自動車修理の工賃はいくらが相場?修理メニュー別にまとめてみた

自動車はその性質上、維持費が非常に高いです。車検や保険、駐車場代からガソリン代と、挙げればキリがないほど諸経費がかかってきますよね。また、故障や事故の際にかかる修理代金も非常に高額。中古車1台買えるのではないかというくらいの値段がかかることだって、考えられるのです。自分の車を修理に出す際、いくらくらいの工賃がかかるかは把握しておくべきでしょう。ここでは、自動車修理にかかる工賃の相場を修理メニュー別に紹介していきますので参考にしてみてください。


surgery in process / saiberiac

メニュー別修理代金

早速、自動車の修理メニューごとに工賃がどの程度かかるのか見ていきましょう。想像よりも安いメニュー、高いメニュー色々なものがあると思います。これから自分の車を修理にだそうと考えている方は、ぜひ確認しておいてくださいね。

ドアのヘコみや破損修理

車の修理で一番多いのは、ドアを開け閉めした際につく傷やヘコみの修理ではないでしょうか。気をつけていても、意外に傷をつけてしまうところなんですよね…。細かい傷数カ所なら気にならないかもしれませんが、それが多くの場所にできたり、引っかき傷のような大きな物が発生した場合は見た目も悪いので直ぐに修理したいところです。また、開け閉めの際にぶつけるなどしてできた“ヘコみ”も非常に目立ちます。出来る限り直ぐに修理したいところでしょう。

ドア部分は、「ドアごと交換する」か「板金や塗装で対応する」かの2択で修理が行われます。ドアのヘコみだと、「逆側から押し返せば直るのでは」と考える方も多いですがそう簡単なものではありません。逆側から押し返すためにも、内部まで分解しなくてはいけませんし、ドア全体の板金を全部交換しすることだってあるのです。修理にかかる費用としては、板金代・塗装費用・工賃を合わせて50000円〜10000円は覚悟しておいたほうが良いでしょう。傷の再塗装に関しても、本格的に修理すると慣ればドア全体の塗装が必要です。50000円以上は考えておいたほうが良いでしょう。

エンジン修理の費用

自動車の心臓部でもある“エンジン”は、修理費用もかなりの高額となるようです。エンジントラブルが起きた際には、エンジン内部のパーツ修理で対応することは極稀。ほとんどの場合はエンジンごと交換する形で修理完了となるそうです。

エンジンは購入すれば、通常300000円〜800000円程度の費用がかかります。(国産車の場合)それに加えて、エンジン交換にかかる工賃(技術料)が100000円以上かかるでしょう。合計で安くても400000円程度はかかることを覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。また、外車などの高級メーカーのものになってくると金額は大きく跳ね上がります。数百万円単位での出費となる可能性が高いことを覚えておいてくださいね。

もしもエンジン部分だけでなく、他の部分にまで影響のある事故を起こしてしまった場合。エンジン交換費に加えて“車を買い替えたほうが安い値段”が提示される可能も大いに考えられます。事故や故障の程度を見て、対処を考えたほうが良いかもしれませんね。

バンパー修理の費用

バンパー部分も事故によって破損しやすいパーツの1つです。衝突事故などが起きた場合は、大抵バンパー部分のヘコみや傷が発生するでしょう。

ごく小さい範囲のヘコみであれば10000円程度での修復が可能ですが、範囲が大きくなってくると金額は上がっていきます。側面のヘコみ、擦りは該当部分を含めたサイド全てを修復することとなるでしょう。(塗り直し)金額は20000円〜50000円程度になり、部分修復の倍近くかかることを覚えておいてください。バンパー中央まで傷やヘコみが進行したものに関しても50000円程度かかるでしょう。

また、バンパー全体を交換するのであれば物によって100000円以上の高額負担となります。その車に使われているバンパーの素材によっても、金額が大きく変わってきますのでその都度ディーラー・修理店に確認したほうが良いかもしれませんね。

マフラー修理の費用

車の後方についているパーツ“マフラー”。自動車好きな方は、この部分をカスタムするなどしてこだわっていますよね。単独事故ではなかなか破損する場合ではありませんが、後ろからの衝突や経年劣化によってマフラーを修理する機会もあるでしょう。

マフラー修理は、「溶接による修復」か「交換」の2択になるでしょう。溶接の場合は、小さな穴の修復程度なので費用は10000円程度ですむことがほとんです。マフラーの交換になれば、パーツの費用にもよりますが大体40000円以上だと考えておくと良いでしょう。そこまで高いマフラーを使わないのであれば、20000円程度で済むこともあるそうです。

エアコン修理の費用

意外と大掛かりな修理となるのが、車内のエアコン。故障原因の断定から始まり、各所の修理・交換となります。エアコン故障の原因は、エアコンのパーツ故障の他に“ガス漏れ”も考えられますが多くの場合パーツ故障が原因となって発生するガス漏れなので多額の費用がかかるでしょう。費用は40000円〜60000円程度になることが多いようですね。ただし、複数箇所の故障だとエアコン全体の交換になります。日本製の現行モデルであれば、市場に多く出回っているので200000円~300000円程度で交換できますが、海外車で日本に出回っていないエアコンを積んでいるのであれば倍以上の値段がかかることを覚悟したほうが良いかもしれませんね。

自動車修理は乗っている車によっても大きく異る

紹介してきた通り、自動車は自分が“何を乗っているか”によって修理代金も大きく異なってきます。そのため、“相場は〜円”とは一概にいえないのが実情なのです。

外車が同じパーツで修理すると高くつく

例えば、外車に乗っている方が修理時に“今と同じパーツで修理して欲しい”と依頼すると、その費用は大きく跳ね上がります。これは、パーツの値段が高いことに加えて日本では手にはいらないのが大きな原因のようです。ディーラー(修理店)側も、該当するパーツを仕入れることが難しく時間・予算もかかってしまいます。そのため、通常の修理よりも“工賃”まで高く付いてしまうことがあるようです。

現在と異なるパーツで対応することで安くなる可能性も

パーツが手に入らない場合は、現在搭載しているものと異なるパーツに交換してもらうことで費用が多少抑えられることもあるようです。修理の際、該当のパーツが手に入らないとディーラー(修理店)から「〜〜のパーツならすぐ手に入ります」というような提案を受けることがあります。現在とは異なるパーツだが、その車に適した修理パーツで多くの場合が“現行品より安い”ものを提案してくれるはずです。費用をおさえたいのであれば、その旨を伝えることでディーラーが適したパーツを探し出してくれますので相談してみると良いでしょう。

自動車修理は、「保険の範囲内」など決められた制限の中で行わなくてはならない方が多いです。どのような場合でも、まずは担当のディーラーに費用の相談をしてみてくださいね。

まとめ

代表的な自動車修理の代金についてまとめてきました。自分が持っている車種によっても、修理費用は変動してきます。当コラムの内容を参考にしつつも、修理担当者とコミュニケーションをとった上で悔いのない選択をしてくださいね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください