iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

MacBookのスピーカー修理代はどのくらい?

スピーカーが壊れてしまうと、心地よいサウンドが楽しめず困ってしまいますよね。MacBookの場合はどのくらいの修理代がかかるのでしょうか?修理代に関する情報を中心に調べてみました。気になっている方は、参考にしてみてくださいね。

MacBookのスピーカーが壊れたら修理代はいくら?

純正で正規店から購入したMacBookの場合、1年間のメーカー保証が付いています。一般的にスピーカーの故障は保証対象内なので、保証期間が残っているなら無料で修理対応を受け付けてもらえます。MacBookのスピーカーが壊れたら、まずは保証が適応できるかどうかチェックしてみましょう。

保証期間がどのくらい残っているか調べるには手元の保証書を確認する方法もありますし、Apple社のHPにある「保証状況の確認」のページから調べる方法もあります。保証が適応できるなら費用もかかりませんので、積極的な活用が推奨できます。

保証が適応されないこともある

液体をこぼしてしまってからスピーカーの調子が悪いなどの理由がある場合は、保証が適応されないこともあります。不安がある時は、カスタマーサポートに相談してみましょう。

カスタマーサポートへの連絡方法

チャットや電話で問い合わせをする方法だけでなく、持ち込みでみてもらうことも可能です。持ち込む時は、Appleの正規プロバイダに相談する方法もありますが、Apple Storeの修理専門窓口であるGenius Barの利用が一番オススメできます。

Genius Barとは?

Genius BarはApple社製品にとても詳しいプロが揃っています。簡単な修理であればその場で対応してもらうことも可能です。もし保証適応外だったとしても、みてもらって修理費用の見積りを貰うだけなら無料で対応してくれますので利用してみると良いでしょう。

なお、Genius Barは基本的に飛び込みOKですが、たいてい混んでいます。確実な方法としては事前に予約してからの利用を推奨します。保証適応外のスピーカー故障の場合は、Apple社に費用を払って修理依頼をするか、外部の修理業者を利用することになります。

外部の修理業者を利用した場合の費用とは?

保証期間が過ぎていたり、保証適応外のスピーカー故障である時は、外部の修理業者を利用する手法も効果的です。ただし、費用は発生します。修理費用に関しては、故障の度合いや製品の状態にもよるので、一概に言うことはできません。

確実な費用を確認したいなら見積りをもらいましょう。比較するために、2~3社程度の見積りを取得することを推奨します。修理業者によって価格設定やサービス内容は異なりますので、よく比較して一番納得できる業者を選ぶことが肝心です。修理した後も可能な限り長く利用することを考えて、信頼できる修理業者を選択しましょう。

中古で購入したMacBookなら?

近年では、メルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどのネットオークションでMacBookが購入できることもあります。ただし、中古品にメーカー保証は付いていません。

スピーカーが壊れた時にApple社では対応してもらえないので、利用は慎重に検討しましょう。多少費用がかかっても、手厚いサポートがある新品の方が安心できる可能性は高いです。また中古品の場合、新品よりも故障リスクが高いことがあります。個人間での取引ですと、トラブルに発展してしまう危険性もあるので気をつけましょう。

買い替えという選択肢も視野に

保証が適応されて無料で直れば良いですが、修理費用がかさむなら、いっそ買い替えという選択肢も有効と言えます。電化製品は、新しいモデルほど高性能になっている可能性が高いです。多くの場合、買い替えることで、より快適にMacBookを楽しむことができます。

買い替えをする時は、補償範囲などを確認しておくと良いでしょう。例えばAppleCare+に加入していれば、基本1年のメーカー保証を最大3年まで延長することが可能です。サポート担当スペシャリストによる電話サポートが受けられるという特徴もあります。以前のPCでよく故障を経験したという方などは、加入を検討してみると良いかもしれません。

修理に出す時は事前のバックアップを忘れずに

保証が適応された修理であっても、記憶媒体などに保存されているデータや情報の損失に関してはApple社は責任を負っていません。失いたくないデータは、事前にバックアップを取っておくことが有効です。

なお、普段から適度にバックアップを取っておくとより安心できるでしょう。外部の修理業者を利用する場合も、事前にバックアップをとっておくことを推奨します。

音が聞こえない時、相談前に試したい対応策

Macの内蔵スピーカーから音が聞こえない時は、macOSが最新バージョンではないことが関係している場合もあります。まず、macOSのバージョンを確認してみましょう。重要なデータのバックアップをとった上で、Macのソフトウェアをアップデートを実行してみてください。この段階で、音が出るようになることもあります。

もし、Macのソフトウェアをアップデートしても音がでない時は、サウンド設定を確認してみましょう。外付けのオーディオデバイスを取り外した上で、 メニューから「システム環境設定」を選び、「サウンド」を選択して、「出力」タブの「内蔵スピーカー」を選択します。音量スライダを調整したり、消音になっていない確認してください。症状が改善しない時や、「内蔵スピーカー」がオプションとして表示されない時は、Apple社のカスタマーサポート相談してみましょう。

ネットの情報が活かせることもある

MacBookは人気商品です。国内にたくさんのユーザーがいます。近年では、個人的なブログなどで困った時の対処法などを詳しく紹介する人も増えてきました。信用できる情報かどうか確かめる必要はありますが、ネットの情報を活かして問題の解決に挑む方法も有効です。

ただし、分解をするようなものは行うかどうか注意して決めましょう。個人が一度でも分解してしまうと、保証適応外になります。不安なら早めにApple社のカスタマーサービスを利用することがオススメです。特に持ち込みはApple社の商品に精通したプロにみてもらえるという安心感があります。

カスタマーサポート相談する時のポイント

カスタマーサポートに相談する時は、事前にある程度の情報を整理しておくことが有効です。

事前にまとめておきたい情報は

MacBookの購入日や購入店舗、スピーカーが壊れた日、試してみたことなど、わかる範囲の情報をまとめておきましょう。担当者との話がスムーズに進めば、より早く問題が解決できる可能性が高まります。

初めての問い合わせで何が聞かれるのかよくわからないという方も多いでしょう。その場合は、必要そうなものをすぐに確認できる位置に用意しておく方法が推奨できます。担当者の指示に従って確認を進めることで、問題が解決できる場合もあります。

話が進まないなら…

また、もしも担当者との相性が悪く、上手く話が噛み合わないなら、一旦切って問い合わせし直すという方法が効果的です。

Apple社の担当者はキチンとした教育が行き届いていますが、人間ですので相性が悪い人に当たってしまうこともあります。別の担当者にしたら打って変わってスムーズに話が進んだという事例もあるので、参考にしてみてください。

カスタマーサポートへの相談が不安な時は?

チャットや電話での問い合わせが不安な方は、直接商品を持参してみてもらう持ち込みを選択すると良いでしょう。その場で話が進みますし、個人でも見落としてしまう詳細なポイントまで、プロの方にしっかり確認してもらえます。

持ち込みを利用する時も、必要そうな情報が書かれた書類などはまとめて、すぐ確認できるように一緒に持参することがオススメです。

郵送対応という道もある

カスタマーサービスに問い合わせをしたり、持ち込みをした時、郵送を勧められることもあります。郵送の場合、Apple社指定の配送業者にMacBookを運んでもらって、スピーカーの修理が終わったら返還される流れです。

Apple社は修理対応が早いので、だいたい5営業日で返ってくることが多いでしょう。先に持ち込みをして、保証が適応されるかなどを確認してもらった後、その場で直せないようなスピーカー故障なら郵送対応に切り替える方法もあります。

なお、郵送した後の修理状況は、修理先によってオンラインで確認可能です。Apple社のHPから随時みておくと状況把握ができ安心できるでしょう。

気になることは早めの対処が肝心

いきなり壊れてしまうこともありますが、前兆が確認できる場合もあります。例えばスピーカーから異音がするなど、通常と違う違和感が生じている時は、使用を中止して早めに対処することが肝心です。

先にバックアップを取った上で、取扱説明書を参考に不具合の解消方法を試したり、信頼できる人にみてもらうなどの対策を行うと良いでしょう。ダメージが少ない内に対処できれば、より早く、後にも響かない形で修理を済ませられる可能性が高いです。

まとめ

MacBookのスピーカー修理は、保証サービス内なら基本無料で対応してもらえます。自分のMacBookの保証期間を事前に確認しておくと良いでしょう。保証期間の確認はApple社のHPからもできます。

保証サービス外の場合はお金はかかりますが、Apple社の修理サービスを利用するか、外部の修理業者を利用するか選びましょう。見積りを数社取得し比較してから利用するところを選ぶことが肝心です。

もし費用の負担が大きいなら、いっそ買い替える方法も有効です。買い替えることで、より快適なMacBookを手にいられる場合もあります。修理に出す時は、事前にバックアップを済ませておきましょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加