iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhone8/8Plusの修理ができるお店はどこにある?

人気沸騰中のiPhone8/8Plusは、今や多くのiPhoneユーザーの手に握られています。

iPhone8/8Plusは、ハード面でもソフト面でもさまざまな進化が見られる新シリーズですが、それはあくまで機能面やデザイン面でのこと。とびぬけて堅牢であったり、水濡れに強かったりすることがないのは、iPhone8/8Plusであっても変わらずです。iPhoneを使っている以上、つねに故障する可能性はあります。では、もしiPhoneが破損したり動かなくなってしまったら、どうすれば良いでしょうか。


Apple iPhone 8 / Janitors

iPhoneの修理依頼はAppleだけ?

iPhoneはAppleサポートを通じて公式に修理を依頼することができますが、製品保証範囲内かどうか、AppleCare+に加入しているかどうかによって、有償修理となるか無償修理となるか、あるいは修理額自体が変わってきます。

修理費用、時間がかかる公式修理

とりわけ、AppleCare+に加入していなかった場合や有効期間が過ぎてしまっていた場合などでは、修理が高額になることもあり、修理に出そうかどうか躊躇することもあると思います。

また、配送修理の場合には1週間ほど、また持ち込み修理の場合には早ければ当日内に修理が完了することもありますが、修理内容によってはリペアセンター行きとなることもあり、やはり1週間ほど時間がかかる場合もあります。

iPhone8/8Plusの修理に対応しているApple以外の業者

料金と時間、この2つを考えた場合、Apple以外で修理することはできないものかと考えたくなりますね。そこで、以下ではiPhone8/8Plusの修理に対応できるApple以外の業者をいくつかご紹介したいと思います。

料金の参考までに、iPhoneでもっとも多い故障である「ガラス交換」についても、それぞれ見ていきたいと思います(料金は2017年12月時点で公式ウェブサイトに掲載されたものです)。

スマホスピタル

https://smahospital.jp/

まず、はじめにご紹介するのは、近年拡大が目覚ましい「スマホスピタル」です。スマホスピタルグループとして、北は北海道から南は沖縄まで、甲信越・北陸を除き、日本全国に店舗展開しています。特に都心部にはグループ店舗が多くあります。

店舗によって異なるサービス内容

サービスの提供内容は各店舗によって異なるため、iPhone8/8Plusの修理に対応できる店舗とできない店舗があるため注意が必要ですが、順次対応可能店舗が増えている印象を受けますので、仮にウェブサイトのメニューに記載がなくても問い合わせてみるのが良いでしょう。また、料金も各店舗によって異なりますので、店舗間で比較してみるのも一手ですね。

iPhone買取も実施

価格の一例として、「スマホスピタル吉祥寺」では、iPhone8のガラス交換(液晶交換含む)は税抜44,780円、iPhone8Plusのガラス交換(液晶交換含む)は税抜49,780円で、所要時間は1時間ほどとなっています。また、同店では割引を実施しており、適用された場合はそれぞれ2,000円引きとなります。

その他、「スマホスピタル」では、故障しているiPhoneの買取も行っていますので、修理せずに、買い替えの足しとして買い取ってもらってもいいでしょう。

iPhone修理ジャパン

http://iphoneshuuri.jp/

「iPhone修理ジャパン」も広く日本に展開する修理店で、特にスピーディーな対応とリーズナブルな価格で評判です。

見積もりは無料

「iPhone修理ジャパン」でガラス割りの修理をお願いすると、基本的にはiPhone8であれば29,800円(液晶交換だと32,800円)、iPhone8Plusであれば34,800円(液晶交換だと37,800円)となりますが、これにプラスして「作業料」がかかり、作業料は店舗によって異なるので要確認です。

もし画面割れ以外の故障もある場合には、その他箇所の修理も必要になりますが、いずれにせよ「iPhone修理ジャパン」では無料ですぐに見積もってくれるので、納得してから修理を依頼することができます。

