iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

オリンパスのレンズが故障した時の修理・メーカー保証情報

カメラユーザーからも絶大な支持を受ける、日本の光学機器・電子機器メーカー「オリンパス(OLYMPUS)」。初心者からプロ級の腕を持つ方まで、多くの方がオリンパスのカメラレンズを使用しています。信頼できるカメラレンズだからこそ、急な故障に見舞われたら非常に困ってしまいますよね。ここでは、オリンパスのレンズが故障した時の修理情報について詳しく紹介していきます。


Calgary Alberta Olympus E420 DSLR with 40-150mm and 70-300mm Zoom Lenses Size Comparison / Calgary Reviews

オリンパス製レンズの修理情報

それでは、オリンパスのレンズが壊れてしまった際の修理情報を紹介します。オリンパスは、自社製品が故障した際に送付修理・持込修理。引取修理の3つの修理依頼方法を用意しています。それぞれの修理方法について、詳しく見ていきましょう。

送付修理

送付修理は、ユーザーが自身で故障レンズの梱包を行いメーカーに修理品を送付する方法です。都合に合わせて好きな時間に修理依頼が出せますので、忙しい方に適した方法だといえるでしょう。

まずは、ホームページにて修理依頼を行います。送付先としては、オリンパスの修理センター及びサービス拠点を選ぶことができますので、ご自宅に近い場所を選択して下さい。(八王子、札幌、大阪、博多が選択可能)その後、製品分野・製品名種・製品型番を選択して、故障の症状と保証期間の有無・シリアル番号の入力を行います。すべての入力が終わったら、表示される画面に従って製品を送付先に送りましょう。修理にかかる期間は、おおよそ7営業日だそうです。保証期間の無償修理に限っては、送料が無料。その他のものに関しては1000円の送料負担が必要です。費用の支払いは修理完了後の代引きとなりますので、現金を用意しておきましょう。修理期間は約1週間です。

引取修理(ピックアップ)

引取修理は、オリンパス指定の宅配業者がご自宅に梱包用資材を持って来てその場で預かってくれるシステムです。面倒な梱包作業が嫌だという方には最もオススメな方法だといえるでしょう。

ホームページもしくは電話で依頼を行い、引取希望日時と時間帯を伝えればあとは自宅で宅配業者の到着を待つだけ。時間の都合が付けられるのであれば簡単に修理することができますよね。サービス使用料金は、保証の有無にかかわらず製品1つごとに全国一律で1500円がかかります。修理不可・再修理の場合でもサービス料金がかかるということは理解しておきましょう。費用の精算に関しては修理完了後、宅配業者へ直接サービス料金と修理料金を払うシステムとなっています。修理期間は約1週間です。

持込修理

各地のサービス拠点に、直接故障レンズを持ち込む方法もあります。お近くにサービスセンターがある場合は便利な方法かもしれませんね。持ち込み先は、東京・札幌・大阪・福岡のいずれかになります。詳しい場所に関してはホームページを参照して下さい。持込の場合も事前に申込んだ上、電話で混雑状況を確認しておきましょう。

持込修理の場合、軽度の故障は即日で修理してくれる可能性もあります。場所によってはクレジット払いも可能なので、修理期間の目安と支払い方法に関しても各拠点に問い合わせてみて下さい。

修理費用の相場

修理費用は、商品・故障状況によって異なってきます。ホームページに記載されている目安金額を見る上では、他社製品よりも比較的安値での修理が可能になっているようです。以下、目安金額となりますので確認しておきましょう。(2016年11月3日現在)

マイクロフォーサーレンズの場合
露出関係の故障 7000円〜10000円
通信関係の故障 7000円〜11000円
ピントの故障  7000円〜12000円
マウントの変形 7000円〜13000円
レンズ内清掃  7000円〜14000円

修理業者への依頼

また、メーカーへの直接依頼の他に一般の修理業者やカメラ販売店に修理を依頼することも可能です。先述したメーカーへの修理依頼とは方法が異なりますので詳しく見ていきましょう。

中古販売店やAV機器取扱店へ依頼する

依頼先としてはカメラやAV機器を取り扱っている店舗や、中古販売を行っている店舗が挙げられます。特に中古販売をメインに行っているカメラ店は、買い取りの際に自社で修理・メンテナンスを施しますので対応してくれる可能性が非常に高いです。修理方法としては、店舗への持込・インターネットや電話での郵送依頼と各ショップが定めている方法に従ってください。お近くに馴染みのショップがあるのであれば、そこで依頼するのが一番かもしれませんね。

修理費用

修理費用に関しては、メーカーの相場と異なります。オリンパスは修理費用も比較的安いですが、修理業者も同等かそれ以下の費用を提示している場合が多いです。メーカーだけではなく多くの修理業者を比較して、最もオトクな場所に依頼するのが一番でしょう。

保証期間を確認

それぞれの店舗が定めている保証期間に関しても、選択の際の参考にして下さい。修理後の不具合に関して保証を定めていないと、費用が倍かかってしまい無駄な出費につながってしまいます。基本的には6ヶ月以上の保証期間を定めているかどうかを目安に考えるといいですよ。

まとめ

比較的安値のラインナップが揃う、オリンパスのレンズシリーズ。メーカー、業者いずれに修理依頼するとしても店舗間の比較を行うのが最も大切なプロセスです。上記を参考に、愛用している方は故障時の対応方法もしっかり心得ておいてくださいね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加