iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhone8/8Plusの初期不良・バグ・不具合まとめ

新しいシリーズが出るたびに世界中が注目するiPhone。私もそんなiPhoneユーザーの一人で、ハード面・ソフト面ともに進化を遂げて登場する端末をいつも楽しみにしています。iPhoneに新しいシリーズが出ると、良い面や時には悪い面など、巷ではその話題で持ち切りになりますね。ここではiPhoneを快適に使うため、iPhone8/8Plusにフォーカスして、あえてiPhoneの初期不良やバグ、不具合などの問題とその対処法について見ていきたいと思います。

初期不良やバグ、不具合などはiPhoneに限らず、あらゆる端末にとって避けて通れないものです。そのため、このような問題があったからといって落ち込むことはなく、状況に応じて適切に問題をクリアしようと考えをリセットするのがスマートなスマホライフをおくるために大切なことです。


Elago Case & Stand / TheBetterDay

iPhone8/8Plus固有の初期不良、バグ、不具合は少ない?

さて、個人的な印象になってしまいますが、iPhone8/8Plusに限って言えば、初期不良やバグ、不具合などの問題はさほど多くないように感じます。iPhoneもiOSも、シリーズやバージョンが更新されるたびに改良が加えられているためでしょうか。ユーザーの声を聞いてみても、重大かつ広範囲に発生する初期不良やバグ、不具合などの問題はほとんど報告されていません。

ただ、やはり軽微な問題、部分的に発生する問題というのはあるようで、ネットなどでも「iPhone8(8Plus)にしたら〇〇になった!」といった嘆きの報告が数多くあります。以下では、その主だった声の内容と対処法についてまとめてみます。なお、中にはiPhone8/8Plus以外のシリーズであっても同様の症状が起きる場合もあるので、iPhone8/8Plus固有の問題というよりも、iPhone8/8Plusでも生じ得る問題と考えていただきたいと思います。

勝手に再起動を繰り返す?

普段と変わらずiPhone8/8Plusを使用していたら、急に画面が真っ黒になりクルクルマークが出てパスコード入力画面に戻ってしまう。しかも単発ではなく、数分ごとに頻発するという事象が多くのユーザーから報告されました。

このような端末が勝手に再起動を起こす問題に対しては、端末をこちらから強制的に再起動する、怪しいアプリまたは全てのアプリの通知をオフにする、怪しいアプリをアンインストールするといった方法で改善されていましたが、その後iOSが対応してくれました。今では、iOSを最新の状態にアップデートすることで問題は解決されます。

再起動やアプリのアップデートで対処を

それでは、以後似たような状況が起きたらどう対処したら良いでしょうか。通常はiOSで改善されるまでには少し時間がかかるため、対症療法としては端末を再起動したり、怪しいアプリ(何かしらのアプリをインストールしてから調子が悪くなるなら、そのインストールしたアプリの挙動が悪影響を与えている可能性が高いです)の設定を調整したり、あるいはアンインストールするなり試してみると良いでしょう。もし、アプリがアップデートできるのなら、アプリもアップデートしてみましょう。

バッテリーの減りを少しでも長くする対処法

iPhone8/8Plusユーザーからは、バッテリーの減りが早いという声をよく聞きます。バッテリーの減りが早い場合にはさまざまな原因が考えられます。例えばiOSの挙動、特定のアプリの挙動、通信量、バッテリーの劣化・不具合など、ハード面によるものもあればソフト面によるものもあり、その原因を特定するのは一般に困難です。

そのため、iPhone8/8Plus固有の問題とは言い切ることはできませんが、それでもユーザーの多くがバッテリーの減りの早さを実感している以上、何かしらの「省エネ対策」を取ったほうが良いでしょう。以下に、簡単なiPhone省エネ対策をご紹介します。

iOSを最新版にアップデートする。

バッテリーの減りが早いと感じたら、まずはiOSを最新のものにアップデートしましょう。iOSは、iPhoneを動かすおおもとのプログラムなので、それが不合理な状態であれば、やはりバッテリーの消費に直結します。iOSが無駄のない処理をしてくれることで、省エネにつながります。

どのアプリがバッテリーを食っているのか診断する

iOSをアップデートしたら、次はアプリのバッテリー消費状況を確認しましょう。各アプリのバッテリー消費割合は、「設定」から「バッテリー」に進むと表示されます。24時間以内と7日以内の状況をそれぞれ確認することができます。

もしSafariのバッテリー消費割合が多いようなら、普段Safariを使ってどんなサイトを閲覧したりサービスを使ったりしているのかを見直してみると良いでしょう。例えば、人気の「まとめサイト」では非常にたくさんの動的な広告が掲載されていることが多く、ページを行き来するだけでもその通信量やソフトウェアの稼働量は馬鹿になりません。

バッテリーを著しく消費しているアプリを突き止めたら、機能を制限したり(通知オフや自動アップデートオフなど)、控え目に使ったり、あるいはもし大して使っていないようであれば思い切ってアンインストールすると、大きな省エネにつながります。

自動ロックの時間を短くする

ご存知のように、iPhoneは何もせず放置しておくと、自動的にロックされます。この自動ロックまでの時間を短く設定することで、余計なバッテリー消費を抑えることができます。「設定」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」からロック時間を調整できます。おすすめは最短の30秒です。

画面の明るさを抑える

一時的にであっても、使用中の画面の明るさを暗めに設定するだけでも、バッテリーの節約につながります。「設定」→「画面表示と明るさ」からでも調整できますが、スワイプ表示するメニュー一覧からも設定可能です。

