iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

iPhone8 Plusのバッテリーが膨張する不具合「ハマグリ事件」について

今や多くの人の手中に握られているiPhone 8 Plus、新しい時代のiPhoneとしてハードウェア・ソフトウェアともにケチをつけられないほどの出来栄えなのは、さすがですね。そんな世界中の注目を集めているiPhone 8 Plusですが、発売後まもなく、衝撃的なニュースが飛び込んできました。


iPhone 8 Plus / cchana

iPhone 8 Plusでバッテリーが膨張する

これまで数々のiPhoneシリーズがリリースされるたびに、ネットを中心に世界中のユーザーからさまざまなレビューが上がっていました。使用感を中心に良いことであったり悪いことであったり、称賛もあればやはり非難もあり、これはもはや「世界のiPhone」の宿命ともいえるでしょう。

まるで「ハマグリ」のように膨張?

さまざまなレビューに目を通してみても、iPhone 8 Plusはそこまで非難されるような不具合は多くなく、完成度の高い端末のように感じます。しかし、発売から間もなくして、買ったばかりのiPhone 8 Plusのバッテリーが膨張したという報告がネットに上がりました。

膨張の程度にも注目が集まり、膨張したバッテリーがディスプレイを持ち上げてしまっていて、まるで「ハマグリ」と揶揄されるほどの状態でした。こうなってしまっては、iPhoneはもはや正常に使えない状態と思われ、深刻な不具合のように映ります。

報告された膨張は現在2件

この「ハマグリ事件」は、ネット上でもあっという間に拡散され、iPhone 8 Plusに対するイメージが多少悪くなってしまったかもしれません。しかし、実際のところ、iPhone 8 Plusのバッテリーが初期不良として膨張している本ケースは非常に稀だと言われています。公になっているのは台湾からの1件、そして日本からの1件だけで、普遍的に生じた不具合というわけでもなく、さらにはいずれもすぐに返品・交換されたようです。

滅多に起こらないことであっても、iPhoneのような人気端末ではすぐに拡散されてしまうのは現代に特有の現象かもしれませんね。

バッテリーの膨張は珍しいことではない?

新しく発売されたiPhoneにとって、バッテリーが膨張してディスプレイが持ち上がってしまう初期不良はとてもセンセーショナルなものであったせいか、これらの画像やツイートはたちまち拡散されました。

しかし、実際にはiPhoneはもちろん、どんなバッテリー付属製品であってもリチウムイオンバッテリーはその性質上、膨張することがあり、膨張自体は決して珍しいものではありません。ただ、通常は使用による劣化に伴い膨張が見られます。今回のiPhone 8 Plusでのバッテリー膨張は、初期不良であったために深刻に受け止めてしまう人も多かったのではないかと思われます。

通常、問題を起こしたバッテリーと同じ仕様、同じ条件で生産された他のバッテリーは同様の問題を起こすリスクが疑われます。しかし、iPhone 8 Plusの「ハマグリ事件」を受けて、消費者から端末を回収するといったリコールは確認されていません。ひょっとしたら市場に出る前にバッテリー仕様の見直しがあったかもしれませんが、この辺りは知るすべがありませんね。いずれにせよ、現状ではこのレアケースによって消費者が不安に感じることはないように思います。

もし初期不良でバッテリーが膨張したらどうする?

今回公になったiPhone 8 Plusのバッテリーの膨張は、わずかに2件です。しかも世界中で2件ですので、かなりレアなケースと考えるべきでしょう。もちろん、公にならなかったケースもあるかもしれませんが、製品のリコールにつながるような深刻な問題ではなかったようです。

ただ、レアなケースではあるものの、私たちが今後このような初期不良としての膨張に遭遇する可能性はゼロではありません。もし、新しいiPhoneを購入するやいなや、バッテリーが膨張していたらどう対処すべきでしょうか。

端末ごと安全な場所で保管する

第一に、身の安全を確保することが大切です。バッテリーはエネルギーを貯めこむものであって、不具合があれば発熱、発火、最悪の場合は爆発のおそれがあります。そのため、バッテリーが膨張したからといって触って確かめようとしたり、ディスプレイを持ち上げているからといって強引に押し込んだりするのはNGです。その刺激がバッテリーの発熱、発火、爆発の引き金になるかもしれず、人身上の危険はもちろん、火災も懸念されます。そのため、もしバッテリーが膨張していたら、端末ごとどこか安全なところで保管しましょう。

さきほどのiPhone 8 Plusの膨張に関する日本での報告例では、お鍋の中に端末を入れていてシュールな光景でしたが、実際には爆発にも発火にも耐えうる適切な保管方法と言えます。

自分で直さず問い合わせを

その後、正規代理店やAppleストア、Appleサポートに問い合わせるのが良いでしょう。さきほどのiPhone 8 Plusでのケースと同様、初期不良として交換してもらえるように伝えましょう。

なお、もしバッテリーが膨張したからといって、無理に自分で直そうとして破損させてしまうと、初期不良として扱われなくなる場合もあり得るので、くれぐれも無理して直そうとは思わないでください。膨張したバッテリーに触れること自体も危ないですし、そもそもバッテリーの膨張は個人で対処できるレベルの不具合ではありません。

経年劣化に伴いバッテリーが膨張したらどうする?

バッテリーの膨張は初期不良である方が珍しく、通常はバッテリーの経年劣化に伴い発生するものです。もしiPhoneを長らく使っていてバッテリーが膨張し出したら、同様にまずは身の安全を確保するようにし、早急に正規代理店やAppleストア、Appleサポートで問い合わせると良いでしょう。

軽微な膨張だとあまり深刻に受け止めない人が多いようですが、さきほども触れたようにバッテリーはエネルギーを蓄えている、いわば爆弾のようなものですので安全性を妄信しないようにしましょう。

基本的にバッテリーが膨張した場合、バッテリーの交換ではなく端末ごとの交換となります。お使いの端末や契約状態、膨張原因などによって、無償対応になることもあれば、有償対応になることもあるので、まずは問い合わせてみましょう。

もし端末の交換が有償になる場合、それを機に新しい端末に買い替える人も少なくありません。というのも、バッテリーが膨張するぐらいであればその端末もそれなりに長く使用しているとも考えられるため、交換にお金をかけるぐらいなら新しい端末にしたいと思うようになるのだと思われます。

まとめ

iPhone 8 Plusは、発売直後にバッテリーの膨張が話題になってしまいましたが、公になっているだけでも世界中でわずか2例とレアなケースと言えます。そのため、バッテリーの膨張を危惧して買い控えるというのは少々考え過ぎに思います。もし購入したばかりなのにディスプレイが持ち上がるほどバッテリーが膨張していたら、それはそれで交換してもらうようにすれば良いので、深刻な問題とは言えないように思います。

また、もしこのような状態に直面したら、バッテリーが突然発熱や発火、場合によっては爆発する危険性もあるので、安全を確保するようにしましょう。通信端末の進化に伴い、バッテリーも一昔前に比べたら格段に進化していますので、今後はきっとこのような問題も少なくなっていくのではないかと思われます。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加