iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

一眼レフのレンズが故障した時の修理・メーカー保証情報

老若男女が楽しめる趣味として人気の「カメラ」。近年はメディアで取り上げられる機会も多く、女性が一眼レフカメラを利用する姿も多く見られます。コンパクトサイズの一眼レフは、普段出かける際も首にかけられるほど軽量化されているため下北沢や吉祥寺などのオシャレタウンには「カメラ女子」が溢れていますよね。

一眼レフユーザーにとって、”レンズ“は永遠の課題とも言うべき買い替え必須アイテムです。レンズによって撮れる写真の幅が増えるので、数十個のレンズを所有している方も珍しくないのだとか。もしも、お気に入りのレンズが故障してしまったらどのように対応すべきなのでしょうか。ここでは、一眼レフのレンズが故障した時の修理情報について紹介していきます。


Minolta Camera SLR / Minolta Spiegelreflexkamera / adkorte

一眼レフのレンズが故障した際の対処法

一眼レフカメラは、デジカメと異なりレンズと本体が別々のカメラです。そのため、故障時には「レンズ単体」で修理依頼することが可能になっています。故障時の対応について見ていきましょう。

メーカーへの修理依頼が一般的

レンズの故障であっても、製造メーカーに修理依頼するのが一般的な方法となります。メーカーのホームページを確認して、修理手続きについて確認してみましょう。費用は、故障箇所・原因・商品の性能や大きさによって大きく異なります。メーカーごとに設定金額の幅が違い、“安いメーカー”“高いメーカー”が存在します。いずれにせよ、まずは見積もりを取ってみる必要があるでしょう。

数種類の修理依頼方法

多くのメーカーは、数種類の修理依頼方法を設けています。一般的には、郵送・持込・ピックアップ制度の3つ。郵送は、その名の通り故障したレンズをご自身で梱包して好きなタイミングでサービスセンターに送付するという方法。持込は、各地のサービスセンターや公認の修理店舗へと直接レンズを持ち込む方法。最後のピックアップは、電話やインターネットで依頼することによってメーカー指定の業者が自宅まで故障したレンズを取りに来てくれるというものです。梱包セットも用意されており、業者が行ってくれるためユーザーは家で待っているだけの非常に楽な修理依頼方法となっています。

これらの中から、ご自身のライフスタイルに合わせた方法を選択して修理依頼してみると良いでしょう。

一般のカメラショップでも修理受付を行っている可能性が

また、メーカーに依頼する他に一般のショップに修理を依頼する方法もあります。特に、カメラやレンズの中古販売を行っているショップは買い取りサービスも実施しているため修理やメンテナンスの受付をしている可能性が非常に高いのです。修理費用は店舗によって様々ですが、メーカー修理よりも安いことが多いとされています。メーカーの見積もりと比較して、安かった方に依頼するといいでしょう。ただし、保証期間がしっかりと設定されている場所でなければ、後の不具合の際に再び代金を支払わなくてはいけなくなります。ショップでの修理依頼先を決定する際は、費用だけでなく保証期間にも注目してみて下さい。基本的には6ヶ月以上の保証があれば問題ないでしょう。

修理に出す前に確認しておくべきこと

また、修理依頼する前にご自身で「本当に故障かどうか」を確認しておくべきです。カメラ本体の設定・レンズの汚れといった初歩的なミスで修理依頼を行い、郵送費用だけかかって修理はされないケースも多いそうですよ。特にカメラ初心者の方は、修理前にしっかりと確認しておいてくださいね。

カメラとレンズの接点のクリーニング

「レンズが認識されない」というトラブルで最も多い原因が、本体とレンズの接点の汚れです。電子的な接点が汚れていると、本体側が正常にレンズを読み込まないのでエタノールなどで丁寧にクリーニングを行なって下さい。また、ピントが合わないという時も接点のゴミを確認してみましょう。ゴミが原因で、シャッターが切れなくなっているだけかもしれません。

視度調節ダイヤルの設定

カメラには「視度調節機能」という、目が悪い方に向けた便利な機能がついています。この設定が変わっていると、ファインダーを覗いた時にピントが合っていないように感じることがあるそうです。「友人にカメラを貸したらピントが合わないでぼやけるようになった」という方は、まずこの視度調節ダイヤルの設定を確認してみましょう。メーカーによって設定方法が違いますので、ホームページや説明書をよく読んで操作してくださいね。

シャッタースピードや撮影距離の確認

シャッタースピードが遅いことによる手ブレや、「最短撮影距離」を守らなかったために写りがオカシイという可能性もあります。デジタル一眼レフは、設定により様々な楽しみ方ができますが、初心者にとっては難しくて使えない機能も多数あります。何かの拍子で、普段使っていない設定になってしまったために「レンズの故障かも」と感じる方は非常に多いです。初心者の方は、身近な方にアドバイスを求めてみましょう。お近くのカメラ屋さんや、カメラを使い慣れている友人に相談してみると簡単に不具合が解消するかもしれませんよ。

まとめ

一眼レフのレンズが故障した際は、メーカー・修理専門店・カメラショップの見積もりを出してもらい比較した上で最もお得だと感じた場所に修理依頼するといいでしょう。また、修理依頼する前に、上記で紹介したポイントを忘れずに確認にしてくださいね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加