iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

【Google Home】故障・修理の相談はどこにすればいい?

発売と同時に話題を集めているGoogle Home。快適に動いている間はよいですが、もし壊れてしまったらどこに相談するのか気になるという方も多いでしょう。今回は、Google Homegが故障や修理が必要な状態になった場合の対応策に関してまとめてみました。


Google Home on table in front of sunny window. / ndb_photos

Google Homeの故障/修理はGoogleにお願いできる?

Google Homeは、2017年10月に日本でも販売がスタートしました。故障/修理の相談に関して、まずGoogle側の見解を確認してみましょう。

Googleの対応

GoogleのHPを確認してみると、以下のように書いてあります。

「Google は、新品の Google Home デバイス(同梱される付属品を含む)については、お客様が Google またはGoogle の正規販売代理店から未開封の状態で購入した日から 1年間、Google が公開しているユーザー マニュアルに沿った通常の使用状況下で素材や組立品に生じる欠陥に対し保証を行います。」

「限定保証期間中(新品の場合は1年間、再生品の場合は 90日間)に Google Home に欠陥が生じ返品する場合、Google は独自の裁量かつ法律で認められる範囲内で新しい部品または再生部品を使用して Google Home を修理するか、当該 Google Homeをそれと同等以上の機能を備えた新品または再生品の Google Home と交換するか、Google Home の返品と引き換えに当該 Google Home に対して支払われた金額を返金します。」

保証期間内なら対応可能

公式HPの情報によると、Googleが保証の対象としているGoogle Homeなら、保証期間内に限り保証が適応される故障については部品や新品と交換、または返金してれるとあります。最終的にはGoogleに相談するという手法も使えるようです。 ただし、よりスムーズに対応したい時は販売店にまず相談するほうが良いでしょう。実は販売店によって対応が異なるため注意が必要です。

Google Homeの故障/修理の相談はどこにすればいい?

壊れてしまったなら、できるだけ早く直したいですよね。Google Homeを日本の販売店で購入した時は、故障/修理の相談について販売店側の対応を確認することがオススメです。

販売店やカスタマーセンターに問い合わせる

例えばeo光は、eo光で購入したGoogle Homeに限りeoサポートダイヤルにて交換を受け付けてくれています。購入した店舗によって対応が変わってくるので、まずは販売店に確かめてみましょう。販売店の公式HPをみたり、カスタマーセンターに問い合わせれば、最適の方法を教えてくれます。

事前に準備してから問い合わせる

問い合わせをする時は、必要な情報を手元に用意しておくことがオススメです。故障しているGoogle Homeや、購入時の付属品、どのような不具合が生じているのかなど、詳しく情報を整理しておきましょう。これはGoogleに問い合わせをする場合も同様です。事前に聞かれそうなことをまとめておくことで、効率よく相談をすることができます。

なお、auのように故障等の際はGoogleカスタマーサポートセンターに直接問い合わせするように定めているお店もありますので注意しましょう。

Google Homeを修理してくれる場所はない?

一般的に電化製品が壊れた時は、探せば修理を請け負ってくれる個人店などを見つけられます。しかし2017年12月現在、Google Homeの修理を受け付けてくれるお店はありません。Googleや販売店の対応も、基本的にはパーツや本体の交換か返金対応となっています。Google Homeが日本で販売されるようになったのは2017年10月なので、まだ発売から間もないことも関係しているでしょう。

加えて、Google Homeはそこまで高額な商品ではないので、修理をするよりも買い替えをする方が良いと判断する人が多いだろうことも理由としてあげられます。Google Homeは新品で税抜14,000円、Google Home Miniなら6,000円です。金銭的負担が高額な電化製品と比べて少ないので、いっそ新品に買い換えようという選択をする人が多い傾向があります。今後、Google Homeがさらに日本で人気を高めれば修理を引き受けてくれるお店が出てくるかもしれませんが、もし特別なこだわりがないなら買い替えを検討しても良いかもしれません。

故障/修理の相談前に取扱説明書をチェックしよう!

取扱説明書には、Google Homeに関する詳細な情報が詰まっています。相談前に取扱説明書をよく読んでみることがオススメです。読むだけで問題を解決できる場合もあります。

また、故障させないためにも取扱説明書の内容をチェックしておき、正しい使い方を実践することが肝心と言えます。間違った使い方をしているとGoogle Homeに負担がかかり、壊れるリスクが高くなるので気をつけましょう。

もしかしてバグ!?