スピーディーな店頭対応

「iPhone修理ジャパン」でガラス割れ修理をお願いすると、店頭では10~20分ほどでスピーディーに対応してくれますので、端末をあまり長く手放したくないと思う方にはメリットが大きいです。郵送修理でガラス割れの修理をお願いした場合は、およそ3日間と短時間で対応してくれます。

iCracked

https://www.icracked.jp/

「iCracked」は、修理業者としては異色です。IT企業のメッカである米国シリコンバレー発のiPhone修理のグローバルブランドで、修理品質の高さに定評があります。修理を担当するのは自社のトレーニングを受けて認定された「iTech」と呼ばれる修理専門家で、グローバルブランドの強みである最先端の修理技術と高品質な部品が売りです。

対面式のカウンターで修理

シリコンバレー発の修理ブランドではありますが、近年日本でも店舗を全国で展開しています。多くは、セレクトショップとしておなじみの「Loft」内に併設されていますので、立地的な利便性もおおむね良いですね。

また、修理は対面式のカウンターを使って目の前で行ってくれるのも大きな特徴です。iPhoneのような個人情報の塊はなかなか人に預けづらいものですので、目の前で修理してくれる安心感はとても有難いものです。また、普段は隠れているiPhoneの中身を見ることのできる珍しい機会を体験するのも一興です。

なお、「iCracked」は海外ブランドではありますが、日本においては「登録修理業者」として登録されていますので安心して利用できますね。

ガラス交換費用は30,800円~

気になる修理料金ですが、先端技術と高品質部品を売りにする割にはさほど高くはない印象を受けました。ガラス割れに対してはiPhone8であれば30,800円、iPhone8Plusは35,800円です。

なお、本記事執筆時点では、修理と同時に「モバイル保険」に加入することで3,000円割り引かれるキャンペーンも行っていたので、興味がある方はあわせて検討してみてはいかがでしょうか。「iCracked」は、今後の展開が楽しみな修理業者です。

ダイワンテレコム

https://www.iphone-d.jp/

iPhone修理業者として語らないわけにはいかない存在になりつつある「ダイワンテレコム」でも、一部店舗でiPhone8/8Plusに対応しています。

迅速対応、安心の保証制度

ホームページや店舗ブログからもわかるように、同社は修理に関してさまざまな情報を発信していて、お店と消費者の距離が近く感じます。また、即日修理対応や修理後の3か月間の保証があることなど、数あるiPhone修理業者から抜きん出た理由が伺えます。

店舗によって異なる対応

「ダイワンテレコム」はたくさんの店舗を構えていますが、店舗によって対応可否や値段も変わってくるようです。また、iPhone8/8Plusのガラス割れの修理に関しても値段は要問合せになっているので、具体的な基準となる価格は不詳です。

しかし、「ダイワンテレコム」はiPhoneの修理業者としては大手ともいえるため、価格競争という観点からも極端に高額になることは考えづらいかと思われます。同社ホームページからでも無料で見積を依頼できますので、まずは問い合わせてみると良いでしょう。

iPhone修理工房

http://u-phone.net/

「iPhone修理工房」も国内に多くの店舗を構える修理業者で、多くのiPhoneユーザーが利用しています。「iPhone修理工房」の特徴を上げるとすれば、やはり「低価格」ということになるでしょう。各店舗によって修理料金が異なりますが、どこの店舗もおおむね安い価格を提示しているように感じます。

短時間、低価格の修理が魅力

例えば、池袋本店の場合、iPhone8のフロントガラス割れは税抜19,800円(液晶破損の場合は22,800円)、iPhone8Plusのフロントガラス割れは税抜22,800円(液晶破損の場合は25,800円)と非常に安くなっています。あまり安すぎる場合には、たいていは別途「作業料」や「部品代」という名目で請求があるのですが、「iPhone修理工房」ではこれら込みの価格であって、通常は追加料金が発生することがありません。

