iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPadをバッテリー交換する際の目安とAppleの保証サービスについて

iPhoneほど頻繁に使用するわけではありませんが、iPadもバッテリーを搭載し、使う使わないに関わらずバッテリーが劣化していきます。iPadを長期間使いたいならバッテリー交換がオススメです。また、不要なバッテリーはリサイクルすることが当たり前になっています。


iPad Charging Array / International Man of Conundrums

iPadのバッテリー交換までの目安

iPadは頻繁に使用しなくても、バッテリー交換のタイミングの推奨は2年間使用後となっています。仮に1日使用したとしてもバッテリーはそれほど減ることはないようです。

ただ、動画を見たり、編集したりすると電力の消費が激しくなります。外出先などで電源なしで利用したとしても、2~3時間ですから問題ないといえるでしょう。そのため、バッテリー交換の推奨も2年となっています。

Appleの保証サービスで交換の手も

Appleの保証サービスにはいくつかバリエーションがあります。AppleCare+だけではなく、バッテリーに関する保証もあります。バッテリーの充電機能が低下した場合、有料のサービスとして、iPadバッテリー交換サービスというものがあります。

1年間保証なら、バッテリー不良時に無料での交換になります。バッテリー容量が当初の50%以下にまで落ちていると無償交換です。AppleCare+に入っていると1年ではなく2年の保証期間になります。

Appleのバッテリー交換費用

上記で述べたように、Appleの保証内であればバッテリーは無料で交換してもらえます。AppleCare+は月額600円の費用がかかり、加えてau・docomo・ソフトバンクではそれぞれ独自の保証を設けています。

費用も各キャリアによって変わるので、今回はauを例にして具体的に見ていきましょう。

auの場合、月額600円のAppleCare+とau独自の保証が合わさった「AppleCare+ & au端末サポート」という保証プランがあります。こちらの費用は月額565円〜890円とiPadのモデルによって変わってきます。

AppleCare+のみだと2年間の保証となりますが、au独自の「au端末サポート」が加わったことにより合計4年間も保証サービスを受けられることが可能となります。4年以内のバッテリー交換であれば、無料で交換してもらうことができます。

保証期間を過ぎた後、または上記のような保証パックに加入していない場合は、バッテリー交換に税込12,312円(税別11,400円)かかります。

iPadのバッテリー交換にかかる費用

公式Appleにバッテリー交換を依頼した場合、通常5営業日以内に交換が完了します。ただ、iPadにAppleからのメッセージ刻印がされている場合は、2週間程度もかかる可能性があるので注意しましょう。

Appleでもバッテリーリサイクルを推奨

バッテリーには耐用年数があり、最終的には交換することになります。iPadに使われているバッテリーは、リチウムイオンポリマーです。iPadの場合は、フル充電サイクルを1,000回繰り返した後、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されています。

1年間の製品保証はバッテリーに不具合があった場合の保証になります。iPhoneは500回ですから、iPadのほうがはるかにバッテリーの持ちがいいことになります。

バッテリーを交換するなら「ポストリペアー」がおすすめ

推奨されているiPadのバッテリー交換の目安はおよそ2年と言われていますが、充電の減りがはやいときはなるべく早めに交換したいものですよね。その場合は上記で紹介した通り、税込12,312円(税別11,400円)を支払ってバッテリーを交換しなくてはなりません。

しかしポストリペアーに依頼するとApple Storeよりも安くバッテリーを交換してもらえるのです。

ポストリペアーは郵送専門でiPad修理を受け付けているため、他店よりも店舗運営費を削減。そのぶん安くて質の良い修理を実現しているのです。

一般の修理業者は全国に非常に多くあるので、「どこに依頼したらいいかわからない」という方はお問い合わせしてみてください。

参考:ポストリペアー

ポストリペアーのiPadバッテリー交換料金

  • iPa2/3/4…5,980円
  • iPad Air…6,480円
  • iPad Air2…6,980円
  • iPad mini1/2…5,980円
  • iPad mini3…5,980円
  • iPad mini4…5,980円

このようにかなりリーズナブルな価格となっています。Appleの公式バッテリー交換費用が、iPad全モデルで12,312円(税込)なので、公式保証対象外の場合に比べて安く交換してもらえます。

ほかにもパネル交換や水没復旧も行なっているので、正確な見積もりが知りたい方は気軽に以下のフォームから問い合わせてみましょう。郵送専門なので、わざわざ店頭までiPadを持っていかなくてもバッテリー交換してもらえますよ。

お名前(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

お使いの機種(必須)

故障の状態(必須)

バッテリー交換前に必要なこと

iPadのバッテリーを交換してもらいにApple公式店舗や一般業者に出す場合、必ず事前にバックアップを取っておきましょう。iPadのバックアップは、iCloudを使って簡単にバックアップを取ることができます。

バックアップは、バッテリー交換前に限らずこまめに取っておくことで、突然の故障時にデータが紛失しても復元しやすいですよ。

お得に買取するのもあり

2年立つとバッテリー持ちが悪くなり、バッテリーを変えてもらうか、新しく買い替えるか迷うところでしょう。こんな時は案外、買取サイトを利用してみるのもいいかもしれません。「スママDASH」 なら、水没や画面割れしたジャンクスマホやスマホが不要になったタイミングで売却すると、シリーズによっては高く売れる可能性があります。どうするか迷ったら即日現金化してもらえるスママDASHで買取してもらいましょう。

まとめ

iPadのバッテリーは、iPhoneよりも使用頻度が低いことや、フル充電を1000回繰り返しても問題ないことから、2年が交換のサイクルだとされています。

AppleCare+に入っていれば、無料でバッテリー交換をしてもらえますが、AppleCare+に入っていなくても、容量が50%以下に落ちていたなら無料で交換してもらえます。

ただ、AppleCare+に加入していた場合の保証期間は2年間なので、2年以上経過してしまった方や保証未加入の方は、税込12,312円かかる公式店舗よりも「ポストリペアー」など一般業者に依頼したほうが安く済みます。

上記でご紹介したポストリペアー以外の修理業者も見てみたいという方は、当サイト最安修理ドットコムをのぞいてみてください。

こちらには全国各地の修理業者が集っており、無料見積もりすることでどの業者が安くバッテリー交換をしてくれるのか知ることができます。また、各業者の口コミも掲載しているため、安いだけでなく評判のいい業者を見つけて大切なiPadを預けることをおすすめします。

お住いの近くにいい業者がない方や店頭に持っていくのは面倒という方向けに 「郵送受付」もしています。iPadのバッテリー交換方法の手段の一つとしてぜひ検討してください。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加