iPhone修理屋さんは液晶割れパネルの再生機械を購入するとお得?

スマートフォンのトラブルで代表的なのが「パネル破損」ですよね。画面割れを修理しようとすれば、それなりの費用がかかってしまいます。ちょっと落としただけでもすぐ画面が割れてしまうので、バキバキの状態で使用しているスマートフォンユーザーも多いことでしょう。
実は、自分で画面割れを修理する方法があるのです。その際には、業者が使用しているような機械を用います。ここでは、割れパネルを再生する機械はどれくらいの値段なのか、また何回くらい修理すればもとが取れるのかに関して見ていきたいと思います。


old and new / r3v || cls

スマートフォンの画面割れを自分で直す機械

スマートフォンの画面割れを自分で直すためには、それなりの機材が必要となってきます。まずは、画面割れを直すために必要な代表的な機械を紹介します。

ガラス、のり剥がし、ベゼル貼り付けを行なう機械

まずは、割れた部分のガラスを端末から剥がす作業が必要です。スマートフォンの画面はディスプレイの上に“ベゼル”という表示部分を保護するパーツを載せ、その上にガラスが張ってあります。ガラスやのりを剥がしベゼルを新しく貼り付ける作業を行なう専用の機械は100000円ほどで売られているようです。

のり貼り付けを行なう機械

新しいガラスパネルを貼り付けるためにも、のりを用いるのが一般的。のりでガラスを固定するためにも、専用の機器が必要となってくるでしょう。こちらの作業を行うための機械は50000円ほどで売られています。

圧着、真空用機械

のりを貼り付けた画面部分に圧力をかけ、空気が入らないような“真空状態”にしないとスマートフォンは誤作動を起こしてしまいます。スマホの保護フィルムに空気が入ってしまえば、正確なタッチができなくなることもありますよね。それと同じことで、真空状態にしてあげなくてはならないのです。この作業を行う機械は、250000円となかなかの高額になっています。

3つの機械を揃える必要がある

これら3つの機械は、どれが欠けてしまっても割れパネルを再生することができません。参考価格として表記した金額を合わせると約400000円になることがわかります。

400000円の機械を購入するリスク

いくら画面割れの修理が高額とはいえ、400000円もの修理代金がかかることはありません。本格的に機械を導入するのであれば、“金額のもとを取る”必要がありますよね。それでは、400000円の機械を導入して得をするには何枚ほどの修理を行なう必要があるのでしょう。

業者に委託することを考えた場合

修理業者に画面割れ修理を依頼した場合の相場を基に考えてみましょう。スマートフォンの種類にもよりますが、安くて5000円。iPhone7Plusなどの大きい最新機種だと20000円ほどかかる場合もあります。

平均を取って、12500円ほどが相場だと仮定すると400000円の機械の基を取るためには32回の修理を行なう必要があるのです。

個別の材料費

それに加えてパネル代金、のり、ベゼルは修理ごとに用意しなくてはいけませんので材料費として一回900円程度かかります。これを32回分用意すると仮定すれば、約30000円程度の負担がかかるのです。

個人で40〜50回程度使うのであればお得?

これらをもとに考えた結果、スマートフォンの修理を40〜50回程するのであれば機械を導入して自分で修理したほうがお得になるのではないでしょうか。

ただし、個人の修理を50回も行なうことは考えにくいですよね。やはり、これからスマートフォンの修理事業を始めようと考えている方が導入するべき機械なのでしょう。

まとめ

一般の方にはあまり知られていない、パネルを再生マシーン。そこそこの投資となりますが、スマートフォン修理事業を始めようと考えているのであれば確実に導入したほうが良い優れた機械です。1枚あたり900円でパネル割れを直せますので、設定金額によっては大幅な利益を出せるでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください