iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhoneやiPadの無償交換サービス・保証期間について

iPhoneやiPadには、何もしなくても最初は無償の保証期間がついてきます。Appleではそれに加えて、公式保証サービスの「AppleCare+」も用意されています。

iPhoneやiPadなどの端末が故障してしまったとき、できれば無償で修理や交換をしてもらいたいですよね。

その場合、無償交換の条件に当てはまっているかどうかがポイントです。


Applestore Frankfurt2 / tetedelacourse

iPhone・iPadの保証の種類と、現在の保証状況や保証期間を調べる方法

現在お使いのiPhoneやiPadを購入した時、保証サービスに加入した覚えはありますでしょうか。

iPhoneやiPadの保証サービスは、Apple公式の保証サービス「AppleCare+」に加えて、各キャリア会社独自に設けている保証サービスの2種類あります。

元々Apple製品には、標準で1年間の保証がついています。上記のような何の保証サービスにも加入していない場合、無償交換や無償修理を受けるにはiPhone・iPad購入から1年以内であることが条件です。

一方、Apple公式保証サービス「AppleCare+」に加入していると、標準の保証期間から1年延長され、購入から2年間まで保証を受けることが可能になります。

AppleCare+に加入していて、現在の保証状況や保証期間を確認したい場合は、端末のシリアル番号を調べれば、Appleサポートページで保証状況とサービス期間を確認することができます。

各キャリア会社が独自で設けている保証サービスに加入している場合は、それぞれ保証期間やサービス内容は異なります。

iPhone・iPadの標準保証について

iPhoneやiPadの標準保証には、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。

これはiPhoneやiPad端末無償修理の他、バッテリー能力が50%以下に低下したときには無償交換してくれるサービスです。保証期間内ならもちろん無料で交換できます。

また、本体以外はiPhoneならイヤフォンとアクセサリ、iPadならUSBケーブルと電源アダプタの修理交換サービスが適用されます。AppleCare+は端末購入時や購入後30日以内にしか加入できないので、保証期間を2年に延ばしたい場合は、早めに加入する必要があります。

保証サービスに加入すると無償サービスとは呼べなくなる

AppleCare+に加入する場合は9,400円を一括で支払う必要があります。各キャリア会社独自の保証サービスに加入する場合は、月額払いが必要です。(月々の料金はキャリアごとで異なります。)

「AppleCare+」に加入している場合、標準保証と同様でiPhone・iPad購入から1年以内であれば無償で交換や修理を受け付けてもらえることがあります。

しかし、購入から1年を経過した場合は無償での交換や修理は受け付けていません。 iPhone・iPad購入後1年以上経過した端末を修理に出す場合は、サービス料として4,400円の費用がかかります。

つまり、「AppleCare+」に入っても入らなくても、1年以内であれば無償交換・修理をしてもらえるのです。加入すれば本来無償でも交換してくれたものを実質9,400円支払って交換してもらうことになります。

Apple・各キャリアのどちらの保証サービスに加入するべきか

「保証サービスに加入したら完全無償サービスと呼べなくなる」とはいえ、iPhone・iPadは1年以上使用する方が多いでしょう。

1年以上使用する予定であったり、使用頻度が高ければその分故障の可能性も高まるため、少しでもiPhone・iPadを壊してしまう不安がある方は保証サービスに加入しておくことをおすすめします。

問題はApple公式保証の「AppleCare+」と各キャリア独自の保証サービスのどちらに加入するかです。それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

Apple公式保証サービス

先述している通り、「AppleCare+」はAppleの公式保証サービスです。 加入条件はiPhone・iPad購入から30日以内の申し込みです。

保証内容は、1年間の標準保証とサポートが2年まで延長されます。また、1年以上経過した場合の修理でもかなり安い値段で対応してもらえます。

「AppleCare+ for iPad」の場合、修理費用はどのiPadモデルでも1回につき4,400円です。

保証サービス未加入ですと修理費用は各モデルによって異なり、最高額であるiPad Proだと66,800円も支払う必要があるので、加入していた場合の修理代がいかに安いか分かりますよね。

また、AppleCare+は海外で故障した時も対応してもらえます。頻繁に海外に行っている方は、海外で万一iPhone・iPadが壊れてしまっても安心して修理依頼できるので、ぜひ検討しましょう。

AppleCare+はAppleへ直接申し込み9,400円の支払いだけなので、2年以内に故障してしまう可能性が少しでもある方は加入しておくことをおすすめします。

各キャリア独自の保証サービス

AppleCare+とは異なり、キャリア会社も独自の保証サービスを用意しています。

au・docomo・SoftBankではAppleCare+に付随した保証パックがあり、iPhone・iPad購入時のみ加入できます。月々400円〜600円の支払いをしていれば、各キャリアで定めている保証を受けられることができます。

保証サービスに加入していれば、無償交換・修理をしてもらえる可能性があります。もし無償交換・修理にならない場合であっても、未加入で修理依頼するより安く交換・修理してもらえるでしょう。

保証内容や具体的な料金はどのモデルを使用しているかなどによって異なるので調べてみてください。

何の保証サービスにも加入していない場合

Apple公式保証サービスのAppleCare+にも、各キャリア会社独自の保証サービスにも加入していないiPhone・iPadが購入から1年以上経過し故障してしまうと、多くの場合非常に高額な修理代を支払うことになってしまいます。

そのような場合は公式修理よりも一般の修理店の方が安く修理してくれる可能性が高いので、ぜひ検討してみてください。

参考:故障したiPadの修理代相場を知っておき、もしもの時は安く修理しよう

まとめ

iPhoneやiPadでは、わざわざAppleCare+に加入しなくても、1年間の保証期間で無償修理を受けることができます。さらにバッテリー能力不足やアクセサリも不良・故障の場合は、無償修理・交換ができます。

iPhoneやiPadを1年ほどしか使用しない予定なら、デフォルトで加入している無償保証の範囲でも十分対応できるということになります。

保証サービスに加入しているiPhone・iPadが故障してしまったら、どのような保証が適用されるのか事前に確認しておきましょう。

また、何の保証にも加入していなく一般の修理店に依頼を検討している方は当サイト最安修理ドットコムをのぞいてみてください。

こちらには全国各地の修理店が多く集っており、各修理店の修理代を知ることができます。また、保証期間や各修理店の口コミも掲載しているので、値段だけでなく各修理店の評判なども参考にしてみてください。

どこに修理依頼すればいいか分からない方や店頭まで故障したiPhone・iPadを持って行くのが大変な方は気軽に「郵送修理」も試してみましょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加