iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

MacBookが故障したときの修理対応

お気に入りのMacBookだからこそ、毎日使っていれば、そのうち故障箇所も出てきます。そんなとき修理すればいいのか、新品に買い替えするのがいいのか、よく考えないと損をすることもあります。そこでMacBookの故障修理について見て行きましょう。


MacBook Pros / benjamin-nagel

MacBookが故障したときの対応

MacBookが故障したときは、どの箇所が故障しているのかを知ることが大切です。また、トラブルシューティングを見て、自分で解決できる場合もあります。それを見てもわからないときは、Appleサポートに問い合わせてみるといいでしょう。もし、Apple直営店に修理を依頼するなら、Apple正規サービスプロバイダまたはApple Store直営店に持ち込むといいでしょう。

Appleには、90日間の無償テクニカルサポートと1年間の限定保証がついています。さらに手厚い保証を求めたいなら、AppleCare Protection Planに加入し、3年間の保証を受けることができます。

MacBookの修理の流れ

修理をするのは、できえば「Genius Bar」に予約してApple Storeに行くか、「アップル正規サービスプロバイダー」に持ち込むことになります。しかし、直営店は、全国の主要都市にしかないので、正規の修理業者「アップル正規サービスプロバイダー」に依頼するパターンが多くなります。どちらも近くにないという場合は、集配サービスを利用してAppleにMacBookを送って修理してもらうことになります。できれば、正規保証かAppleCare Protection Planに入っていると無償修理が受けられる可能性が高くなります。

一般修理業者なら、格安で修理を受けられますが、正規保証が切れてしまうので注意してください。

MacBookの修理代はそれほど高くない

Macの修理代は以前はかなり高額で、直営店で修理するよりも新品を購入したほうがいいケースもありました。しかし、現在は修理代の請求が段階によって分類され、その段階での請求額が決まってしまう仕組みになっています。そのため、べらぼうに高くなることはなく、一番高い修理箇所の修理代が適用され、それ以外の部品には適用されなくなります。

たくさんの部品を交換修理しても、決して高額になることはないようです。ただし、落下や水没といった保証範囲外の修理は、10万円以上になる可能性も高く、見積り金額を聞いてから、MacBook新品購入を考えても遅くはないでしょう。

まとめ

MacBookの基本的な修理代はそれほど高くありませんが、保証範囲外の落下や水没の修理代は10万円以上になることもあり、新品購入のほうがいいでしょう。できれば、AppleCare Protection Planに入っておきたいところです。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加