停止させ、修理店に依頼するようにしてください。

エンジン交換にかかる費用について

では、エンジン交換にどれくらいの費用がかかるのかについて見ていきましょう。実は、エンジンの修理・交換で高額の費用がかかるのには深い理由があったのです。

車両保険の補償対象外

まず、大きな理由としてあげられるのが車両保険の対象外ということです。車両保険の範囲は以外に広いものですが、エンジン故障までは対応してくれません。基本的には外的要因で発生した故障(事故)に対する保険なので、“内部”の問題であるエンジンは全く無関係ですよね。

エンジン本体の値段が高額

また、エンジンはパーツそのものが非常に高額です。国産のエンジンであれば新品で20万円〜40万円、中古でも10万円は越すでしょう。「リビルト」と呼ばれる整備済のものであっても20万円は覚悟しなくてはいけません。もしも海外から取り寄せることになれば費用はさらに高額となります。輸送費を含めて80万円以上、100万円を超えることも珍しくないのです。

工賃と合わせて最低でも50万円程度を見ておくべき

作業費用(工賃)も、タイヤの交換などとは比べ物にならないくらいの金額となります。最低でも50000円、高いところやディーラーに依頼すれば20万円近くすることもあるでしょう。エンジンの本体価格と合わせると、最低でも50万円以上はかかるものだと思われます。

高額費用がかかるため新車購入を検討する方が多い

このように高額な費用がかかるため、エンジン交換を躊躇う方が多いのです。「100万円近くかかるのであれば新しい車を購入しよう」と考える方も多く、廃車を検討する方も少なくありません。こういった状況になる前に、エンジン部分以外の修理で対応できる程度に留めておくことが大切だといえるでしょう。

エンジン交換よりも修理の方が高い可能性も

「エンジンの修理を行えば安く済むのでは」と考えるかもしれませんが、実はエンジン修理は交換よりも費用がかかる可能性があるのです。エンジン内部のパーツ交換だけで数十万円かかるため、エンジンの不調は基本的に交換対応となることがほとんどだと言われています。

エンジン交換時の依頼方法と注意点

エンジン交換時の依頼方法と、注意点についても触れておきましょう。エンジンは繊細なパーツなので、車との相性も考えなくてはなりません。不具合を起こさないためにも確認していきましょう。

エンジンの選択は業者に任せるべき

交換するエンジンを選ぶ際は、基本的にすべて業者に任せるべきでしょう。車に対する知識がある方であれば、自分で選んでも良いかもしれませんが殆どの方はよくわかっていないはずです。業者に自分の希望を伝えて、それに沿ったエンジンを探してもらうのが最も良い方法だといえるでしょう。

依頼から修理完了まで時間がかかる場合も

基本的な作業の流れとしては、依頼(見積もり)・検査確認・組み換えという基本的なものになります。エンジン交換だけで対応できるものもあれば、複数箇所の故障が原因でその他の部分も直さなくてならないこともあるのです。修理完了までには早くて2日程度、長くて半月ほどの時間を要するでしょう。検査の段階で、大体の修理期間がわかります。その際に、車を預けている間の移動手段等を検討すると良いでしょう。

見積もりを比較することで安値での交換が可能となる

交換費用を安く済ませたい場合、多くの業者に見積もりを依頼して比較することが大切となります。知り合いのディーラーや修理士がいるのであれば、その方へ依頼することで“割引価格”になる可能性もありますが、一般の方はそうもいかないでしょう。

インターネットで検索を行うことで、エンジン交換に対応してくれる業者を多数見つけることができますので、見積もりを比較してみてください。また、多くの業者の見積もりを一気に比較できる「一括査定サイト」の利用もおすすめです。5~10社の見積金額を比較できますので、そこで最も安い見積もりを出してくれた業者に依頼すると良いでしょう。

まとめ

上記のようにエンジン故障が発生した場合は、100万円近くの高額費用がかかります。このような高額負担を強いられないためにも、日頃からのメンテナンスや検査で“初期症状の見極め”を行なってください。

もし、どうしても交換が必要となった場合は多数の業者に見積もりをかけて値段を比較してみましょう。この作業を行うことで、安い工賃の店舗を見つけ費用を最小限に抑えることができます。一括査定サイトなどを利用して、最低でも5~10社の見積もりを比較してみてください。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加