iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

パソコンを修理するのはメーカー?家電量販店?メリット・デメリットもまとめてみた

パソコンを仕事や家庭で使う方は多く、手放せないという方も多くいるかと思います。そんなパソコンが突然故障してしまったら大変不便ですよね。しかし、修理に関する要望は様々。「修理費用を安く済ませたい」「できるだけ早く直して欲しい」など色々あるかと思います。

今回はパソコンの各量販店の修理費用の比較やについてまとめたので、お困りの方はぜひ参考にしてみてください。ただし、今回紹介するパソコンはWindowsPCとなるので注意してください。

パソコンはどこで修理すればいい?

まずパソコンはどこで直せば良いのでしょうか。パソコンを修理する方法は大きく分けて「製造メーカー」「家電量販店」「修理ショップ」の3つに分けられます。以下で3つの特徴を簡単に紹介していきます。

製造メーカー

1つ目は、製造メーカーに依頼する方法です。製造メーカーとは、パソコンのメーカーを指します。例えば、富士通・ダイナブック、Lenovo、Panasonicなどがあります。

製造メーカーの場合、商品自体に保証期間を設けているメーカーがほとんどです。保証期間は保証書に記載されているので、まずは保証書を確認してみましょう。だいたいのメーカー保証期間は1年となっており、保証期間内であれば安く修理をすることが可能です。

家電量販店

2つ目はパソコンを購入したお店に修理を依頼する方法です。特にヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ノジマ電気などの有名な家電量販店は持ち込み修理に対応しており、親身に相談に乗ってくれるところが多いです。

また、量販店独自の保証サービスもあるので、加入していれば安く修理を行うことができます。例えばヤマダ電機の保証サービスの加入料金は購入額によって異なります。3万円以上の商品を購入した場合は商品購入代金の5%が加入料になり、1万円以上3万円未満の場合は1,000円となっています。

修理ショップ

3つ目は修理ショップに修理を依頼する方法です。こちらはメーカーの保証期間がすぎてしまった方や家電量販店の保証サービスに加入していない方におすすめです。

修理ショップは店頭持ち込みはもちろん郵送修理にも対応しているため、自宅にいながら簡単に修理依頼をすることが可能です。また、店頭に持ち込めば、最短で当日には修理が完了してしまうこともあるようです。メーカーの修理期間は長いことが懸念点ですが、修理ショップはすぐにお手持ちのパソコンが戻ってくるので時間がない方におすすめです。

修理料金・修理時間の比較

次に上記で紹介した3つの修理方法の料金を比較していきます。ただし、以下で紹介する料金は故障状態・パソコンのモデル・お店によって前後します。あくまで参考にし、詳しい情報は実際に各ショップに問い合わせてみましょう。

液晶(画面が暗い)の料金比較

メーカー量販店修理ショップ
約50000円約40000円約9000円

DVDの読み込みができない

メーカー量販店修理ショップ
約40000円約50000円5000円

キーボードが打てない

メーカー量販店修理ショップ
約15000円約15000円約6000円

修理料金を比較して

上記で料金の比較をした結果、メーカーと家電量販店は多少の料金差はあるものの、概ね同等の料金であることが多いようです。一方で修理ショップは格段に費用が安いことがわかります。中には半額以下の料金もあります。料金をみると、修理ショップはダントツで費用を抑えることができるでしょう。

3つのメリット・デメリット比較

メーカー・量販店・修理ショップのPC修理料金を比較したところで、次はそれぞれ3つのメリット・デメリットをまとめて紹介します。パソコン修理をどこに依頼しようか迷っている方は、ぜひ比較してみてください。

各修理方法の期間や費用、サービス内容一覧

メーカー家電量販店修理ショップ
見積もり期間7〜10日程度7〜10日程度即日対応
修理期間3〜7日程度3〜7日以上即日対応
料金
修理依頼方法電話申込orサイト電話申込電話申込orサイト
データの有無初期化初期化データ保持
修理後の設定有り有り無し
代替機の貸出有り有り無し
安心感

