MacBookの故障品は売れる!買取相場・査定業者を総まとめ

壊れてしまったMacBookは、買取業者を利用して処分する方法が大変おすすめです。この手段でMacBookを手放した人の多くは、想定外の高額査定により次のパソコン購入がしやすくなっています。またたくさんの買取業者が登場した現在では、驚くほど高い価格でジャンク品MacBookを査定するショップも増えていますので、従来と比べて売却のメリットも高まっていると考えて良いでしょう。今回は、落下や水こぼし等によって故障したMacBook処分に悩む皆さんと一緒に、買取情報や買取相場について確認していきます。


/ Jimmy Benson

故障したMacBookを買取店で売却するメリットとは?

故障したMacBookを買取業者に持ち込むと、下記4つのメリットが得られます。

お金をかけずにMacBookを処分できる

買取業者でMacBookを売却すれば、処分費用がかからないどころか、愛用のパソコンを現金化に繋げられます。買取業者と類似の存在と勘違いされることの多い回収業者では、1台のパソコンに1,000円~3,000円もの処分費用を請求しますので、「回収業者より先に、買取業者に問合せをすること」を徹底するようにしてください。

次のMacBook購入の軍資金が得られる

部品交換後のリユースやパーツ取りを目的とした買取では、損傷が少なく、コンディションの良いMacBookであれば、30,000円~50,000円の高額査定が付くことも珍しくありません。またジャンク品MacBookの買取がスタンダードになりつつある近頃では、次のパソコン購入の軍資金調達目的で高価買取を狙うユーザも多く見受けられるようになりました。

全国どこからでも売却できる

宅配買取や郵送買取サービスの登場した現在では、自宅近くに買取業者のない人でも遠方の業者に故障MacBookを売れる時代となりました。また多くのショップは送料・査定料・振込手数料を無料にしていますので、査定が低くなりがちな故障MacBookであっても気軽に問合せのできる状況と捉えて良さそうです。

現状で売却できる

壊れたままの状態で手放せるMacBookは、オークションなどと比べて遥かにおすすめ度の高い売却法です。首都圏などで行なわれている出張買取サービスを利用すれば、オフィスや自宅に来た査定士が査定済みの故障MacBookをそのまま持ち帰ってもらえます。また良心的な業者では、プリンタなどの周辺機器取り外しも行ってくれますので、パソコンや電子機器関連に疎い人でも簡単に売却のできる時代と捉えて良いでしょう。

地球環境保護に貢献できる

業者によって買い取られたMacBookは、リユース・リサイクルといった形で再利用されます。こういったサービスを行なう業者の存在は、アジア各国で燃やされる電子部品の減量にも貢献していますので、間接的ではあっても地球環境保護や温暖化予防などに役立っていると考えて良いでしょう。

故障したMacBookを買取店で売る方法にデメリットはある?

利点だらけとも言える故障MacBookの買取にも、若干のデメリットや不安要素も存在します。

買取より修理の方が良いケースもある

壊れたMacBookに対して「売却か?修理か?」といった部分で迷いを抱えるユーザにとっては、その方向性がしっかり決まった段階で売却するのが理想と考えられます。特に多くの業者で簡単かつ低コストで修理可能な液晶割れトラブルなどの場合は、「壊れたMacBookを売却したお金で新端末を買う」よりも「非正規店で修理をする策」を選んだ方がユーザにとってのメリットが多いこともあるようです。

業者によって対応が異なる

壊れたMacBookの査定価格や買取基準は、その業者が「どんな故障パソコンを求めているか?」によって大きく変わってきます。買い取ったパーツの販売ルートが豊富な業者では、ユーザにとって価値がないと感じられるMacBookにも想定外の高値を付けてくれることもあるのです。これに対して買取端末の使用目的が限定的なショップでは、買取可能な条件についても狭い傾向があるため、注意が必要です。

宅配買取・郵送買取の場合は梱包が必要

電子機器となるMacBookは、宅配買取や郵送買取を行なう際に「しっかり梱包した上で発送すること」が求められます。特に動作品の場合は、「丁寧な梱包により大事なMacBookの査定額が維持される」とも考えられますので、各業者の梱包キットを使って指示通りの方法で発送するようにしてください。15~17インチの若干大きなMacBookの梱包が苦手な場合は、パソコンバッグに入れて持ち込める店頭買取や、業者が自宅に来てくれる出張買取を利用した方が良いかもしれません。