位置情報サービスをオフにする

今では多くのアプリが位置情報サービスを提供していますが、それら全部が必要とは限りませんね。不要であれば、そのアプリの位置情報をオフにするだけでも省エネになります。「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」から、各アプリの位置情報利用許可を設定できます。

低電力モードを使う

iPhoneには低電力モードというのがあります。オンにすることでバッテリーの消費を抑えることができますが、メールの取得、アプリのバックグラウンドでのアップデート、自動ダウンロードや特定のビジュアルエフェクトが抑えられるのでご注意ください。

バッテリーの減りが「極端に」早い?

iPhone8/8Plusでも、稀にバッテリーの減りが「極端に」早くなる現象があるようです。極端というのは、数分で数十パーセント減ってしまうという異常なもので、これは「通常の減りが早い」という感覚と異質なものです。

この場合、端末を再起動したり、一度バッテリーを使い切って電源が落ちてからあらためて100%になるまで充電したりすると直ることがあります。たいていは一時的な症状ですぐに直るようですが、もしそれでも直らない場合はバッテリーや端末本体の故障などが考えられますので、修理依頼を検討してみるとよいでしょう。

バッテリーが膨張する?

同じくバッテリーの問題に関することでは、iPhone8/8Plusのバッテリーが膨張し、ディスプレイが浮き上がってしまったという報告がネット上で注目を集めました。ただ、こちらはごく少数であったようで、リコールにつながるような問題ではないようです。

もしバッテリーの膨張に遭遇したら、いたずらに触らずに爆発や発火に十分注意して交換または修理を依頼しましょう。

アプリが立ち上がらない?

一部iPhone8ユーザーから、「Skype」にログインできないという声が上がりました。こちらは、iPhone8のハードの問題かソフトの問題か、それともSkypeの問題なのか、それらが合わさった問題なのか判明していませんが、中にはアプリを再インストールしても改善が見られなかったという報告もありました。しっかりとした改善にはそれぞれのアップデートを待つしかないようです。

「Skype」以外のアプリでも、立ち上がらない不具合が起きる可能性はゼロではないと思われます。もしこのような不具合があったら、端末の再起動、アプリの再インストール、iOSのアップデート、アプリのアップデートなどをそれぞれ試してみましょう。

アプリの一部機能が使えない?

ほとんどのユーザーがインストールしている「LINE」についても、一部機能が使えなくなったという報告がありました。例えばカメラ機能に不具合があったようで、トークルームからカメラを立ち上げたときに固まってしまうというものでした。こちらはLINEのアップデートによってすぐに改善されました。

また、LINEスタンプのサジェスト機能が使えなくなったという声もありました。サジェスト機能とは、トークルームで入力した文字にあう所有スタンプを表示してくれる機能のことです。こちらはインストールしている言語を一度削除して、再インストールすることで改善されたようです。

「LINE」のような大手のアプリであればアップデートですぐに互換性を補完してくれることが多いですが、全てのアプリがすぐに改善されるわけではありませんのでご注意ください。

フリーズする?

iPhone8/8Plusに限ったことではありませんが、iPhoneはときおりフリーズすることがあります。使用中の画面のまま固まってしまうこともあれば、真っ黒や真っ赤になったりして固まってしまうこともあります。

フリーズした際の唯一の復旧手段は「強制再起動」になりますが、iPhone8/8Plusは強制再起動の方法がこれまでのシリーズと大きく異なるため注意が必要です。今まではホームボタンとスリープボタンの同時長押しでしたが、iPhone8/8Plusでは ①「音量を上げるボタン」を軽く一回押す、②「音量を下げるボタン」を軽く一回押す、③「サイドボタン」をAppleの ロゴが表示されるまで長押しする、というスリーステップになりました。

ボタンが効かない?

iPhone8/8Plus購入後、初めからボタンが効かないといった物理的な不具合があるようなら、初期不良として扱ってもらうようAppleの正規サービスプロバイダーやサポートセンターに問い合わせましょう。くれぐれもハードの故障を自分で直そうと思ってはいけません。自分で直そうとして余計に壊れてしまうと初期不良として扱ってもらえなくなる可能性があります。

まとめ

いかがでしょうか。先進的なiPhone8/8Plusであっても初期不良やバグ、不具合といった問題はゼロではありません。しかし、使い物にならなくなるぐらい問題が深刻になることは稀で、たいていの場合は復旧することができます。

このような問題に直面した場合、端末の再起動、iOSのアップデート、アプリのアップデートまたは再インストール、設定の見直しを試すと効果的です。

無理に直そうとせず問い合わせや修理依頼を

ただ、問題によってはユーザーサイドで解消できないケースもありますので、そのような場合はiOSやアプリの更なるアップデートを待つか、あるいは修理や交換に出すことになります。

このとき、特にハード面の初期不良に関しては無理に自分で直そうとすると状況が悪化するだけではなく、不良が全て自己責任となってしまう可能性があるのでご注意ください。

自分でできる解消法をまず試してみよう

初期不良やバグ、不具合などの問題は、一昔前に比べれば格段に少なくなったような印象を受けますが、それでも完全に解消したわけではなく、それは今後も同様と考えられます。そのため、問題が発生したからといってすぐに諦めることはなく、上記のような解消法をそれぞれ試してみてください。

たいていの場合はすぐに改善できますし、もし部分的な機能が喪失したのなら、スマートフォンのスマートさを存分に生かして代替策を講じてみましょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加