iPhone充電できないときに自分で直す方法と修理の方法

iPhoneがなぜか充電できないことがあります。そんなときに一時的に対処する方法をお伝えします。また、修理に出すべきか、自分で対処して直してしまうべきかの判断方法も解説します。

phone-603048_640

iPhoneが充電できないときに自分で直す方法

iPhoneを充電するときは、ケーブルを差し込むだけなので簡単です。本体部分の下にある箇所にケーブルを差し込むと充電開始の音がしてすぐに充電が始まります。しかし、たまに充電ケーブルを認識しない場合があります。そして、充電していたはずなのに、全く認識していなかった、という現象が起こることもあります。

この場合はコネクタの接触不良が原因です。コネクタ関連のトラブルは買い替えですぐに対応できます。ただし、コネクタ接続部分の故障も考えられます。他には、バッテリーの寿命が考えられます。1年以上使用していると、バッテリーも膨張し、充電しにくくなってきます。こちらもバッテリー交換で対応できます。

こんなときは即修理に出そう

コネクタそのものの故障なら、コネクタを購入すればいいわけですが、接続部分の接触不良やバッテリーの寿命は、修理・交換したほうが安心です。特にバッテリーの場合、使いすぎると膨張し発熱してきます。ごくまれに爆発するといった事故も起こっています。そのため、バッテリー交換をオススメします。また、コネクタ接続部分の接触不良も場合によっては部品交換ですぐに対処することができます。こちらも修理対応で問題が解決できるでしょう。

いずれにしても、原因がわかってしまうと、修理・交換したほうがその後のiPhoneの利用再開も早くなります。代替機の貸し出しも行っていますから、できるだけスムーズに対処するようにしましょう。

バッテリーを長持ちさせるためのiPhoneの使い方

iPhoneの使い方一つで、バッテリーが長持ちします。電池は消耗品ですが、できれば、2年以上同じiPhoneを使用していきたいところです。バッテリーを長持ちさせるには、バッテリーを消費するアプリを使用しないときにはOFFにし、Wi-Fiや位置情報をOFFにするという方法が一番です。ただ、こうした方法はバッテリー消費に関しては有効な方法ですが、バッテリーの劣化を防ぐことはできません。

今使われているリチウムイオンポリマーバッテリーは、過充電や過放電を防ぐコンピュータが搭載されています。充電しながらの使用は避けましょう。さらに高温や衝撃には弱いので注意してください。

まとめ

iPhoneが充電できないときには、コネクタの問題、接続部分の問題、バッテリーの問題などがあります。接続部分やバッテリーが問題ならあっさり修理・交換したほうがいいでしょう。バッテリーの消耗による充電不良は危険です。正しい使い方をすれば、バッテリーの使用期間も長くなります。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください