iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

Mac水没時の修理にかかる費用・値段はおいくら?

Macは水に弱いです。水没してしまった時は一刻も早く乾かす必要があります。修理ができるかどうかも気になりますよね。そこで今回は、Mac水没時の修理に関して情報をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

Mac水没した!まずはどうする?

Macが水没したら、まずは乾かすことが肝心です。早めに乾燥することで、ダメージを最小限に食い止めることができます。コーヒーやお茶などの液体をこぼしてしまった時も同様です。すぐに電源を切り、ティッシュなどを使って可能な限り水気を取りましょう。

なお、電源を切るのはショートを防ぐ意味合いがあります。水気を出来る限り拭き取れたら、キーボードを下にして乾かしましょう。乾かし終えた段階で、例え電源が入って動いたとしても油断は禁物です。内部が腐食している可能性がありますので、早めに修理に出すことを推奨します。

Macの保証は1年だけど…

Macには購入日から1年間のメーカー保証が付いています。期間内の保証範囲内の修理であれば基本的に無料で対応してくれますが、残念ながら水没は保証範囲外となります。

Macコンピュータ、もしくはアクセサリが液体によって損傷した場合は保証対象外扱いです。修理にはお金がかかることを理解しておきましょう。

Mac水没時の修理にかかる費用・値段はおいくら?

一口に水没と言っても、1台1台状況が違います。そのため、製品の状態や状況によって修理費用は異なります。数万円の出費は覚悟しておいたほうが良いでしょう。損傷箇所が広いと十万円以上の出費になることもあります。一番正確な修理費用を把握する方法として見積りの取得が有効です。

なお、Apple社の場合、見積りを出すまでは基本的に無料でみてくれますので、一度どのくらいの費用が必要なのか、Apple Storeに持ち込んでみてもらうことをおすすめします。もちろん外部の修理業者を利用する場合も、まずは見積りを取ることが大切です。

修理先は比較検討して慎重に決める

Macは人気のある製品なので、外部の修理業者で修理を受け付けているお店も多いです。お店によって費用やサービス内容に違いがあるので、どこにするか決める段階でよく比較することを推奨します。目安として、2~3社くらいは見積もりを取って比較してみると良いでしょう。

修理先を決める時は、値段だけでなくサービス内容や担当者の態度などを総合的に考慮して判断することがポイントです。レビューも参考になります。可能ならば、過去の水没修理事例を見ておくとなお良いでしょう。近年ではHPなどで過去の事例を紹介しているお店が増えています。似たような事例に対応した経験があるなら、安心して任せられる可能性が高いです。

買い替えという選択肢もある

修理費用があまり高額になるなら、いっそ買い替えをする方法も有効です。一般的に新しいモデルほど性能が良くなっています。Macも最新機種の方がより使いやすく改良されている可能性が高いので、修理費用の見積りを比較する時に、新品に買い替えた場合はどうなるかのシュミレーションも加えてみましょう。

もし、買い替えたほうがお得だと判断できるなら、修理ではなく買い替え選択することも賢いやり方です。ただし買い替えの場合は、当然データが引き継げるわけではありません。

水没後のデータは復旧する?

水没時に一番困ることは、データが失われてしまうことです。普段からバックアップを取っておいていないと、データを取り戻すことが難しくなります。水没後のデータが復旧するかどうかはケースバイケースですが、極めて困難と言えます。

もし、修理業者などを利用してデータが復旧したとしても、一度水没していることを考慮して早めにバックアップをとっておきましょう。使い続けることに不安を感じるなら、買い替えするという方法もあります。

水没を防ぐための予防策

一度水没してしまうと、Macに相当な負荷を与えることになります。なるべくなら、水没は避けたいですよね。普段から出来る限り予防策を講じておくことは効果的です。

キーボードをカバーする

まず、キーボードにカバーをしておくと良いでしょう。うっかり飲み物などをこぼしてしまったとしても、深刻なダメージになることを防ぐことが出来る可能性が高くなります。カバーはリーズナブルな価格で販売されていますし、キーボードの上に置くだけなので、設置も簡単です。

近くに飲み物を置かない

また、水気のあるものはMacの近くに置かないこともポイントとなります。飲み物を飲みたいこともあると思いますが、Macの近くに置くことは避けましょう。なるべく離れた場所に置くなど対策を講じておくことで万が一のリスクを軽減することができます。

もし、一度でも水没させた経験があるなら、自分の習慣などを見直して改善を加えておくことを推奨します。保証が効かない上に修理は高額になることを肝に銘じておくと、改善しやすいです。

