iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

PSVR液晶画面ズレの修理方法・直すのにかかる費用は?

家庭用製品として多くのVR製品が発売されましたが、その中でもSONYの「PlayStation®VR」は群を抜いた人気を誇っています。売り切れ店舗が続出しており、購入したくでも手に入らないという状況が続いているようです。

PSVRを使用している方の声を聞くと、初期ロットのPSVRには様々な初期不良や不具合が発生しているそうです。特に多かったのが「画面がズレる」という症状。ここでは、PSVRの画面ズレ修理方法や費用にかんして詳しく見ていきたいと思います。


BRB, #PSVR / whatleydude

画面ズレとは?

まずは、画面ズレがどのような症状なのかについて見ていきましょう。症状に気づかず、そのまま使っている方もいるかもしれませんよ。

使用中に画面がずれていく症状

「画面ズレ」は、その名の通りヘッドマウントディスプレイ内の画面が徐々にズレていく現象です。少々のズレであれば気づかないかもしれませんが、多くの場合ゲームをプレイすることに支障が出るレベルでズレてしまうようです。

左ズレや斜めズレが報告されている

画面ズレにも幾つかのパターンが有るようです。最も多く報告されているのが、「左ズレ」と呼ばれる現象。ヘッドマウントディスプレイ内の画面が徐々に左にズレていき、最終的には真ん中が右端の部分になってしまうこともあるのだとか。ここまで極端なズレ方をしてしまうとさすがに通常使用できませんよね。

また、「斜めズレ」という症状も報告されています。これは、画面が斜めになっていき最終的に直角(90度前後)になるまでズレてしまうそうです。

これらの症状をまとめて「画面ズレ」と呼んでいます。

根本的な解決方法が発表されていない

これら画面ズレに対する根本的な解決方法は、今のところ発表されていません。アップデートにより、そのうち解消されるかもしれませんがSONYからの公式発表がないのでなんとも言えない状態が続いているのです。システム内の不具合は、多くの症状が再起動により解消します。画面がズレてきたら、一度端末の電源を切って再起動してみてください。意外にも簡単に解消されるかもしれませんよ。

症状がひどい場合はサポートに連絡を

ただし、画面ズレの症状が頻繁に起こるようであればSONYのサポートセンターに連絡の上修理・交換を依頼したほうが良いかもしれません。端末によって個体差がある症状のようなので、毎回画面ズレが起こるような“ハズレ”端末に当たってしまったらすぐに連絡してみてくださいね。パーツや在庫があれば1週間前後で、修理品が届くはずですよ。

PSVRの保証と修理代金

では、画面ズレを含めPSVRの修理代金はどれくらいかかるのでしょう。修理代金は保証内容と密接に関係してきますので、保証内容と共に確認してみましょう。

新品で購入したものには1年のメーカー保証

新品で購入したPSVRには、基本的に全て1年のメーカー保証がついてきます。中古やオークションでの購入は、保証書があれば有効となりますが確実ではありません。多数のエラーや不具合が報告されている現在、メーカー保証のある新品購入が最も安全でしょう。安い値段で買いたい気持ちをおさえて、正規ルートでの購入をおすすめします。

通常時用時の自然故障や初期不良は無料で対応

1年のメーカー保証では、通常使用時の故障や初期不良に関して無料での修理・交換に応じてくれます。現在のところ、発売から一年が経過していないので全てのPSVRがこの保証期間であることが考えられます。

自然故障・初期不良に対する保証であるため、ユーザーが落として壊してしまったものや水没などには対応してくれません。ユーザー責任の故障は、有償での修理交換となりますので注意してくださいね。

画面がズレは無償での修理交換対応

恐らく、画面ズレはメーカー保証の対象となるでしょう。多くの方が発症している事例ですので、ユーザーの自己責任であるとは考えにくいです。メーカーのサポートセンターに連絡することで、無償で交換してもらえるはずですので安心してください。ただし、落下等の後に故障した端末などは自己責任とされる可能性があることを覚えておきましょう。

1年すぎると有償修理になるので注意

ただし、購入から1年が経過したPSVRに関しては自然故障であっても全て有償での修理・交換対応となりますので注意しましょう。例えば、画面ズレを発症しているPSVRをそのまま使い続けて、1年後に修理依頼を出すとお金がかかってしまうということです。メーカー保証がある、なるべく早い段階で修理依頼をすることをオススメします。

修理代金一例

有償修理に関しては、故障部位や症状によって金額が変わってきます。SONYのホームページに故障部位ごとの修理代金が掲載してあったので、以下で確認にしてみてください。

外装部などの補修作業 5000円
ケーブル関係(付属ケーブル・ACアダプター) 5500円
プロセッサーユニット 11500円
VRヘッドセット 21000円
VRヘッドセット、プロセッサーユニットの両方 23000円
(いずれも税抜価格)

補修やケーブル関係の修理交換であれば5000円程度で済みますが、ヘッドマウントディスプレイやプロセッサーユニットの場合、20000円を超える高額な費用がかかるようです。高機能の電子機器であればあるほど、修理にはお金がかかるものです。PSVRを使用する際は、落下等の事故に中止してくださいね。

まとめ

以上のように、PSVRのヘッドマウントディスプレイ画面がズレる症状は多くのユーザーから報告されている現象です。現在のところ、自分で完璧に直す対処法は発表されていません。その都度直して使うのもいいですが、根本的な解決にはならないのでなるべく早い段階でメーカーに修理依頼してみてください。発売後まだ間もないため、メーカー保証ないで無償修理・交換に対応してくれるはずですよ。

新商品が発売される際の“初期ロット”には、様々な不具合が起こるものです。人気のゲームタイトルがPSVRに対応して発売され始めていますが、安定した環境で楽しむにはもう少し時間がかかるかもしれませんね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加