iPhoneのAppleサポート・保証期間の確認方法

Appleが発売する人気のスマートフォンシリーズiPhone。世界での売れ行きが徐々に落ち着きを見せる中、日本では順調な売上を見せておりまだまだ需要が高いようです。感覚的な操作性が売りのAppleが製品として、使いやすいiPhoneですが故障時の対応は少々手間がかかります。大手キャリアが販売しているにも関わらず、修理に関してはメーカーであるAppleに直接依頼することとなるのです。保証期間かどうかによっても修理費用が大きく変わってくるので、自分の保証期間はどれくらい残っているかを把握しておくことは非常に重要です。

ここでは、「iPhoneの保証期間を確認する方法」について見ていきましょう。


Apple Store Palo Alto / Jun Seita

iPhoneの保証期間とは

iPhoneを新品で購入すると、Appleによるメーカー保証がついてきます。まずは、この保証がどのような内容になっているのかについて見ていきましょう。

1年間の保証期間

Appleによるメーカー保証の期間は、新品購入からちょうど一年間です。初期不良や、通常の使用範囲内で起きた故障に関しては無償で修理・交換・返金いずれかの対応を行なってくれます。対応方法に関しては、Appleの判断に委ねられますので、ユーザーが希望を出すことはできません。

事故、過失による故障は保証の対象外

保証対象範囲は「通常の使用範囲内」ですので、事故や過失による故障は保証対象外となりユーザー全額負担での修理となります。
保証対象外の主な故障原因は以下のとおりです

◯落下による画面、端末の破損
◯水没による故障
◯Appleが許可しない改造やアップグレードによる故障(脱獄など)

一般的には、初期不良の対応をしてくれるサービスだと考えたほうが良いでしょう。

付属品にも保証が適応される

あまり知られていないことですが購入時についてきた充電器・ケーブル・イヤホンなどの付属品に関しても、端末と同様1年間のメーカー保証が適応されます。ネットでの口コミなどを見ていると、充電ケーブルの内部断線などは比較的柔軟に交換対応を行なってくれるようなので使えなくなったら一度Apple公式ショップ内にあるGenius Barに持っていくと良いでしょう。

90日間の電話サポートもついてくる

また、新品でiPhoneを購入した時には「90日間の無償電話サポート」も受けられます。これは端末の使い方や、ソフトウェアのインストール方法・起動・バックアップのとり方がわからない時、オペレーターに電話することで説明してくれるというものです。初めてApple製品を使う方にとっては、心強いサービスですよね。

保証期間の確認方法 Step1. シリアルナンバーの確認

それでは、ご自分のiPhoneの保証期間を確認する方法に関して説明していきましょう。確認するためには、iPhone端末本体があることとインターネットにつながっている環境が必要ですので準備して下さい。

保証期間を調べるためには、ご自身のiPhoneの「シリアルナンバー」を知るところから始まります。シリアルナンバーは、端末が入っていた箱についているバーコードや購入時のレシート・請求書の原本でも確認できますが、すぐに取り出せる方は少ないと思いますので、端末から調べる方法を紹介します。

iPhone端末だけで調べる方法

1. iPhoneの「設定」と書かれているアプリをタップする
2. 「一般」の部分をタップする
3. 「情報」の部分をタップする
4. 「シリアル番号」の部分書かれている数字と英語がご自身のシリアルナンバーです

iPhoneをiTunesに接続して調べる方法

1. iPhoneをご自身のパソコンと接続する
2. iTunesの左側に出てくる「概要」をクリックする
3. 右側のウィンドウに出てくるiPhoneの情報の中で「シリアル番号」と書かれている数字と英語がご自身のシリアルナンバーです

iTunes単独で調べる方法

ご自身のiPhoneをパソコンに繋げて同期したことがある場合、iTunesだけでもシリアルナンバーを調べることが可能です。

iTunesを開き、「Control」を押しながらiTunesメニュー内の「iTunesについて」をクリックするとウィンドウが立ち上がり、シリアルナンバーが表示されます。

保証期間の確認方法 Step2.公式サイトへのアクセス

ご自身のiPhoneのシリアルナンバーを確認出来たら、次にインターネットでAppleの公式ホームページにアクセスします。

Apple公式から「サポート」画面へ

Appleの公式ホームページにアクセスできたら、上部にある「サポート」という部分をクリックして下さい。(iPhoneからアクセスしている場合は、左上部にあるメニューボタンをタップすれば「サポート」の選択肢がでてきます。)

保証状況確認ページ

次に、「保証状況を確認する」という部分をクリックしてみて下さい。すると、「ハードウェアのシリアル番号を入力して下さい」という文字の下に入力フィールドがありますので、先程調べたシリアルナンバーを入力しましょう。

入力が終わったら、その下にある「コードを入力して下さい」というフィールドに見えている数字・英語を入力して、「続ける」をクリックして下さい。

保証期間が確認できる

すると、次のページで「ご自身のiPhoneシリアルナンバー」、「有効な購入日」、「電話サポート」、「修理および修理サービスの補償範囲」の4項目が現れます。ご自身のiPhoneが保証期間かどうかは、「修理および修理サービスの補償範囲」という部分をみることで確認できます。

AppleCare+ for iPhone

また、Appleは独自に「AppleCare+ for iPhone」という保証延長サービスも行っています。これは通常1年の保証期間を2年に延長してくれる上に、過失・事故による故障も最大で2回まで安いサービス価格で修理することができるプランです。画面の破損は1回まで3400円、その他の故障は11800円で最大2回までとなっています。

購入から30日以内の加入が条件となっており、料金は14800円です。(iPhone SEは12800円)

同じ方法でAppleCare+ for iPhoneの保証期間も確認可能

先程紹介した、保証期間の確認方法と全く同じことを行えば「AppleCare+ for iPhone」の保証期間にかんしても確認することができます。「修理および修理サービスの補償範囲」の部分で加入しているかどうか、期間内かどうかが表示されますので気になる方は確認してみると良いでしょう。

まとめ

以上のように、iPhoneの保証期間はシリアルナンバーを調べた上で、Apple公式ホームページのサイト内で検索することによって確認することができます。保証期間かどうかは、修理に際して大きな問題となってきますのでぜひ確認しておきましょう。上記で紹介した方法ならば、iPhoneが使用不可の状態であっても簡単に確認できますよ。

もし保証期間が完全に切れており、修理に多額な費用がかかる場合は一般の修理業者に依頼することも検討してみて下さい。当サイト「最安修理.com」には全国のあらゆる修理業者を掲載しています。自宅や職場近くのショップを探す際、安値のショップを比較する際などぜひ有効活用してくださいね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください