iPhoneの液晶画面割れを自分で修理するのは違法?電波法違反なの?

iPhoneのソフトウェアは、文句なしに時代の最先端を行くものです。しかし、機械である以上、ハードウェアの故障は、やはりつきものです。iPhoneの薄さや滑らかさは、製品としての魅力であると同時に、手から滑り落ちて壊れてしまうリスクにもなっています。実際、街中で人の手にあるiPhoneに目を向けると、液晶が割れてしまっているものや、筐体がキズついてしまっているものも少なくなく、故障してしまったという声もよく聞きます。

apple-1281744_640

壊れたら自分で直せばよいわけではない

iPhoneが壊れてしまったら、まずは修理可能かどうかを検討すべきでしょう。しかし、修理の見積もりをとってみるとわかりますが、故障の状態によっては、修理の金銭的負担がそれなりに大きくなります。業者に提示された修理額が高いため、いっそのこと買い替えてしまう方も決して珍しくはありません。

しかし、今は便利な時代ですので、修理部品はネットショッピングで手に入り、修理方法は、ネットでわかりやすく説明されていたりします。確かに、壊れたiPhoneは、業者に修理に出すよりも、自分で修理する方が安くあがりますが、実はここに思わぬ落とし穴があります。
iPhoneは自分で直すと、法律に抵触するおそれがあるのです。

参考:自分で修理.com

iPhoneの個人修理は認証上に問題がある

「電波法」に従うと、自分で購入したiPhoneであっても、自分で勝手に修理や改造してはならないという解釈ができます。寝耳に水のような話ですが、電波を発するiPhoneに対して、その電波が社会で悪影響を与えてはならないものと規定するのは、むしろ自然なことと言えるでしょう。

問題の焦点となる「技適マーク」

製造業に携わったことがなければ、馴染みの薄いことかもしれませんが、社会にあふれるあらゆる機械製品は、たいてい「認証」を受けています。認証とは、国や自治体、業界の協会などが定める、満たさなければならない条件を満たしていることを証明するもので、国内だけではなく、国際的な取り決めなどもあります。JISマークなどは有名ですが、実際にはもっと多種多様な認証が存在します。

その内、技術基準適合証明(通称「技適マーク」)は、電波法の基準を満たしていることを証明する日本の認証です。そして、iPhoneには、この技適マークが付されています。iPhoneの背面に何かマークがついてはいるものの、技適マークはついていないと疑問に思われるかもしれませんが、「設定」から「一般」を押し、下部の「認証」を開いてみると、お使いのiPhone端末が受けている認証一覧がズラっと表示されます。世界各国、どんな国でも発売できるように、実にさまざまな認証を受けており、日本の技適マークもその内の一つです。

iPhoneの修理・改造を行ったら技適マークを外さなければならない

技適マークが付された製品に対して、認定の受けていない業者や個人が修理・改造を行った場合、技適マークを製品から外さなければなりません。それは、認定を受けていない者が「勝手に」手を加えた通信端末に対して、電波法になおも準拠していることを示す技適マークをつけたままにしておくわけにはいかないからです。つまり、iPhoneを個人で修理したけど、そのまま技適マークをつけていることは、電波法違反の状態にあることになります。では取り外せばよいのでは・・・と思うかもしれませんが、前述のとおり、システムデータ内に表示されている技適マークを取り外すことはできません。また、修理したら、修理した旨を端末に表示しなければいけないとも規定されているため、個人がiPhoneを修理するのは、どうしても法的に問題が発生してしまいます。

認証は所有権とは異なる次元の話

自分で購入したiPhoneなのだから、自分の好きなように修理や改造ができるだろうと思う方もいますが、認証マークと所有権とは、別次元の話です。あくまで、電波法などの法令を遵守する上で、初めて端末を使用でき、また所有権を取得することができます。いうなれば、エアガンを購入して、自分の所有物だからといって、実弾を発射できる銃に改造するようなものでしょう。

どこまでが修理かはグレーゾーン

iPhoneは電波法に抵触することから、自ら修理ができませんが、ではどこからが修理なのかが気になるところです。しかし、電波法改正からまだ間もなく、判例や実例がほとんどないことから、この辺りはグレーゾーンとなっています。ただ、中でも、ケースを分解する必要のある修理は、ほぼアウトであることは間違いがないようです。

電波法に抵触しないためには

このように、自分でiPhoneを修理するのは、電波法に抵触してしまうおそれが極めて高いため、避けるのが無難でしょう。適法に修理するには、アップルストアやキャリアショップ、アップルの正規サービスプロバイダ、あるいは登録修理業者に依頼するようにしましょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください