iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPadをバッテリー交換する際の目安とAppleの保証サービスについて

iPhoneほど頻繁に使用するわけではありませんが、iPadもバッテリーを搭載し、使う使わないに関わらずバッテリーが劣化していきます。iPadを長期間使いたいならバッテリー交換がオススメです。また、不要なバッテリーはリサイクルすることが当たり前になっています。


iPad Charging Array / International Man of Conundrums

iPadのバッテリー交換までの目安

iPadは頻繁に使用しなくても、バッテリー交換のタイミングの推奨は2年間使用後となっています。仮に1日使用したとしてもバッテリーはそれほど減ることはないようです。ただ、動画を見たり、編集したりすると電力の消費が激しくなります。外出先などで電源なしで利用したとしても、2~3時間ですから問題ないといえるでしょう。そのため、バッテリー交換の推奨も2年となっています。

Appleの保証サービスで交換の手も

Appleの保証サービスにはいくつかバリエーションがあります。AppleCare+だけではなく、バッテリーに関する保証もあります。バッテリーの充電機能が低下した場合、有料のサービスとして、iPadバッテリー交換サービスというものがあります。1年間保証なら、バッテリー不良時に無料での交換になります。バッテリー容量が当初の50%以下にまで落ちていると無償交換です。AppleCare+に入っていると1年ではなく2年の保証期間になります。

保証期間を過ぎた後は、8800円でバッテリー交換を行います。

Appleでもバッテリーリサイクルを推奨

バッテリーには耐用年数があり、最終的には交換することになります。iPadに使われているバッテリーは、リチウムイオンポリマーです。iPadの場合は、フル充電サイクルを1000回繰り返した後、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されています。1年間の製品保証はバッテリーに不具合があった場合の保証になります。iPhoneは500回ですから、iPadのほうがはるかにバッテリーの持ちがいいことになります。

まとめ

iPadのバッテリーは、iPhoneよりも使用頻度が低いことや、フル充電を1000回繰り返しても問題ないことから、2年が交換のサイクルだとされています。AppleCare+に入っていれば、無料でバッテリー交換をしてもらえますが、AppleCare+に入っていなくても、容量が50%以下に落ちていたなら無料で交換してもらえます。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加