作業時間の目安も30分と短いので良いことづくめのように感じますが、一点注意が必要です。というのも、やはり安いには安いなりの理由があり、上記価格は非純正部品を使用して修理した際の価格となります。

純正、非純正部品によって異なる料金を展開

だからといって、「iPhone修理工房」が不誠実なことをしているかと言えば 、決してそんなことはありません。「iPhone修理工房」では、しっかりと「純正パーツ同等品を使用する」場合のメニューを明記しており、誤解を与えないようにしています。 部品の品質によって料金が変動するのは、もはやあらゆる分野においても常識的な話です。「iPhone修理工房」では、お客さんに対して、品質を取るか、値段を取るかという選択肢を提供してくれているわけです。ニーズに幅広く応えられるようなメニューになっている分、よりお客さん想いの会社とも考えることができます。

なお、iPhone8/8Plusのガラス修理に関して「純正パーツ同等品を使用する」場合の料金は要確認となっていますので、まずはフリーダイヤルのサポートセンターに問い合わせてみると良いでしょう。

iPhone修理専門店 あいさぽ

http://www.iphone-support.jp/

「あいさぽ」も日本全国に展開している修理業者です。今現在、数多くの競合があふれる中で、競争に勝つために各業者はさまざまな努力をしています。低価格、部品品質、修理品質、スピード、立地などなど、「あいさぽ」も上記の修理業者に引けをとりません。「日経産業新聞」や「週刊東洋経済」、「日本テレビ NEWS ZERO」などの取材を受けていることからも、そのサービス力が伺い知れます。そして何より、「あいさぽ」の特筆すべきところは、付加価値があることでしょう。

キャンペーンなど手厚いサービス

「あいさぽ」の修理には、他の業者にはあまり見られない多くの付加価値があります。本記事執筆時点でも、スマホ用あったか手袋のプレゼント(冬なので)、UV除菌サービス、内部クリーニング、抽選による全額キャッシュバックキャンペーンなどを行っていました。修理するだけではなく、+αの嬉しいことがあるのが「あいさぽ」です。

店舗によって異なる修理代金

なお、修理代金は店舗によって異なりますが、一例として新宿本店のガラス割れの修理代金はiPhone8は税抜32,800円、iPhone8Plusでは36,800円です。こちらも作業料や部品代が別途かかることはなく、立地やその他サービスなどを考慮すると十分に競争力のあるものと考えられます。

スマホfix

http://smaphofix.shop/

最後にご紹介するのが「スマホfix」です。こちらは、リーズナブルなガラス修理が売りの大阪の修理業者です。

部品交換ではApple純正品を使うか、廉価な部品を使うかで料金が大きく変わり、低価格でそれなりの品質を取るか、まぁまぁの価格で高品質を取るか、消費者が選択できるのが嬉しいところですね。

ガラス交換(液晶交換は含まない)は純正品がiPhone8なら税抜30,980円、iPhone8Plusなら税抜36,980円かかりますが、廉価な部品にすればそれぞれ税抜15,680円、税抜18,680円とだいぶリーズナブルになります。

「スマホfix」は上記の修理業者よりも小規模ではありますが、地元に密着しており大阪市内であれば出張修理も行っています。大阪市内にお住まいの方は検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

iPhoneの修理業者は数多くありますが、iPhoneはシリーズが新しくなるたびにハード面でもマイナーチェンジがあるため、iPhone8/8Plusのような新しい機種にすぐに対応できる業者は限られてくるのが実情です。

上記に挙げた業者以外にも、もちろんiPhone8/8Plusの修理に対応している業者はあります。ただ、修理にもやはり品質というのがありますので、iPhoneという高価で大切なアイテムを預ける以上、やはり業者の見極めはある程度行った方が間違いないでしょう。 料金はもちろんですが、部品品質や修理品質にもしっかりと目を向けるようにしたいところです。いくら見た目だけ直っても、部品がもろかったり、修理がいい加減だったりすれば、すぐにまた壊れてしまいますからね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加