Google Homeに関して、少数ながらバグが発生した事例も確認されています。バグの場合は、Google側が詳細な調査を行ってシステムアップデートなどで解決してくれています。もし心当たりがないのに突然不具合が生じた場合は、他に同じような事例が報告されていないか、インターネットなどで情報収集してみるのも良いでしょう。

同じような不具合の報告がたくさん見受けられる場合はバグの可能性もあります。情報を収集した上でGoogleに問い合わせれば、具体的な対応策などを詳しく聞くことができる可能性が高まるでしょう。

ネットでの情報収集も有効

現代はインターネットが発達しているので、電化製品などに詳しい人が個人でGoogle Homeに関する情報をネット公開していることも多いです。Youtubeやブログなど、企業側の情報とは違う視点からより身近な使い方や感想などが披露されています。

まだ発売から間もないこともありGoogle Homeに関する情報を扱っている人は少ないですが、今後利用者が増えればネットの情報が充実してくる可能性は高いです。ネットの情報は玉石混交なので、本当に正しいかどうか個人でよく確認することは必須ですが、もし困ったことがあったらネットをチェックしてみる方法は有効でしょう。

故障させないことも大切

壊れてしまったものを直すには時間も費用もかかります。Google Homeを長く楽しむためにも、日頃からなるべく故障させないような使い方をすることが大事です。

正しい方法で使用する

まず、正しい使い方で使うようにしましょう。Google Homeに余計な負荷を与えてしまうような使い方では、壊れるリスクが高くなります。先にもご紹介通り取扱説明書をよく読んでおき、正しい使い方を理解した上で活用することがポイントです。

YoutubeのGoogle公式チャンネルでは正しい使い方が動画で紹介されています。文章を読んだだけではよくわからないという方は、動画をチェックしてみることがオススメです。

掃除をしてホコリを払っておく

定期的に掃除をすることも有効な方法と言えます。一般的に電化製品はホコリに弱いです。同じ場所に長期間置いておくとホコリが溜まりますので、適度に掃除してあげることを習慣化すると良いでしょう。たまにGoogle Homeの位置を動かす方法も効果的です。動かすことで見えなかったホコリに気づき、Google Homeを守りやすくなります。

Google Homeの上に物を置かないことも大切なポイントです。平べったいのでつい上に物を置いてしまうことがあるかもしれませんが、故障の原因になります。後々のリスクを考えて、Google Homeになるべく負担をかけないように日頃から意識しておくと良いでしょう。

レンタルを賢く使う

Google Homeはレンタルできることをご存知でしょうか?TSUTAYAの親会社であるCCC AIRが、一部のTSUTAYA店頭でGoogle Homeのレンタルサービスを提供しています。金額は7泊8日で税抜き800円。利用期間が限られている人、お試しで少しだけ使いたいという人はレンタルを利用してみると良いでしょう。

交換や買い替えを行って新しい商品が届くまでの間につなぎとして使う方法もあります。一部の店舗に限られていますが、北海道から広島まで広範囲のお店でサービスを展開していますので、気になる方は自分の住んでいる地域のお店でレンタルサービスが実施されていないかチェックしてみることをオススメします。

キャンペーンを狙うとお得!

Google Homeの買い替えを検討していたり新品を購入したい希望がある人は、販売店のキャンペーンを利用すると定価よりも安い値段で購入することができます。

新しい電化製品は必ずしもヒットするとは限りませんが、Google Homeは販売が好調で世界的に人気があります。そのため、販売店もキャンペーンに積極的です。期間限定で実施されることが多く、キャンペーン時期に関しては固定ではありませんが、ビックカメラ、ソフマップ、コジマなど大手の販売店はキャンペーンを実施する可能性が高いのでチェックしておくことがオススメです。メルマガなどに登録しておくと、Google Homeのキャンペーンを逃さずチェックすることができるでしょう。

まとめ

Google Homeに不具合が生じた時は、まず販売店の対応を確認しましょう。販売店によっては相談を受け付けています。もし販売店が対応していない時は、Googleのカスタマーサポートセンターなどに聞いてみることがオススメです。

情報を整理しておき、効率よく聞けるように準備してから問い合わせると良いでしょう。日頃から正しい使い方を実行し、なるべく壊れないように配慮することも有効です。なお、Google Homeを買い替えるならキャンペーンなどを利用するとお得な値段で購入することができます。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加