iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhone8がLINEなどアプリ不具合の時に直す方法

日本でも大人気のiPhoneシリーズ。ハードウェアにもソフトウェアにも大きな魅力があり、ずっとiPhoneシリーズを使い続けている人も少なくないと思います。そういう私も、早くからのiPhone愛用者の一人です。

しかし、スマートフォンには「不具合」がつきもので、iPhoneであっても例に漏れることなく不具合が報告されています。また、すべてのiPhoneに共通する不具合もあれば、シリーズごとの固有の不具合もあったりします。ここでは、不具合の中でもよくある「アプリの不具合」について、最近話題のiPhone8にフォーカスして見ていきたいと思います。

先に結論を言ってしまいますと、iPhone8を使っていてアプリに不具合の問題があったとしてもたいていはすぐに解消できますので、あまり深刻にとらえたり、修理に出したりする必要がないことがほとんどです。


iPhone 8 / TheBetterDay

アプリの不具合

不具合というのは、製造サイドや販売サイドが事前に予期していなかった動作不良のことを指します。特に、新しいシリーズの端末が発売された後などはこれまでといくらかソフトウェア面、ハードウェア面で仕様の変更があるため、どうしても従来通りの機能を100%再現することができないのが通常です。

もしiOSの基本的な操作すらままならないのでしたら問題は深刻ですが、ほとんどの場合はそのような深刻な問題には至りません。割と多いのが、インストールしていたアプリの何かしらの機能が部分的に使用できなくなることです。

アプリに不具合が起きる原因

アプリの不具合の原因は一概にこれだとは言えず、ケースバイケースであるのが実情です。ですが、不具合に対処するとき、その原因を2つの角度からとらえることが大切になります。

端末、iOSに欠陥がある

まずは端末自体、またはiOSに欠陥があってアプリが正しく挙動できる環境にない場合です。これは端末側の問題であって、特にソフトウェアに問題がある場合には、時間が経てばiOSのアップデートを改善することで問題が解消されるのが一般的ですね。

アプリに欠陥がある

そして、もう1つはアプリ自体に何かしらの欠陥があって、正常に挙動しない場合です。こちらは、アプリをアップデートしたり、アプリの設定を見直したりすることで問題が解消されることが多いようです。

このように、アプリがうまく動かない場合には端末側とアプリ側のそれぞれに問題があるケース、また端末とアプリの両方に問題があるケースがあり、問題を解決するためには双方のアップデートが必要になることもあります。

アプリの不具合を直すにはアップデートが基本

先ほども少し触れましたが、アプリが不具合を起こしていると思ったら、まずやるべきことはアップデートです。

通常は端末側に問題があるのか、アプリ側に問題があるのかなどは判断がつかないので、端末もアプリも最新の状態にアップデートするのがベストです。

市場のフィードバックを受けて実施されるアップデート

ただ、アップデートは一般的に市場から不具合に関するフィードバックを受けてから行われます。そのため、例えば発売されたばかりの新しいiPhoneを使って不具合があったとしても、その不具合に関する「直してよ!」という声が大きくなって、ようやく改善されるといった具合になります。

これは端末であってもアプリであっても同じで、ある意味新しいものにすぐ手を出すことのリスクともいえるでしょう。

販売元によってはアップデートに時間がかかることも

なお、製造サイドまたは販売サイドが大きな会社である場合、アップデートは割と早く対応してくれる傾向にあるようですが、販売者が個人や小規模な会社であったり、あるいは外国のよくわからないところだったりする場合には、とりわけアプリではすぐにアップデートされないこともありますし、そもそもアップデート自体が放棄されることもあるので注意が必要です。

その他のアプリの不具合対処方法

アップデート以外にも、不具合を解消するいくつかの方法があるのでご紹介します。

アプリを再インストールすることも有効

アプリの不具合に対処する方法として、アプリを一度削除し、再度インストールすることも有効です。ただし、アプリによってはデータを保持できないこともあるので、あらかじめ確認したうえで行う必要があります。

iOSもアプリも最新の状態なのに依然としてアプリに不具合が認められる場合には、データ消失に備えたうえで再インストールしてみましょう。

各アプリの設定から対処する

アプリの不具合によっては、各アプリの設定を見直すことで改善することもあります。こちらもアプリや不具合の症状によってケースバイケースとなりますが、もっとも簡便な解消法ではあるため、おかしいと思ったらまずは確認してみると良いでしょう。

再起動する

不具合の内容によっては端末を再起動することで解消されるケースもあります。特にアップデートをしたり設定をいじったりした場合には、念のため再起動してみるのも無駄にはならないでしょう。

iPhone8で起きたLINEの不具合

もはや定番中の定番となったアプリ「LINE」の不具合は、今や多くの人に影響を与えます。ここでは、ネットの声を参考にiPhone8におきたLINEに関する不具合で主だったものを紹介したいと思います。

LINEスタンプのサジェスト機能が無効になった

LINEのサジェストとは、トークルームで例えば「こんにちは」と打ったら、それに対応するスタンプを表示してくれる機能です。しかし、iPhone8では、このスタンプのサジェストに不具合があってうまくいかなかったという声があがりました。

こちらは公式で発表している対応ではありませんが、「設定」から「言語」に進み、デフォルトでインストールされている英語と日本語を含めて全て削除し、再度言語をインストールすることで解消するようです。言語とスタンプの紐づけがうまく行われなかったのでしょうか。

こちらは設定から問題を解消できたパターンですね。もし同様の問題をかかえているようでしたら一度お試しください。

LINE上でカメラを開くとフリーズした

LINEのトークルームからカメラを起動して写真を撮ろうとするとフリーズしてしまう、という不具合も報告されました。対症法としては、LINEからではなくプリインストールされているカメラを立ち上げて撮影して、あらためてLINEトークルームで撮った写真を送信するのが手っ取り早いです。

しかし、こちらはLINEを最新版にアップデートすることで改善するという報告がありました。私個人としては自動的にアップデートしていたため、この不具合に関しては知らず知らずのうちに解消されていました。

まとめ

iPhone8のような優れた端末であってもアプリの不具合は完全に解消されることはなく、そもそも不具合の成り立ちから考えれば、不具合はあって当たり前だと認識するのが自然です。

このような不具合はほとんどの場合はiOSまたはアプリのアップデートで改善されますし、各アプリの設定をいじることで改善することもあります。

ただ、紹介したような手段を講じても解消できない稀なケースでは、残念ながら改善できるアップデートを待つしか手段はありません。不具合はあって然りのものであり、また時間の流れとともに解消されていきます。不具合によっては、どうにもできないものもああるため、そのような場合には強引に解消しようと考えず、何か別の手段で代替できないのか考えるようにするのがスマートフォンのスマートな使い方ではないでしょうか。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加