どうしても近くに飲み物が欲しい時は、しっかりと蓋ができるペットボトルの飲料などを選択すると良いかもしれません。なお、蓋があるものでも、うっかり蓋をしめ忘れていると意味が無いので、気をつけましょう。

スタンドを利用する

スタンドを利用する方法もあります。Apple社の公式サイトでMacアクセサリとしてスタンドが販売されています。うっかり液体をこぼしてしまったとしても、スタンドを使っていれば濡れるリスクを回避できる場合もあるので利用してみても良いでしょう。

使うことで目線が高くなり、体への負担を軽減できることもあります。なお、合わないスタンドを使うと落下の危険性が増したり、逆に体に負担をかけてしまうことがあるので、キチンと自分の使用状況や体の使い方に合ったスタンドを選びましょう。

乾かす時は自然乾燥?ドライヤー?

水没した時は、できるだけ早く乾かすことが一番のポイントとなります。

自然乾燥で乾かして

ある程度水気が拭き取れたら、なるべく自然乾燥で乾かしましょう。早く乾かしたい時はドライヤーを使う手法もありますが、一般的には自然乾燥の方が良いとされています。乾かしている間に、Apple StoreのGenius Barに予約を入れて、出来る限り早めにプロに診断してもらうことを推奨します。

Genius Barの予約方法

Genius Barの予約はアプリから簡単に行うことが可能です。アプリを開き下部にある「ストア」をタップして「Genuis Bar」を選択します。画面が切り替わったら、「予約する」をクリックして予約手続きを済ませましょう。

Genius Barに見せたからといって、その場でApple社に修理に出すかどうか結論付けなくても大丈夫です。「持ち帰ってじっくり検討したい」と申し出れば、問題なく水没したMacを持って帰宅することができます。外部の修理業者にするのか、買い替えにするのかと合わせて、対応を決めると良いでしょう。

水没したMacは直接見てもらおう

Apple社には、カスタマーサポートも用意されています。持ち込む以外にも電話やチャットで質問をすることも可能です。ただし水没は保証対象外のため、実際に商品を手にとって確認できない場合、自費での修理になることを教える以上の詳しい案内が担当者もできない可能性が高いです。

水没範囲によっては軽度の損傷で済んでいる場合もあります。Macが水没してしまったら詳しい人に直接みてもらって、状況を確かめたほうが良いでしょう。

Appleの正規プロバイダは対応してくれる?

近くにAppleの正規プロバイダがあれば、Apple StoreではなくAppleの正規プロバイダへの持ち込みを検討する方もいると思います。しかし、故障理由が水没の場合、「修理対応していません」という返答だけで終了してしまうことが多いので、どの程度の損傷なのかなどを確認したい時は、Apple Storeでみてもらうことをオススメします。

意外な盲点・結露

Macの内部に結露が生じて、水濡れを引き起こしてしまうこともあります。Macに急激な負荷をかけると、本体が熱くなります。エアコンなどを使って部屋の中がキンキンに冷えていると、Mac内部の空気の水分が冷やされて結露が生じます。急激な温度変化を避けられるよう、適度に休憩を入れるなど配慮しておきましょう。

なお、冬場に持ち運んで冷えたMacをあたたかな室内に持ち込んだ時も結露が発生することがあります。持ち運ぶ時はカバーに入れて温度変化に気を配るなど、ちょっとした工夫を行うことが大切です。

水没はいつ誰に起こってもおかしくない

水槽に落とすなどの水没はなかなかないと思いますが、例えば飲み物をこぼしてしまうことも一種の水没です。普段から気をつけていたとしても、何かの弾みに液体をこぼしてしまうこともあります。可能なら定期的にバックアップを取っておくことがオススメです。

いざという時に、万が一データが復旧しなかったとしても、大切なデータをある程度守ることができます。「自分は大丈夫だろう」と気付かず過信していることは危険です。水没はいつ誰に起こってもおかしくないことを考慮しておきましょう。

小さいお子さんなどがいる場合は、あまりお子さんの手に届くところに置いておかない方が良いかもしれません。飲み物を持っている時に、うっかり手が滑ってMacにこぼしてしまうリスクがあることに注意しておきましょう。もっとも大人の場合も、なるべく液体は近づけない方が良いです。

まとめ

Macが水没してしまった時は、まず一番に乾かしましょう。なるべく早く乾かすことでダメージを最小限に抑えることができます。残念ながら水没はメーカー保証範囲外のため、修理費用が発生します。数万~数十万円の出費を覚悟しておいた方が良いでしょう。修理ではなく、買い替えを選択する方法も有効です。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加