査定が付かないMacBookも多い

「大雨に濡れた」などの理由でパーツのリサイクルが難しくなったMacBookは、そのほとんどが買取NGになる傾向があります。またユーザによる改造がなされたMacBookについても、脱獄iPhoneと同じように歓迎されにくくなりますので、将来的な売却を考えているなら「買取基準から外れない扱いをすべき」と言えるでしょう。出張などでMacBookを持ち歩く機会の多い場合は、防水性やクッション性の高い専用ケースやパソコンバッグを活用するようにしてください。

壊れたMacBookを高く売るために実践して欲しいこと

これから紹介する5つのポイントを心掛けて売却に向けた行動を起こすと、ジャンク品扱いのMacBookでも高価買取に繋がりやすくなります。

日頃から大事に扱う

MacBookの外側に付いた傷や汚れは、買取額を下げる要因となります。また明らかに乱雑に扱われているMacBookは、「他にも故障箇所があるかもしれない」という疑念により高価買取に繋がりにくい特徴があるため、注意が必要です。こういった状況を回避するためには日頃からMacBookを丁寧に扱い、専用クロスやエアダスターなどを使ってキーボードや液晶パネルの掃除をしておくべきと言えるでしょう。

自分で行なう修理や改造は絶対にNG

故障MacBookの買い取りサービスは、基本的に「純正部品の再利用目的」で行われるものです。ユーザがAmazonやifixitなどから調達した部品が入っている場合は、「改造品」と見なされて買取NGになってしまうこともあると言われています。また非正規店で修理されたパソコンにも、その大半に海外製の再生パーツが使われていますので、MacBookの将来的な売却を考えているなら、Apple Storeや正規サービスプロバイダなどで修理をした方が高値に繋がりやすいと言えるでしょう。

壊れたらなるべく早く売却する

1年に何度か新モデルが登場するMacBookは、査定がつくうちに売却するべき商品です。「時間ができたら売却しに行こう」といった楽観的な考えでMacBookを放置しておくと、いざ査定依頼をした時に高値で売れなくなってしまいます。また故障MacBookの場合は、中古の半値以下になることがほとんどですので、新品や中古品よりも早めに行動を起こすべきだと言えるでしょう。

4~5社に問合せをしてみよう

業者によって基準やニーズの異なる故障MacBookは、なるべく多くのショップに問合せや査定依頼をすることが必要です。この作業をしっかり行なうことで買取相場を把握できたユーザは、納得の価格でMacBookを手放しやすくなります。また幅広い業者が提示する価格を把握が相見積もりにもなりますので、故障MacBookの売却で高額査定を狙うなら最低でも4~5社に問合せをするようにしてください。

価格交渉もおすすめ

コンディションの良いMacBookの場合は、液晶割れなどのトラブルが生じていても高価買取対象になると考えられます。またより良いMacBookを集めたいと考える優良業者では、他社の金額を伝えることで査定額のアップにも対応してくれますので、相場を把握した上でショップの査定士とコミュニケーションを図ってみても良いでしょう。

故障したMacBookの買取に積極的な業者と買取相場 まとめ

ここからは、壊れたMacBookの買取を行なう業者の実績から、この商品の買取相場と注意点について確認していきたいと思います。

成田也

http://iphonesyuuri-naritaya.com/

高田馬場、横浜西口、仙台、心斎橋に店舗を置く成田也は、壊れたMacBookの買取実績が大変多い業者です。液晶割れ・漏れが生じたMacBook Proには、20,000円~50,000円の査定が付いたこともあるようです。またバラバラに分解されたMacBookについても、パーツ取り目的で15,000円~20,000円の査定を付けてくれますので、どんな見た目であっても持ち込む価値の高い業者と考えて良いでしょう。

MacRepair.jp

http://mac-repair.jp/kaitori.html

MacRepair.jpでは、比較的コンパクトなMacBook Pro13インチ~15インチ、MacBook Airの11インチ~13インチを強化買取機種にしています。買取実績を確認してみると、水没により電源が入らなくなった端末に25,000円の査定が付いたこともあるようです。またキーボードとロジックボードの故障により不動品になったMacBookにも、2,000円の査定を付けた実績があります。

ジャンクバイヤー

http://junkbuyer-mac.com/

ジャンクバイヤーは、壊れたMacBookの症状を詳しくヒアリングしてくれる良心的な業者です。ロジックボードが壊れていて、ユーザによってHDDが取り外されたMacBook Proの13インチには、28,500円もの高額査定がついた実績があります。また現在では需要がなくなってしまった液晶割れの13インチ A1181にも、2,500円の査定を付けていますので、古いパソコンでも持ち込みやすい業者であると言えるでしょう。

