iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

状況別に直し方が変わる?iPhoneがフリーズした時に直す方法

便利なスマホiPhoneも持ち運べる大きさにはなっていますが、やはり精密機器です。衝撃を受けたり、無理な使い方によりフリーズすることがあります。そんなときの対処法についてまとめました。

iphone-4-755580_640

iPhoneフリーズ時の基本的対処法

iPhoneが動かなくなってしまったときは、強制終了し再起動を行います。強制終了は、本体右上にあるスリープボタンとホームボタンを同時に長押しすることで簡単にできます。スリープボタンが使えなくなった場合は、ホーム画面から、設定→一般→アクセシビティ→Assistive Touchをオンの状態にした上で、白い丸をタップし、デバイス→画面をロック、を長押しして終了させます。この強制終了の方法は、まだ画面が反応する場合に限ります。

アプリを使っているときにフリーズした場合

アプリを使っているときに、次第に動きが遅くなりそのままフリーズする場合があります。この場合は、アプリを強制終了させます。ホーム画面でホームボタンをダブルクリックします。その後、強制終了させたいアプリを長押しし、アプリが振動したら、-をタップして強制終了させます。

iPhoneそのものが動かなくなったら、スリープボタン長押しで電源を切ってから、再起動します。電源が切れない場合は、スリープボタンとホームボタンを同時に長押ししてリセットします。

iTunesを使って復元する方法

充電不足の可能性もあるので、USBケーブルを差してiPhoneの反応を見ましょう。それでもだめだった場合は、iTunesを使って復元を試みてください。パソコンに接続し、iTunesが表示されたら、復元を行ってください。パソコンに接続してもiPhoneが認識されない場合は、一旦電源を切り、ホームボタンを押し続けた状態でUSBケーブルを接続してください。iPhoneが再起動した後にリカバリーモードでの復元ができるようになっています。しかし、以前バックアップしたデータから復元になりますので、注意してください。

まとめ

iPhoneがフリーズしたときは慌てないように基本的な対処法を参考に、強制終了や再起動を繰り返し、場合によってはiTunesを使って復元を試みるといいでしょう。iPhoneを使っていて動きが遅くなることが多くなったら、処理能力の限界です。iPhoneのメモリをクリーンにしておきましょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加