iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

定期的なiPhoneのバッテリー交換は必須!交換時の修理相場を知ろう

iPhoneに使われている電池はリチウムイオン電池です。バッテリーは初期不良もありますが、使用しているうちにいつかは、充電してもすぐに消耗したり、充電ができなくなります。バッテリー交換のタイミングや費用、電池を長持ちさせるコツをお伝えします。


iPhone 4S & new Battery iPhone 4S Battery Replacement / HighTechDad

iPhoneのバッテリー交換時期の目安

バッテリーは、少しずつ性能が上がってきていますが、それでも最初に購入した新品のiPhoneは大体1年後には急速に弱くなり始めます。そして、2年目を過ぎると一日バッテリーが持たないといった状況になるようです。iPhoneを普通に使用していて、夕方にはバッテリーが無くなるということであれば、1年程度で交換したほうがいいでしょう。また、「iOS診断」は、バッテリー交換すべきかに関する簡易テストが行われ、問題がある場合には、解決方法まで提示してくれる優れたツールです。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるには

iPhoneのバッテリー交換は、無料ではありません。メーカー修理で1万円ほどの出費が必要になるだけではなく、しばらくiPhoneが使えなくなります。そうならないためにも、バッテリーを長持ちさせるような使い方が大切です。簡単にできることといえば、画面の明るさを暗めに設定することです。コントロールパネルで画面の明るさを暗くすることができます。

また、Wi-Fiをあまり使わない場合は、オフにしておきましょう。Wi-Fi電波をつかむ際に電力を消費してしまうからです。「機内モード」も実は節電に有効です。機内モードにすると、いくつかの機能が制限されます。それがバッテリーの省エネにつながります。

バッテリー交換はどの方法を選択するかで費用も変わる

iPhoneのバッテリー交換は、本体を分解する必要があるため、そう簡単に自分でバッテリー交換はできません。バッテリー交換方法は、メーカー修理、修理専門店での交換、自分で交換といった方法があります。メーカー修理は、9800円ほどかかります。修理専門店でのバッテリー交換は、約4000円になります。

自分で交換する場合は、バッテリーが約2300円で販売されていますので、保証外になりますが自分でバッテリー交換を行うこともできます。保証サービスに加入している場合は、年額約8000円で2回まで無償でバッテリー交換を行ってくれます。破損や水没のために加入しているなら、ぜひ利用したいところです。

まとめ

毎日使用するiPhoneは、いくら電池の持ちがいいからといっても、1年でへたってきます。バッテリー交換方法は、メーカー修理、修理専門店、自己修理、メーカー保証サービスなどがあります。一番高額のメーカー修理でも1万円を切る値段設定ですので、それほどお金の負担はかからないでしょう。

修理申し込みははこちらから

まずはお気軽にお問い合わせ。 ダイワンテレコム横浜関内店へ修理依頼。

お名前(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

お使いの機種(必須)

故障の状態(必須)

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加