Mac買取ネット

https://www.mac-kaitori.net/junk/

Mac買取ネットは、「MacBookを高く売るためのポイント」を公開している良心的な業者です。故障品については、一般の買取店では歓迎されにくい水没や電源が入らない、HDD異常といったトラブルでも買取対象としています。また問合せ専用フリーダイヤルは年中無休となっていますので、「こんなMacBookでも大丈夫?」といったことを気軽に聞ける業者と言えそうです。

ジャンク品ドットコム

http://junkhin.com/

ジャンク品ドットコムは、その名のとおり壊れたMacBookを高価買取してくれる業者です。このショップのサイトには、査定可能となるMacBookの症状が一覧で公開されていますので、直接問合せをする前に「自分のMacBookは買取対象となるのか?」をおおよそ確認できると言えるでしょう。そんなジャンク品ドットコムでは、メモリやHDDが無いMacBookでも大歓迎してくれます。

パソコン買取屋

http://hotpcb.sakura.ne.jp/kaitori.html

個人事業主によって営まれているパソコン買取屋は、こまわりのきくサービスで定評のある買取業者です。水こぼしによって動作不能となったMacBook Airには、2015年に22,000円を付けた実績があるようです。またハードディスクを認識しない2007年モデルの古いMacBookにも5,000円弱の査定を付けていますので、時代遅れのパソコンでも問合せのしやすいショップと言えるでしょう。

ヤマトク

https://yamatoku.jp/sell/pckaitori/

「詰めて、送って、すぐ入金」のコンセプトで知られるヤマトクも、発売から5年以内のMacBookであれば確実に査定を付けてくれる専門店です。MacBookなどのノートパソコンを売却する場合は、「ACアダプタが付いていること」が買取条件となります。ヤマトクでは郵送査定用の買取キットも無料で用意していますので、ジャンク品MacBookの持ち込み先の少ない地方都市の皆さんでも利用しやすい業者になることでしょう。

パソコン買取 ロジック

http://www.pc-kaitrilogic.com/

累計買取実績10万件を突破したロジックは、MacBookを中心としたパソコン、iPhoneなどのスマホ、iPadなどのタブレットを歓迎する買取専門店です。自社の技術者が丁寧に修理や調整を行なうロジックでは、多くのユーザが廃棄処分を考えるMacBookにも良心的な価格を付けてくれます。また総合リユースセンターを持つことで、幅広い故障MacBookの買い取りを可能としていますので、業界きっての高価買取を狙って問合せをしてみても良いでしょう。

ジャンク品パソコン買取ドットコム

http://www.junkhinpc.com/

ジャンク品パソコンを積極的に買い取るこのショップでは、他店との価格比較を大歓迎しています。壊れたMacBookの買取実績についてはサイト内で多数公開されていますので、問い合わせ前に確認してみても良いでしょう。福岡市内であれば、無料で出張買取サービスも行っています。

デジックス

http://www.digixweb.com/

デジックスは、壊れたパソコン買取を積極的に行なう話題の専門店です。サイト内の「買取掲示板」にMacBookの症状やスペックを投稿すると、その情報を確認したスタッフが買取相場を返信してくれる仕組みとなっています。書き込み時には個人情報を登録する必要は一切ありませんので、敷居の低い問合せ先を求める人には特におすすめのサイトと言えるでしょう。そんなデジックスの掲示板には、ノイズの入るiMacに10,000円~25,000円の査定を付けたコメントが書かれています。

ラックフュージョン

http://www.luck-fusion.com/sample_kai.html

ラックフュージョンは、壊れ品、故障品、欠品ありのMacBookでも歓迎してくれる人気業者です。実際に持ち込まれた故障例の中には、「本体角部の破損」や「バックライト故障」、「液晶パネルが暗い」といった症状のMacBookも並べられています。またラックフュージョンでは、水没や落下MacBookの相談も受け付けていますので、幅広いトラブルに対応してくれる業者と位置付けて良いでしょう。

高く売れると評判の「家電のケンちゃん」

020151115125122

http://hikakaku.com/company/家電のケンちゃん/

秋葉原に店舗を構える家電のケンちゃんは修理も自店舗で可能なため、ジャンク品の買取額が非常に高いのです。無料見積もりで故障に応じた査定額を教えてくれます。無料見積もりはこちらから可能です。

まとめ

突然の故障によって使えなくなったMacBookも、今回紹介した11の業者に持ち込めばスムーズに現金化ができます。またメモリやハードディスク容量の大きなMacBookは、液晶割れなどが生じていても高価買取の対象となりますので、スペックの高いモデルを買うこともパソコンを高値で売る良策になると言えるでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください