iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

オフィチーネパネライ腕時計の故障に対する保証・修理情報まとめ

オフィチーネパネライは、1860年にジョヴァンニ・パネライによって設立されたイタリア(設立当時はフィレンツェ)の高級時計ブランドとなっています。現在は、時計の他に、温度計や湿度計、気圧計も生産しています。

オフィチーネパネライは、ロレックスから防水ケースのノウハウやムーブメントの供与を受けることで、1936年に軍事用のダイバーズウオッチである「ジオミール」を試作、1938年に製品化したことで、時計の販売を開始することとなりました。しかし、それまでは軍事用の時計を専門として製造していましたが、東西冷戦の終結に伴い、1993年より一般向けの時計の製造、販売を開始しました。そのため、一般向けとしては歴史の浅いブランドとなっています。今回は、そんなオフィチーネパネライの修理情報、保証情報についてまとめてみました。


Tan python leather strap on Marina Militare #2 / GuySie

オフィチーネパネライが故障してしまったら

オフィチーネパネライは、軍事用時計を作成していたノウハウから、自社製のムーブメントを使用しています。そのため、比較的複雑な構造をしている機械時計となっていますので、継続して使用するためには、定期的な点検とオーバーホールが必要不可欠となります。

しかし、オフィチーネパネライでは、点検費用やオーバーホールの費用は公開されていません。

過去に、オーバーホールを依頼した方の情報を基にすると、手巻きや三針自動巻きの場合は64,000円~71,500円、クロノグラフは83,000円、アラームは89,500円、8日巻きは89,500円となっています。もともと軍事用で非常に高性能な時計ではありますが、オーバーホールの代金他の高級腕時計メーカーよりも高い値段設定となっています。この値段設定は、高級腕時計メーカーの中で最も高いと言われており、オフィチーネパネライを持つのであれば、維持費を覚悟しなければなりません。

このオーバーホールですが、時計店での料金は、一例ですが、手巻き、自動巻きが23,000円(新品仕上を含むと30,000円)、クロノグラフが41,000円(アラーム、8日巻きは用見積もり)という店舗もあるようです。比較するとわかる通り、メーカーでのオーバーホール料金と比べて、約半分とリーズナブルな価格設定となっています。

メーカーでオーバーホールを行うことで、純正部品を交換することができますが、時計店では代替品での交換となるというデメリットはあります。しかし、その分価格が抑えられていますので、価格か品質かによって、オーバーホールを行う先を検討する必要があります。

なお、ここで紹介しているオーバーホールの料金は、特に注意書きを行っていない場合、オーバーホールのみの価格となっています。オーバーホール中に見つかった部品の交換については、その部品代が別途必要となります。例えば、パッキンであれば1,000円程度、ぜんまいであれば8,000円程度となります。

保証内容・保証期間

オフィチーネパネライには、メーカーの保証として2年間の保証期間が設けられています。これは、アメリカ、カナダで購入したものを除く保証期間で、アメリカ、カナダで購入したオフィチーネパネライの保証期間は1年となります。

オフィチーネパネライのオーバーホール工程

オフィチーネパネライは機械式時計となりますので、ムーブメントの分解清掃を欠かすことはできません。使用されている潤滑油が3年から4年程度で油切れや油汚れが発生するため、その程度の期間ごとにオーバーホールを受けなければなりません。

一般的にオーバーホールは以下の手順で実施されます。

①ムーブメントの分解
オーバーホールを行うためには、すべてのパーツを分解します。そのため、オフィチーネパネライの場合は、オフィチーネパネライ専用の器具で時計の裏蓋を開けてムーブメントを取り出し、1つ1つのパーツに分解していきます。

②ムーブメント、ケース、ブレスの洗浄
1つ1つのパーツに分解したムーブメントは、ムーブメント専用の超音波洗浄機を使用して、付着していた汚れや金属粉を洗い流します。同時にケースやブレスについても、超音波洗浄機を使用して、きれいに洗浄していきます。

③部品の交換
使用している部品に破損や劣化が無ければ問題はありませんが、一部の部品に破損や劣化が見られた場合、その部品を新しい部品に交換します。この際、交換する部品は、メーカーのオーバーホールの場合は必ず純正品となりますが、時計店で修理を行う場合は、純正品が手元にある場合は純正品を使用しますが、なければ代替品を組み込むこととなります。そのため、交換する部品によっては、精度が変化する可能性があります。

④ムーブメントの組み立て
1つ1つのパーツに分解したムーブメントを組み立てます。技術力が不足している職人さんが行った場合、組み立ての際に各パーツを摩耗させてしまう事がありますが、十分に経験を積んだ職人さんであれば、摩耗を最小限に抑えることができます。
組み立ての際には、専用の潤滑油をパーツごとに使い分けてさしていきます。

⑤精度調整
ムーブメントを組み立てた時点で、精度測定器を使用し、0.001ミリ単位の微調整を行うことで高品質を維持します。

⑥組み立て
精度調整まで完成したムーブメントをケースに収めます。ケースやバンドの新品仕上を行う場合は、この組み立て作業までに研磨を行います。

⑦防水検査
防水検査機で防水性能が十分に満たされていることを確認します。

⑧巻上機による精度確認
組み立てた時計は数日間、精度の確認と自動巻機能が作動しているかどうかを実測テストします。

⑨最終点検
最後に、もう一度精度機で精度をチェック、人の目で新品仕上のクオリティを確認して、問題なければ完成となります。

まとめ

オフィチーネパネライは、もともと軍事用の時計を製造していただけあって、その精度には非常に定評があります。しかし、機械式時計においては必須のオーバーホールの料金が非常に高く設定されており、高い維持費が必要となってしまいます。

他の時計店においては、オーバーホールの料金は約半分と、リーズナブルに抑えられる一方、純正品以外の部品が使われる可能性があるというリスクも懸念されます。しかし、他の時計店においても、純正の部品は十分にストックを保有しているお店も多々あるようで、純正部品を入手することは容易なようです。そのため、メーカーで修理を行うメリットの一つはこれで損なわれます。

他にもメーカーでオーバーホールを行うメリットとしては、技術力にたけた職人さんにオーバーホールをおこなってもらえるというものもあります。実際に時計を製造しているメーカーですので、ある一定以上の技術や知識は有していると判断することができます。

この点については、修理をおこなう時計店を十分に吟味しなければなりません。メーカーの職人さんよりも技術、経験、知識のすべてにおいて優れた職人さんは多数いらっしゃいます。そういった腕のある職人さんに依頼することで、メーカーでのオーバーホール以上の精度を確保したオーバーホールを行っていただくことも期待できます。

オフィチーネパネライは、メーカー修理の費用が他の高級時計ブランドよりも高額であるため、時計を維持するオーバーホールをどうしていくのかについても、購入時点で検討しておくほうが良いでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加