iPhoneにも修理不可能な場合があるのか?

iPhoneやスマホの修理は、お金を出せばどんなものでも修理できるわけではありません。場合によっては修理できないこともあります。その理由や対処法について調べました。


iPhone 3G Disassembly / magerleagues

交換修理以外で修理できないケース

修理をするというケースでは、基板そのものの修理を行うことは難しいとされています。また、メインパーツの欠損でも修理できないことがあります。さらに全損であったり、水没の場合は、修理をするよりも交換修理をしたり、買い替えをしたりするほうが修理代が安く済みます。

仮に基板に故障箇所がある場合、修理しても同じ障害が発生することが多いようです。そこで、たいていの修理専門店では、部品を交換する修理が主流となっています。

Apple正規店と一般修理専門店との対応の違い

Apple正規店なら、1年間の通常製品保証サービスが利用できます。これは無償修理になります。仮に全損であっても、交換修理を勧められることが多いようです。一般の修理専門店なら、保証期間外の1年目以降か、AppleCare+の保証が無くなった2年目以降にお世話になることが多いでしょう。こちらも基本パーツ交換修理になりますが、Apple正規店の修理代よりも半額以下の請求額です。保証が切れてしまっているときは、迷わず一般修理専門店へ行きましょう。

最終的に修理不可能なら買い替えや交換修理にする

スマホやiPhoneは、もはや消耗品として考えられます。そのため、2年ごとや3年周期で買い替えを行ったほうがいいはずです。Apple正規店でも、交換修理になることが多く、新品または新品と同等の性能の製品との交換になります。無理にパーツ交換修理をするよりも全交換するほうが、その後も長期間使えるものと考えてください。そのため、頻繁に破損するような人は、心配ならAppleCare+に加入しておくといいでしょう。

スマホやiPhoneの買取を申し込む際は、買取価格比較サイトを用いると良いでしょう。予めブックオフやゲオなど買取業者のどこで、いくらで売れるのか調べることができます。最高買取価格で売ることができるはずです。壊れたiPhoneも売ることができます。部品として修理時に再利用できたり、なんとか修理して再販できる可能性があるためです。

まとめ

iPhoneにも修理不可能な場合があります。主要パーツ交換修理以外の基板修理は推奨していないようです。そのため、新品や新品と同等の製品との交換修理を行ったほうが迅速で故障再発の心配もありません。AppleCare+への加入は、頻繁に全損や水没するような人のみが利用すべきです。通常は一年保証で間に合うでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください