iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPadが充電できないときに自分で直す方法と修理方法

iPadもiPhoneと同じように突然充電できなくなることがあります。そんなときに、知っておきたいのが、対処法と修理についてです。


Ipad cable showing voltage / Campus Party Europe in Berlin

iPadが充電できないときの対処法

ウィンドウズのパソコンを使っているときは、iPadの電源ケーブルを差し込んでも、充電ができません。そんなときは、コンセントにつないだり、Macで充電することになります。iPadには、スリープボタンがあって、このボタンを長押しすれば、再起動するようになっています。もしこの段階で電源が入れば、「電源オフ」を選択して電源を落とします。その後、スリープボタンを長押しして電源を入れます。これはあくまでも通常起動の方法です。

次は「スリープボタンとホームボタンを長押しする」という方法です。これら2つの方法で電源が入らない場合は、充電不足以外の原因が考えられ、修理や交換を行ったほうがいいでしょう。

USBケーブルの不良や端子の接触不良も疑う

iPad本体の故障でなければ、次はUSBケーブルの不良や端子の部分の接触不良を疑ってみましょう。USBケーブルは、純正品でないときちんと充電されない場合があります。激安のUSBケーブルを使っているなら、純正品に戻して充電してください。

また、USBケーブルを接続する部分の端子が汚れていてうまく接触していなかったというケースもあります。ホコリやゴミがついていた場合は、拭き取るだけで済む場合があります。修理に出すとiPadが使えなくなり、費用もかかるので自己解決ができるほうがいいでしょう。

Genius Bar(ジーニアスバー)やApple正規サービスプロバイダ、郵送修理を選択

いろいろ試したけれど、iPadが充電できなくなった場合は、修理や交換を依頼しましょう。やはり、Apple直営店のGenius Bar(ジーニアスバー)が近くにあれば、インターネット予約を入れて、iPadの修理や交換を依頼できます。もちろん、保証期間内であることが前提です。それほどたくさん直営店があるわけではないので、いつも予約が多いようです。それ以外のショップといえば、Apple正規サービスプロバイダになります。Appleが認定したショップです。

ショップがない、修理に行く時間もないとなると、郵送修理が一番です。ヤマト運輸が送料無料で引き取りに来てくれます。

安くて早いおすすめの修理業者「ポストリペアー」

iPadが充電できないとき、自分で接触部分を直すのは少々難しく感じてしまいます。とはいえジーニアスバーに持ち込んでも高額な修理費用がかかったり、予約がいっぱいで待たされたり…。そんなときはスマホ、タブレット、ゲーム機などの修理を行ってるポストリペアーがおすすめです。

ポストリペアーではスマホやタブレット修理を郵送にて受け付けています。郵送専門の修理業者なので、店舗維持費がかからないぶん格安でiPadを修理しているのです。

対応はとても早く、修理も高クオリティ。充電口交換の修理費用はiPa2/3/4なら4,980円、iPad Airなら5,980円と、かなり安くなっています。もちろんiPad miniにも対応しているので詳しい見積もりは以下のフォームから気軽に問い合わせてみてください。

お名前(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

お使いの機種(必須)

故障の状態(必須)

まとめ

iPadはiPhoneと同じく、突然充電できなくなることがあります。そんなときには、自分で一通りの対処法を試した後、Genius Bar(ジーニアスバー)やApple正規サービスプロバイダでの修理の他、郵送修理をお願いするといいでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加