メーカーのメリット

まずはメーカーのメリットとデメリットを紹介します。

メーカーの最大のメリットは「安心感」です。特に大手メーカーはアフターサービスを手厚く行なうことで、さらなる顧客の獲得へと繋ぐようにしているため、修理の丁寧さは確実に良いでしょう。パソコンにあまり詳しくない方でも、丁寧に修理内容を説明してくれるので安心して納得して修理を任せられるでしょう。

また、純正品のパーツを使って修理をしてくれるため、その後の不具合を格段に防ぐことが可能になります。さらにどのメーカーでも、基本的に代替機の貸し出しを行なっているので、パソコンが手元にないと困るという方にとっては大変便利ですね。

メーカーのデメリット

一方のメーカー修理のデメリットは修理費用が高いことです。保証期間中であれば割安で修理を受けることが可能ですが、期間をすぎてしまうとどうしても修理費用が跳ね上がってしまいます。

また、修理費用も実際に見積もりをしてみないとわからないことが多いので、あらかじめ明確な料金を把握することが故障内容によっては難しくなります。代替機の貸出も行なっているところがありますが、その分修理期間も長いことが懸念点に挙げられます。

さらにメーカーのPCパーツの保存期間が3年と定められているところもあるため、3年以上前のモデルのパソコンは修理を断られてしまう可能性が高いです。

各メーカーの修理に関するページ

家電量販店のメリット・デメリット

家電量販店の修理は、修理依頼を受けてからメーカーへ修理依頼をするので、基本的に家電量販店のメリット・デメリットはメーカーと同様に考えて問題ないです。

家電量販店のメリットは、再度パソコンが同じ不具合を生じた時に、メーカーにしっかり報告をしてくれることです。デメリットとして量販店からメーカーに修理を依頼するので、メーカーよりもさらに修理期間が長くなってしまうことが挙げられます。また、家電量販店もサイト内に修理料金を明確に記載しているところがあまりないので、具体的な費用を知るのには少し時間がかかってしまいます。

各家電量販店の修理に関するページ

修理ショップのメリット

修理ショップのメリットは公式サイトに修理費用と修理期間がしっかり明記されていることです。修理ショップは、メーカーや家電量販店のように専門の修理工場に発送されてから修理をするのではなく、店頭で修理を行なってくれるので故障内容によっては即日で対応してくれることが多いです。そのため、自分のパソコンがすぐに使えないと困るという方にとって大変嬉しいですね。メーカーや量販店によってはなかなか修理進捗の連絡が来ず、不安になる人も多いようなので安心して修理を任せられます。

また、メーカーや量販店で修理を行うとデータを初期化されてしまうことが有りますが、修理ショップは極力データを保持したまま修理してくれるので、修理後の設定などを1からする必要が無くなります。

修理ショップのデメリット

デメリットとして挙げられるのが、「悪徳業者」の存在です。修理費用の安さだけに惹かれて修理依頼をしてしまうと、追加料金を取られてしまうケースや、中には個人情報を漏洩する業者もあります。修理ショップに修理を依頼する際は、料金の安さだけでなく親切に対応してくれるかどうかや、連絡がきちんと取れるかどうかなども頭に入れておきましょう。また、修理ショップでもお店によっては修理料金に1〜2万程度の開きが生じることもあります。

悪徳業者の見極め方の一つに、複数者に見積もり依頼する方法があります。まずは複数者に見積もり依頼をして、その連絡のスピードや修理内容を丁寧に説明をしてくれるかどうかを参考にしてみると良いでしょう。

まとめ

今回はパソコンの修理情報について、製造メーカー・家電量販店・修理ショップの3つを比較しました。

保証期間内や保証サービスに加入している方は、安心感のあるメーカーと家電量販店で修理依頼をすることをおすすめします。保証期間を過ぎてしまった方・保証サービスに加入していない方・古いモデルのパソコンをお持ちの方は修理ショップに依頼すると良いでしょう。

しかし、修理ショップは悪徳業者も存在するので、お店をしっかり見極めることが大切です。3社それぞれにメリット・デメリットがあるので、ご自分の都合やパソコンの状態に合わせてお店を比較して選んでみてくださいね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加