iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

Mac修理をアップルストアで依頼する時の費用・注意点

大事なMacを今後も使い続けることを考えると、修理専門窓口Genius Barを設けるApple Storeでの修理が最もおすすめです。Genius Barで純正部品使った修理を行うと、今後もAppleのサポートが受けられやすくなりますので、自宅や職場近くに店舗がある人こそApple Storeを修理先に選ぶべきと言えるでしょう。今回は、Macパソコンの修理目的でApple Storeを利用するメリット、デメリット、依頼時の注意点などをわかりやすく紹介していきます。


Genius Bar / mac_ivan

Mac修理をアップルストアで依頼するメリットとは?

Apple StoreにMac修理を依頼すると、下記のようなメリットを得られます。

保証によって無料で修理可能なこともある

「正規ルートで購入後1年以内のMac」や「AppleCare Protection Planに加入している購入から3年以内のMac」は、期間的な部分で保証条件をクリアした状態と考えられます。またこの期間内で自然故障をした場合は、無償修理や修理料金の割引などを受けられる可能性も高いと考えられますので、Apple Store利用による金額的なメリットが大きい状態と捉えて良いでしょう。

その場で修理可能なケースもある

診断によってディスク障害が見つかった場合は、Apple Storeの店頭で初期化をするだけでiMacの不調が直ることもあります。Genius Barにて預かりをしない場合は、料金無料のiMac修理となりますので、症状によっては即日トラブルが解決することもあると考えて良いでしょう。テクニカル担当者が店頭で試行錯誤してくれるApple Storeは、時間的余裕を持って行くことが修理代金の節約に繋がると言えそうです。

後日郵送で修理をすることもできる

店頭で出された見積りを見て「この金額はちょっと高いかも?」と感じた場合は、一度iMacを自宅に持ち帰り、後々郵送修理を選ぶことも可能です。iMacに異変が生じたタイミングでGenius Barで診てもらえば、「修理を急ぐべき状況なのか?」の判断もしやすくなりますので、「Apple Storeの店頭で客観的な意見を聞き、自宅でじっくり検討する」といった形でもショップの利用価値は高いと考えて良いでしょう。

純正部品で修理交換をしてもらえる

Apple Storeで修理を行なえば、全てのパーツに純正部品が使われます。これに対して非正規業者と言われる巷のパソコン修理専門店の場合は、コストを下げるために中国部品などを使うことが多い傾向がありますので、保証期間が存在したとしても「壊れる確率は高い」と言えそうです。こういった「部品の質」という部分で比較すると、今後も使い続ける大事なMacは純正部品を扱うApple Storeで修理するのが理想と言えるでしょう。

修理期間が短い

Apple Storeで預かり修理となった場合でも、5営業日以内に作業が完了します。修理状況についてはオンラインで確認することもできますので、「修理開始」、「修理完了」、「工場から店頭に発送」といった流れを把握できるGenius Barは、初めてiMac修理を行うユーザにとっても安心度の高い存在と言えそうです。

Mac修理をアップルストアで依頼するデメリットと注意点

ここまでたくさんのメリットを紹介してきたApple Storeにも、ユーザの不満に繋がるデメリットや注意点が少し存在するようです。

Genius Barには予約が必要

その場でテクニカル担当が診断をしてくれるGenius Barは、完全予約制のサービスです。Appleサポートのページから予約状況を確認すると、直近3~5日ほど予約が取れないことも多いと言われています。Genius Barの予約や開店時間などの部分でスケジュールが合わない場合は、宅配業者がiMacを引き取りに来てくれる郵送修理もしくは正規サービスプロバイダを利用するしかありません。

症状次第で診断終了まで1時間以上を要することもある

あの手この手とも言える対応を店頭で行えるApple Storeは、時間に余裕のないユーザにとっては細やかな診断がストレスになることもあるようです。特にディスク診断の結果を見て初期化を行う場合はそれだけでも1時間以上を要しますので、店舗に滞在できる時間が限られている人は早めのその旨を伝えるようにしてください。

非正規店で一度でも修理をしたMacは受付対象外

社外品のパーツを使って修理交換を行ったMacは、AppleCareの保証対象期間内であっても、Genius Barの利用を断られます。特にAppleCare Protection Planに加入していた場合は、MacBook Airで14,800円、iMacで20,800円の料金が無駄になる形となりますので、大事なMacの修理先選定は入念にすべきと言えるでしょう。

保証対象外になるケースも多い

「MacBookを落とした」とか「キーボードにオレンジジュースをかけてしまった」といったユーザに過失のある故障の場合は、期間問わずAppleCareの保証対象外となります。また普段から乱雑にMacを扱っている人については、店頭で診断を受けたタイミングで「自分に過失がある」と気付くケースも多いと言われているため、注意が必要です。

データが消えることもある

修理中のデータ消失については、「Appleは一切責任を負わない」と断言しています。特にAppleの場合は、トラブル症状に関係するパーツを全て交換することが多い傾向がありますので、「今回の故障はデータ記憶領域と無関係だから」といった判断でバックアップを怠るべきではないと言えるでしょう。こういったトラブルを回避するためには、iCloudなどを使ったデイリーバックアップを習慣化することをおすすめします。

Macをアップルストアで直す場合の修理費用とは?

保証が切れたMacは、Appleで定めた範囲内で修理が行われます。症状によっては見積額が変わる形となりますが、下記の金額が上限とわかれば、修理費用の準備もしやすいことでしょう。

MacBook Pro(13インチ)、MacBook、MacBook Air

・自然故障(センター定額修理) 41,040円
・破損、液体接触(センター定額修理) 51,840円~86,400円

MacBook Pro(15インチ・17インチ)

・自然故障(センター定額修理) 47,520円
・破損、液体接触(センター定額修理) 58,320円~124,200円

iMac、Mac mini

・自然故障(センター定額修理) 56,160円
・破損、液体接触(センター定額修理) 58,320円~77,660円

Mac Pro

・自然故障(センター定額修理) 58,320円
・破損、液体接触(センター定額修理) 99,360円~156,600円

センター定額修理とは?

お客様のMacが長きに渡って使い続けられることを重視するAppleでは、「部品修理」と「センター定額修理」という2つの修理料金体系を用意しています。故障パーツが1つだけで「これを交換すればトラブルが解消できる!」と考えられる場合は、店頭で見積もられた部品修理料金でパーツ交換が行われます。これに対して液体接触や落下などによって故障箇所が複数に及ぶ場合は、「疑いのある部品を全て交換する」という考え方に基づきセンター定額修理料金の適用となるのです。

修理後のトラブルが少ないApple Store

故障を招く疑いのある部品を全て交換してくれるApple Storeは、「なるべく修理代金を安くしよう」と考える非正規業者と比べて、修理後のトラブルが起こりにくい存在です。またApple StoreにMacを持ち込めば、今後生じる可能性の高いトラブルを見つけてもらうこともできますので、修理回数を抑えるといった意味でもGenius Barの利用は大変おすすめと言えるでしょう。口コミサイトなどでは修理料金が高いと言われるApple Storeも、コストパフォーマンスで考えると大変メリットの高い修理方法となります。

まとめ

今回は、Mac修理先の第一選択肢とも言えるApple Store(Genius Bar)について徹底解説してみました。若干のデメリットが挙げられるApple Storeも、「安全安心の修理サポートが可能」と考えると利用の価値は大変高いと言えそうです。また修理費用を現金払いにする場合は、基本的に「後払い」となりますので、給与やボーナスの支払日から逆算してGenius Barの予約をとってみても良いでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加