iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

サラリーマンが副業でパソコン修理をすると儲かるか?

本コラムでは、パソコン修理を副業はじめた場合、儲かる副業なのかというテーマを取り上げ、現在増えているパソコン修理事業の現状なども合わせて説明していくので、ぜひ参考にしてみるといいでしょう。


it lives again! / frumbert

パソコン修理ビジネスとは?

ここでは、パソコン修理が儲かる副業なのかという点について紹介していきますが、その前にまず、パソコン修理ビジネスがどのようなものなのかという点について、記述していきます。まずこのパソコン修理ビジネスがどのような事業になるか、把握しておいたほうがいいでしょう。

パソコン修理ビジネスには2通りある

このパソコン修理ビジネスですが、その名の通りパソコンを直すことを顧客から請け負い、そのパソコン修理に対して作業費を貰い利益を挙げていくビジネスになります。ただ、それ以外にも利益を挙げている人は多いようです。どういうことかといいますと、パソコンの修理を請け負うだけではなく、あえてパソコンのジャンク品を安い金額で仕入れ、そのジャンク品であるパソコンを修理して直し、修理済みパソコンとして再度販売し、利益を挙げていくというやり方もあるようです。ただ、修理して欲しい顧客の依頼を受けるだけではなく、このようにジャンク品を修理してパソコン販売をするやり方もあるようですので、覚えておくべきでしょう。

具体的にパソコン修理はどのようなことをやるのか

上記では、パソコン修理のビジネスモデルを非常に簡単ではありますが、紹介しました。次はパソコン修理といってもどのようなことをするのかを説明していきましょう。パソコンの修理は、例えば、起動不良の修理、動作不良の修理、液晶の修理、冷却ファンの修理、ウィルス駆除、CD・DVDの修理、キーボードの修理などがあります。パソコン修理は專門的な技術が必要にはなりますが、基本、付け替えなどで故障を直すことができるため、パソコン修理は手軽にビジネスとしてはじめられるモノとして関心度が高いビジネスなのです。上記の修理がすべてできるのであれば、間違いなくパソコン修理事業ははじめられるでしょう。とくにそのなかでも、液晶の修理、ウィルス駆除の修理は需要が高いようです。このような需要が高い修理は習得しておくといいでしょう。

パソコン修理ビジネスの市場状況

ここまで、パソコン修理ビジネスがどのようなサービスになるのか、またどのように利益を出すことできるのか、その仕組みを簡単ではありますが説明しました。ですので、大体、パソコン修理ビジネスがどのようなサービスなのかは把握出来たと思います。次は、そのパソコン修理ビジネス市場の現状を説明していきます。現在の市場がどのような状況になっているのかを把握しておくべきでしょう。

パソコン修理ビジネスを展開している業者は非常に多い

FC

このパソコン修理ビジネスでですが、非常に多くの業者が存在している状況にあります。今やパソコンはとくにノートパソコンですが、急激に普及していきました。そして、今ではビジネスにおいてパソコンは多くの企業で普及し、パソコンで仕事をすることが当たり前になっています。そのため、パソコンの修理件数も多くなったこともキッカケになり、パソコン修理ビジネスに新規参入する業者や企業は急激に増加していきました。その結果、現在では競合ひしめく市場になっているの現状です。

今後、競合との競争が激化していく

今でも、パソコン修理ビジネスをはじめる業者は多く、まだまだ増加していくことが予想されます。そして、現状では業者が増えていることにより、既に修理価格の競争がはじまっています。そのため、当初の修理費用に比べて、修理価格は下がってきているようです。今後もこの修理費用の価格競争は激しくなっていくはずです。もちろん、それに伴い修理の質に関しても非常にシビアになってきています。さらに、パソコン自体の性能も上がってきていますので、故障や不具合自体が少なくなってくることも予想されるため、今でも既に業者が飽和状態にあるといってもいいでしょう。

パソコン修理を副業にして儲けることができるのか

最後になりますが、ここでは本コラムのテーマでもあります、パソコン修理を副業にして儲けることができるのかという点を説明していきましょう。

現実的にパソコン修理だけで儲けるのは厳しい

上記では、パソコン修理ビジネスがどういったビジネスなのか、また、パソコン修理の市場状況などを説明してきました。その説明してきたことも踏まえて、このパソコン修理ビジネスを副業ではじめて、儲けることができるのかという点を述べますと、このパソコン修理だけ副業にして儲けを得るというのは、厳しいビジネスでしょう。というのも、上記で説明しましたように、パソコン修理を事業としている業者は増えているため、価格競争についていけなくなることもありますし、また、集客が非常に厳しいものがあります。したがって、このパソコン修理を副業にして儲けることはできないでしょう。

ジャンク品を修理して販売するほうがいい

ただし、修理だけではなく買取や販売などの事業も一緒にやると儲けられるかもしれません。修理したい人を待っているだけでは、儲けが出にくいですが、ジャンク品などを買って、修理をして販売するようなビジネスであれば、副業になる可能性は高いと言えます。つまり、ジャンク品があるということでもわかると思いますが、大半のユーザーは、パソコンが壊れたとき、修理はせず売って現金化している傾向にあるのです。したがって、そのようなパソコンのジャンク品を仕入れて、販売したほうが副業になるでしょう。

まとめ

本コラムでは、パソコン修理を副業でやると儲かるのかというテーアでいろいろと説明してきましたが、パソコン修理ビジネスを展開している業者は非常に多く存在しています。そのため、このパソコン修理だけを副業として、このパソコン周囲をはじめても儲かることは厳しいでしょう。ただし、修理を上手く活用すれば儲けを出すことも可能となるはずです。なので、修理ビジネスをはじめながら、ジャンク品を仕入れて、修理をして販売することも視野に入れるおくといいでしょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加