iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

【保存版】ラジコン修理メニュー別の費用相場まとめ

ラジコンは、古くから幅広い年代層が楽しめる趣味として定着しているホビーです。上級者になれば様々なカスタマイズや修理を自分で行い、オリジナルな1台を作成できますが、初心者だとそうもいきませんよね。モーター周りなどの精密機械は慣れるまで“触るのが怖い”と感じてしまっても不思議ではありません。自分で修理やカスタマイズが出来ない場合、専門店に行きスタッフに依頼しなくてはいけません。その際にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは、ラジコン修理代金の相場を調べてみましたので参考にしてみてください。


GABHOBBY MODELISMO / GABHOBBY MODELISMO

ラジコン修理の予算

ラジコン修理にはどれくらいの予算がかかるのか、早速見ていきましょう。メーカーや修理店によっても費用は異なってきますので一般的な例を紹介していきます。

修理費用の概要

基本的な修理費用の内訳は以下の通りになります。

1.基本料金
2.交換部品にかかる代金
3.郵送料金
4.消費税

基本料金

基本料金はいわゆる“技術料金”です。ラジコンの点検やメンテナンスに掛かる技術に対して支払うお金のことですね。ラジコンの大きさや種類によって、基本料金も変動しますが1つの製品に対して2000円〜5000円程度の基本料金がかかると考えていいでしょう。(メーカー修理に依頼したときを想定しています。)

交換部品にかかる代金

修理時にラ、ジコンのパーツを交換する際のパーツ費用も別途かかってきます。パーツの代金もピンきりで、小さなギアであれば数百円程度。エンジンやアンプのような大きな物であれば数万円かかることもあるでしょう。どれくらいの予算がかかるかは、修理箇所によって何となくは把握できるものの正確なことは商品が修理場所に届くまではわかりません。1000円程度で済むと思っていたのに、実際に見てみたら大規模な修理が必要で10000円かかってしまうということだって考えられるのです。

送料

ラジコンを送る時、修理品が返送されるときの送料もかかります。何かしらの初期不良で保証範囲内であれば、送料がメーカー側の負担になる可能性もありますが基本的には数千円かかると考えておいた方がいいでしょう。(代引きでの支払いになると、手数料もかかってきます。)

消費税

費用に対する消費税もかかってきます。これは法律で定められているので仕方ありませんね。

合算すると4000円以上はかかる?

これらを合算すると、最低でも4000円程度の費用はかかることがわかってきます。簡単なパーツ交換で済む修理を依頼してしまうと、自分で修理したときに比べてかなり高額の費用負担となってしまいます。そのため、自分でできる簡単なパーツ交換程度の場合は、なるべく修理依頼せずに自分で直したほうがいいでしょう。

安い修理代金だとの見積もりなく修理になる可能性が高い

基本的には見積もりを出してもらって、その金額に納得した上での修理開始となります。しかし、メーカーが定める一定の金額に達していない場合は“見積もりなし”で、修理が開始され返送されることが多いです。目安としては5000円程度。これ以下の修理代金に関しては、見積もりを取る手間などを省いている業者が多いことを理解しておきましょう。

部位ごとの修理代金

以下では、部位ごとの修理代金がどれくらいかかるのかについて見ていきましょう。この費用を参考にして、大体の負担を把握すると自己修理をするかどうかの判定基準にも役立ちますよ。以下で紹介する代金は、「三輪電子機器」の公式修理に依頼する際の一例です。

送信機側の修理

ラジコンの送信機にかかる費用は3000円〜10000円程度です。基本的にはそこまで費用がかかる部分ではありませんが、外装一式を交換するときなどはある程度の費用を覚悟した方がいいでしょう。


アンテナ交換:4700円~
液晶交換:5700円~8700円
ケース交換:5500円~9700円
電源スイッチ交換:3200円
etc…

受信機側の修理

ラジコンの肝とも言える受信機の修理ですが、比較的安値で済むようです。1800円~2700円程度の修理代金で、感度の良い操縦ができるのであればお得かもしれませんね。


ケース交換:2200円
アンテナ交換1800円〜2200円(種類により変動)
回路修理:2700円
etc…

サーボの修理

サーボ部分の修理は、モーターに関する交換作業時に少々高い値段がかかってしまうようです。パーツ単体の値段もそれなりにかかるので、仕方ないかもしれませんね。おおよそ2000円〜5000円程度を目安としておきましょう。


オーバーホール:2000円
ギア交換:2300円〜4500円
モーター交換:2800円〜5000円
etc…

アンプ修理

ラジコン動力の要となるアンプ。素人ではいじりにくい部分であることは確かです。アンプが故障してしまうと、動作全体に影響を与えてしまうのですぐさま修理したいところでしょう。費用目安は2200円〜10700円程度。基盤を交換するとなると、かなりの高額となるようです。


モーターケーブル交換:2200円
過負荷による破損の修理:7200円〜10700円
逆接による破損の修理:10700円
etc…

修理店での修理費用は?

上記は、メーカーに依頼した際の修理費用の目安です。では、一般のラジコンショップに修理を依頼する場合はどの程度の費用がかかるのでしょうか。

修理を受け付けているショップは少ない…

実は、修理を受け付けているラジコンショップは全国的に少ないのが現状です。ドローンの発売により、新しい層がラジコンに興味を持ち始めた一方で昔ながらのラジコン店は多くが廃業してしまっています。修理を受け付けているどころか、ラジコン店の絶対数が少なくなってきてしまっているのです。

しかし、生き残って営業を続けている老舗の中にはラジコンファンに好意的なサービスを実施しているところもあります。パーツ料金だけで、“サービスとして”簡単な修理をしてくれるところや、メーカーよりも安く自主修理してくれるところが老舗のラジコン店には多いようです。

郵送修理を受け付けている店も

また、郵送による修理受付をしているショップもあります。ヘリコプター系のラジコンを取扱っているところが比較的多いような気もしますね。

修理代金は、ホームページに記載されているか直接電話で尋ねる形になりますので修理部分や故障の症状を細かく伝えてみてください。継続して修理を依頼することによって、値引きのサービスを実施している店舗もあるようですよ。

まとめ

以上、ラジコン修理の費用相場を紹介してきました。送料や技術料を考えると、ちょっとした修理でも5000円近くかかってしまうようですね。

ラジコンは、自分で修理・メンテナンスを行なうことによってオリジナルの作品を作り上げていく楽しさがあります。今の時代、インターネットを調べれば多数の修理情報や修理方法が出てきますので、“自分での修理”にも挑戦してみてください。パーツ費用しかかからないので、メーカーに依頼したときに比べて数千円以上の費用を削減することが出来ますよ。おすすめは、動画サイトにアップロードされている“修理動画”を見ながらの、自己修理。動画なら、文章とは違って実際の修理風景を見ることができるので、比較的気軽に自分での修理ができるようになるでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加