iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

ロレックスのメーカー修理は全国7か所で対応中!正規代理店情報まとめ

腕時計を長期間使用するためにはメンテナンスが欠かせません。その中でも、オーバーホールという大掛かりなメンテナンスは、定期的に必要と言われています。オーバーホールは、腕時計を歯車など部品レベルまで分解して実施するメンテナンスの事を言います。

腕時計の部品と部品の間には潤滑に動くように油が注してあります。この油は、年月を経ると劣化して性能が落ちてしまいます。そうなると、潤滑に部品が動かなくなるほか、部品がこすれて摩耗して壊れたり、部品が錆びて動かなくなったりする原因となったりします。


Rolex / Metropolico.org

オーバーホールを実施するのは?

オーバーホールは、古くなった油を洗浄して新しい油を注すために実施するのが主目的です。主な作業は、小さな歯車まで部品レベルまで腕時計を分解して、部品についている古い油を洗浄、その後組み立てながら新しい油を注す、などです。

その他にも、部品を調整したり、もし部品が壊れたり劣化したりしていたら交換したり、と腕時計全般のメンテナンスを実施します。

そのため、オーバーホールを実施するには高い技術力が要求されることから、オーバーホールを実施するのは、腕時計を製造したメーカーの修理部門や1級時計修理技能士のような修理のプロフェッショナルが作業する修理業者などに限られています。

メーカー、修理業者でオーバーホールを実施する場合にそれぞれ、メリット、デメリットがあり、メーカーの修理部門で実施する場合は、技術力などは問題ありませんが、費用は高く実施期間は長い、という傾向があり、修理業者で実施する場合は、費用はメーカーより安く、実施期間も短いことが多いですが、技術力は修理業者により異なってくることから、オーバーホールを依頼する修理業者の選択が大事になってきます。

こちらでは、オーバーホールを実施するロレックスの正式代理店について記載していきます。

ロレックスの正式代理店「日本ロレックス」

日本でロレックスのオーバーホールを実施する正式代理店は、日本ロレックスとなります。日本ロレックスは、1980年に設立され、現在は、全国で7ヶ所(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡)が営業しています。

正式代理店だけあり、ロレックスの事に関しては、日本で右に出る業者はありません。常時数百人の技術者がおり、依頼されたロレックスの腕時計のメンテナンスなどを実施しています。

修理用のパーツも製造してから30年以内の腕時計のパーツが揃っています。日本でこれほどのパーツを揃えている業者は日本ロレックスだけで、よほど古いロレックスの腕時計でもない限り、日本ロレックスで修理可能ということになります。

また、残念ながら偽物が多いロレックスの腕時計ですが、日本ロレックスでオーバーホールを実施されれば、その時点で本物のロレックスの腕時計として認められるほど信頼されており、オークションなどで入手したロレックスの腕時計の真贋を確かめるために、わざわざ日本ロレックスにオーバーホールを出す人もいるほどです。

そんな日本ロレックスですが、メーカーの正式代理店となりますので、やはりオーバーホールの料金は、修理業者で実施するより高額となっています。例えば、デイジャストで43,000円、デイデイトで55,000円など。

しかも、これは基本料金で、部品交換などが発生した場合、部品代がこれに追加されます。日本ロレックスもそうですが、メーカーでオーバーホールを実施する場合は、わずかに異常がある部品は積極的に交換するので、部品代が多くかかる傾向にあります。

修理業者で実施する場合は、わずかに異常があっても使用に問題なければ部品は基本的に交換しないので、これもメーカーでオーバーホールを実施する場合に料金が高くとなる理由となります。

それとは別に、デパートなどにある窓口を通して日本ロレックスにオーバーホールを依頼すると、上記の料金に加え手数料が必要となりますので、オーバーホールを依頼する場所に注意しましょう。

オーバーホールを実施する期間は、腕時計の種類にもよりますが約1か月となり、これも修理業者で実施するより若干長いです。また、繁忙期は、さらに期間が延びるので、実施前に確認したほうがいいでしょう。

ロレックスの正式代理店である日本ロレックスは、ロレックスのオーバーホールに対する技術と信頼性については、日本で比類なき存在ですが、費用が高く、期間も長い傾向にあります。

腕時計のオーバーホールを実施する場合、信頼性と費用どちらを重視するか、所有者により考え方が別れますが、ロレックスの腕時計のオーバーホールを実施する場合で、費用よりも信頼性を重視するのであれば、日本ロレックスに依頼するといいでしょう。

日本最大級のロレックス修理実績を誇る業者に依頼する

上述の正規店修理は高い費用がかかってしまいます。そこで、最後に照会したいのが千年堂です。全国の1級時計技士のネットワークを構築し、高品質かつ低価格の時計修理・オーバーホールサービスを提供しています。割高なメーカー修理より2万円以上安く、なんと短い期間での修理完了が見込めるようです。無料見積もりはこちらからです。ぜひ検討してみてください。

壊れたロレックスは買取や売却の選択も

故障したロレックスの腕時計を修理するよりも、いっそ高値で売ってしまって、お気に入りのモデルに買い替えるという手があります。いわば下取りをするわけです。壊れていてもロレックスのようなハイブランドなら高額査定を期待できます。大黒屋など質屋の鑑定士も真剣に中古相場を調べることでしょう。

参考:【ロレックス】壊れた腕時計を高い買取価格で売る方法【オメガ】

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加