iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

kobo arc故障時の注意点・修理情報まとめ

「kobo」は、楽天が発売する電子書籍リーダー。楽天がブックスから直接ダウンロードできるなど、使い勝手も良いため楽天ユーザーを中心に人気を集めています。現在のラインナップである「kobo glo HD」「kobo aura H2O」「kobo aura ONE」に加えて、以前は「kobo touch」「kobo arc」といった種類の端末が発売されていました。

当コラムでは「kobo arc」に焦点を当て、故障時の注意点などを紹介していきます。今でも「kobo arc」を愛用している方は参考にしてみてください。

kobo arcの故障を疑う前に

koboの故障を疑う前に、まずは自分で対処可能かどうかを確認しておくといいでしょう。サポートセンターに連絡するほどのことではない、単なる不具合の可能性だってあるのです。

故障と勘違いしやすいフリーズ現象

koboユーザーが故障と勘違いしやすい現象として、代表的なのが“フリーズ”です。端末をいくらタップしても反応せず、一定の画面で固定されたまま動かなくなってしまう状態を指します。

ボタンも押せなくなる

フリーズは、画面のタップだけでなく側面についているあらゆるボタンも反応しなくなってしまいます。急にこのような状態に見舞われると、確かに焦ってしまうかもしれませんね。しかし、これは故障ではありません。自分でも直せる可能性の高い単なる不具合であることが多いのです。

再起動することで正常に作動することも

ほとんどのフリーズ現象は、端末を再起動することで正常な状態に戻ります。まずは電源ボタンを長押ししてみましょう。画面に「電源OFF」を促す画面が出ればOKをタップすることで電源が切れます。もしも、この画面すら出ない場合は通常よりも長く電源ボタンを押し続けてみてください。これにより、強制的に電源が切れるでしょう。

一度電源を切ったら、電源をつけて通常通りに作動するか確認してみましょう。

自分でできる最終手段「ファクトリーリセット」とは?

何度か再起動を試してみても、フリーズなどの不具合が頻繁に起きるのであれば、最終手段としてkobo端末を「ファクトリーリセット」してみてください。

工場出荷状態に戻す作業

「ファクトリーリセット」とは、端末の初期化を指す言葉です。工場出荷当時の状態に戻すことによって、あらゆる不具合を解決することができます。端末内のどこに問題があって不具合を起こしているかわからないのであれば、全て削除してしまおうという作業になります。

ただしデータが全て消えてしまうので注意

工場出荷時に戻るので、今までためていた書籍データ等は全て消えてしまうことを覚えておきましょう。しかし、楽天ブックスで購入した電子書籍データであれば、楽天アカウントで同期させることによって簡単に端末内に戻すことができます。(自分で作成したデータなどはバックアップを取っておかなければ消えてしまうので注意しましょう)

これでダメなら故障の可能性大

もし、この操作を試しても通常通りの動作に戻らないのであれば自分の手に負えない状態だと考えてください。その際は、故障と判断してすぐにサポートへ連絡すると良いでしょう。

koboの保証に関して

では、koboが故障した際の保証に関して見ていきましょう。様々な故障原因が考えられますが、メーカーの保証によって無償で修理・交換してくれるのでしょうか。

新品には1年のメーカー保証

新品で購入したkoboに関しては、1年間のメーカー保証がついてきます。ただ、kobo arcは現在楽天市場の公式ラインナップに掲載されていないので、新規で購入することは考えにくいでしょう。

通常使用における自然故障のみ対応してくれる

このメーカー保証は、“通常使用における自然故障”を対象としています。つまり、画面割れ等の自己責任の故障に関しては一切対応してくれません。現在kobo arcを使っている方は、保証期間はすでに切れてしまっていることが予想されます。そのため、通常使用の故障であってもユーザーの負担による修理・交換となるでしょう。

Koboは、基本的に端末交換での対応となるのでユーザーが負担する金額は“端末購入金額”とほぼ同額です。そう考えると、中古の端末や、セール端末を探し出して購入したほうが安くなる可能性がある事を覚えておきましょう。

交換依頼をしても端末が変わる可能性

現在公式ラインナップに掲載されていないkobo arcですので、交換依頼をしても同一機種は戻ってこない可能性があります。現在販売されている同等レベルの機種となるかもしれませんので、「どうしてもkobo arcが使いたい」というのであれば依頼する前に確認してみることをおすすめします。

まとめ

koboは比較的安値の電子書籍リーダーです。故障時にはそれなりの費用負担かかるため、「2年使えれば十分」というような認識で買い替えを前提にした方がいいかもしれませんね。スマートフォンと同じように、電子書籍リーダーもどんどん技術が進化してきています。2年程度経ったのであれば、壊れる前に新型の端末を購入してデータを移すなどしておいたほうが良いと思いますよ。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加