【症状別対処】iPhoneのカメラが故障したときの修理

iPhoneについているカメラは、インカメラとアウトカメラの2種類です。精密機器ですので、ごくまれに故障したり、落下時に水滴やゴミがついたり、カメラ使用時にフリーズすることもあります。そこでiPhoneのカメラ故障時の修理について調べました。


CN Tower / FoolishMastermind

iPhoneのカメラの故障はアプリと物理的な故障の二種類ある

iPhoneの故障では、ピントが合わなかったり、カメラアプリが開かなかったりする故障があります。これはシステム的な問題ですので、iTunesに接続し復元作業を行えば、元に戻ることがあります。他に画質が落ちたり、フラッシュが使えなくなったりすることもあります。

こうした復元作業が無理なら、カメラパーツ交換修理になるでしょう。本体落下による衝撃や水没・浸水、水濡れでも故障してしまいます。サビなどにも敏感でデリケートな部分ですから、普段から取り扱いには注意しておきましょう。

AppleStoreや「アップル正規サービスプロバイダー」での修理が基本

AppleStoreでは、Genius Barがあり、事前予約していれば、修理対応してくれます。また、全国にある「アップル正規サービスプロバイダー」でも修理可能です。製品保証期間内なら無償で修理対応してくれますが、保証期間が切れていたり、保証対象外であれば、交換修理費用がかかります。本体交換修理なら、AppleCare+ありで4400円~7800円です。なしで16800円~38800円です。カメラの部分は部品交換修理になります。8900円での修理対応になっています。AppleCare+に入っていると、修理費用も安くなり気軽に修理を依頼することができます。

iPhone修理専門店ではAppleの保証はないが激安修理になる

保証期間が過ぎていたり、AppleCare+に入っていない場合は、Apple直営店での修理費用が高くなります。そのため、iPhone修理専門店での修理を依頼しましょう。持ち込みでも即日対応を行っていますし、価格も1万円以下の数千円で対応しています。出張修理サービスを行っているところもあって、サービスのいいiPhone修理専門店に依頼すればいいでしょう。こちらもApple直営店と同じく、パーツ交換と修理になるようです。

まとめ

iPhoneのカメラ機能は大変便利です。インカメラ、アウトカメラの二種類ありますが、アプリの故障か、物理的な部品の故障かを判断する必要があります。AppleStoreや「アップル正規サービスプロバイダー」での交換修理が基本ですが、iPhone修理専門店でも激安修理をしています。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください