iPhoneはSIMロック解除アダプタでSIMフリー化できるのか?

iPhoneのSIMフリー化について調べていると、SIMロック解除アダプタを使った方法のブログや体験談が非常に多いことに気付かされます。またAmazonや楽天市場には、多くのSIMロック解除アダプタが販売されていますので、簡単にアンロックをかけたい皆さんにとっては大変気になる存在になることでしょう。今回は、このアイテムを使ったSIMフリー化のメリットとデメリットから、多くのユーザが注目している「SIMロック解除アダプタでアンロックは可能なの?」という疑問の答えに迫っていきたいと思います。

SIMロック解除アダプタとその仕組みとは?

SIMロック解除アダプタは、キャリア会社によってかけられたSIMロックの解除を目的とするフレキ基板とチップで構成されたSIMトレーの総称です。この製品は、俗称・SIM下駄と呼ばれています。MVNO業者で契約した格安SIMとSIMロック解除アダプタを重ねてiPhone本体にセットすると、SIMから読み出された情報がiPhoneに入るまでの間にアダプタを経由することで、正しいSIMが入っているかのような情報の書換え偽装が起こるのです。

SIMロック解除アダプタでSIMフリー化を行うメリット

SIMロック解除アダプタの利用にチャレンジする利用者の多くは、このアイテムの特徴とも言える下記のメリットや魅力に惹かれる傾向があるようです。

初心者でもできる簡単な方法

Amazonや楽天市場でも販売されているSM下駄は、「自宅に居ながら簡単にパーツ調達できる」といった意味でも大変敷居の低い存在です。また同じSIMフリー化の方法となるファクトリーアンロックと比べると、海外業者とのコミュニケーションも必要ありませんので、「部品を買うだけでSIMロックに挑戦できる」といった特徴が多くのユーザの関心を集めていると考えて良いでしょう。

低コストでSIMフリーに挑戦できる

この方法でSIMフリー化をしようと考えるユーザは、1つ500円~1,500円前後で購入できる価格帯に惹かれる傾向も高いと言われています。ファクトリーアンロックによるSIMロック解除の場合は、1台のiPhoneで11,000円~25,000円ほどの料金がかかりますので、お手頃価格に惹かれてSIMロック解除アダプタを購入する人たちの多さも納得できることだと言えるでしょう。

脱獄や改造をしていてもSIMフリーに挑戦可能

SIMロック解除アダプタの購入者の中には、iPhoneの脱獄や改造をしたことで携帯キャリア会社のサービスやファクトリーアンロックの利用ができない方々も多く見受けられます。この方法でSIMフリー化に成功すれば「店頭でシビアな対応をされることもない」と考えると、SIMロック解除アダプタは脱獄ユーザにとって最後の砦的な存在になるのかもしれません。

SIMロック解除アダプタでSIMフリー化を行うデメリット

手軽さと安さで知られるSIMロック解除アダプタを使ったSIMフリー化には、ユーザ達を悩ませる多くの問題やデメリットがあるようです。

確実性の低い方法である

このアダプタを使ったSIMフリー化に挑戦したユーザ達のブログを読んでいると、手順どおりに作業を行っても失敗するケースがほとんどであることに気付かされます。また多くのユーザがSIM下駄を購入するAPNショップの注意事項を見てみると、動作保証や責任、返金といった部分で何度も「保証できない」と書かれているため、確実性を求めるユーザにとっては不安要素の大きすぎるアイテムと位置付けて良さそうです。

偽物のSIMロック解除アダプタも流通している

「アダプタの使用で確実にSIMフリー化ができるわけではない」という実情を知る業者の中には、本来必要な機能を搭載しない「偽物の商品」を販売しているところもあるようです。この市場に悪質な業者が大変多いことを考えると、実際にSIMフリー化に成功したユーザのブログや口コミをしっかり確認することがトラブル回避に繋がると言えるでしょう。

日本では使えないアダプタもある

この方法でSIMフリー化ができなかった事例の中には、日本国内使用不可とされている間違ったSIMロック解除アダプタを購入した「ユーザのミス」も大変多いと言われています。この製品の選定時には、iOSのバージョンやiPhoneの世代、キャリア会社の種類といったたくさんの情報が必要となりますので、価格や口コミだけで選ぶことは避けるべきと言えるでしょう。

SIM自体が壊れることがある

シールを貼らないアダプタをiPhone端末に抜き差ししていると、トレー内で動いたSIMが擦れた結果としてカードが壊れてしまうケースも多く見受けられます。また中国などで製造されたアダプタの中には、SIMがしっかりフィットしない隙間のある商品もたくさんありますので、物理的な要因でSIMフリー化が失敗すると感じているユーザの中には、同じ型番のアダプタをたくさん購入して質の良いものを使う方々も存在するようです。

iPhone本体が動作しなくなることもある

このSIMフリー化の中で最も悲惨なトラブルは、大事なiPhone自体が壊れてしまうことです。何度もトレーを出し入れしていると、SIMが引っかかって端末から出せなくなることもあるようです。また常に圏外表示の出る「圏外病」という症状が出た場合は、iPhone端末だけでの復旧は難しくなりますので、注意が必要です。

不具合サポートは一切ない

SIMロック解除アダプタを使ったSIMフリー化には、SIM下駄販売業者の不具合サポートや保証は一切ありません。またこのアイテムの使用でiPhone端末自体が壊れた場合は、キャリア会社やAppleの補償サービス対象外となってしまうのです。

確実性の高いSIMフリー化にはファクトリーアンロックがおすすめ

SIMロック解除アダプタ使用のメリット・デメリットを比較してみると、「製品の購入価格や安い分、リスクの高すぎるサービス」と言えそうです。そんなSIM下駄使用のリスクを恐れ、安全かつ確実にSIMアンロックを行うためには、確実性の高さで定評のあるファクトリーアンロック業者の利用がおすすめです。

新規業者の参入でファクトリーアンロックの注目度が高まっている

近頃の日本では、フラッシュエージェントという業者が新規参入したことで、海外業者しか選択肢のなかった時代と比べて安全安心なサービスを受けられるようになりました。また長きに渡ってSIMフリー化対応を行う小龍茶館やフラッシュエージェントでは、返金や保証系のサービスも充実していますので、失敗を恐れる皆さんでも気軽にチャレンジできる存在と言えそうです。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください