iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

スマホの画面を交換するには?

ついうっかり落としてスマホの画面が割れてしまった…なんて経験はありませんか。新機種が登場するたびに画面が割れにくくなっているとはいえ、落とす・重いものを上に置いて圧力がかかると音をたててヒビが入ってしまうなど、画面は意外と壊れやすい部分でもあるのです。その理由として薄型のスマホが増え、以前よりも画面のガラスへの負担が大きくなったことがあげられます。

もし画面が割れてしまったら、なかのデータも心配ですしそもそも元通りになるのか、新しいものを買い替えなくてはいけないのかなど、気になる点も多いですね。いつ故障しても問題ないように、日頃からバックアップを取り故障して備えておきたいものです。スマホの画面に故障が起きてしまった時にスマホの画面を交換する・修理する場合はどうしたらいいのか、事前にその方法についておさえておきましょう。

スマホの画面の交換が必要になるケースとは?

スマホの画面は操作をする上で欠かすことができません。タッチパネル式だからこそ、画面が破損・ひび割れが起きて部分が見えなくなるだけでも不便さを感じます。スマホの画面交換が必要になるのは「画面の破損」「画面の粉砕」「表示不良」などのケースが考えられます。

スマホにはiPhoneやAndroidなど種類がありますが、メーカーによって画面強度の違いはほとんどありません。例えばiPhoneに使用されているのは“ゴリラガラス”と呼ばれるもので、落下などの衝撃に強くできています。表面に衝撃がおきると、傷が付いた場所から粉砕するような作りになっています。高いところから落としてしまえば、画面の破損や画面の内部の液晶に問題が起きるなどの故障がおきてしまいます。

スマホの画面破損は修理のなかでも一番多く、いかに画面が重要で故障が起きやすいのかを感じると思います。では、もしスマホの画面が故障して交換するとなった場合は、どのような手順や方法で行うことができるのでしょうか。

その前に!スマホのバックアップは済んでますか?

画面の故障は、画面を交換できる場合もあればスマホごと買い換える必要が出る場合もあります。

データ保持は修理に出してみないとわからない

画面を交換するにしても内部の配線などを触るので、なかのデータが消えて初期状態になってしまうこともあります。各キャリアに修理を出すと、なかのデータは初期化されます。街の修理業者などには内部データを消さずに修理ができるとうたっているところもありますが、実際は修理をしてみないとそのままでもできるのか、中のデータが消えてしまうのか判断することはできません。

バックアップさえ取っていればどちらにしても内部のデータを引き継ぎすることができますので、まずは慌てずにバックアップを取ることから始めましょう。

バックアップ方法

バックアップの方法は各キャリアによって異なるので事前に確認しておきましょう。画面が破損してしまったぐらいでは映らなくてもデータのバックアップはできます。もしタッチパネルに反応がない場合はPC用のマウスを繋ぎ操作をすることも可能です。ただし、操作に支障が出るレベルの破損はバックアップが取れない可能性もあるため、その場合は諦めるしか方法がありません。

そうならないためにも、スマホのデータを自動バックアップにしておくといざというときの備えになります。自動バックアップは毎日決まった時間に自動的にデータをバックアップしてくれる便利機能です。iCloudにつながっていないと使用できませんが、故障時には重宝しますよ。

スマホの画面交換をキャリアに依頼する場合

スマホの画面破損などの故障がおきた時に一番多いのは、購入したキャリアに修理を依頼する方法でしょう。docomoやau、SoftBankなどがありますが、キャリアによって修理の方法や手順・修理代金が変わるため、事前に把握しておきましょう。各キャリアの画面交換方法について紹介します。

docomo

docomoでは、事前に加入できる「ケータイ補償サービス」に加入しているかどうかによって修理代金が変わります。月額500円を支払うと最大5,000円程度の自己負担で画面などの修理を受けることができます。通常であれば修理不可レベルの破損でも7,500円の負担金で新品の機種に変更することもできます。

さらにドコモプレミアクラブ会員に加入していると、購入してから3年以内の故障は実質無料で受けられるなど、さまざまなサービスを受けられます。会員に登録していないと画面破損などの修理は「全額自己負担」となり、新しい機種を購入した方が安い!なんてことになってしまいます。月額の代金を無駄とするのかどうか悩むところではありますね。

docomoへの修理依頼はドコモショップの窓口にて承っています。修理は1週間以上の時間がかかるため、代替機の貸出もしています。代替機を借りない場合は、修理したスマホを直接自宅に送るサービスなども行っているようです。

au

月額380円の「安心ケータイサポートプラスLTE」か「安心ケータイサポートプラス」のいずれかに加入していると、1回目の破損時は契約3年未満は5,000円、3年以上になると3,000円、2回目の破損時は契約3年未満が8,000円、3年以上では6,000円の自己負担で交換することができます。

このサポートに加入していると、画面の破損はリフレッシュ品との交換になり、WEBから所定の申込をし2日後にリフレッシュ品が届きますのでデータの移行を行い、故障した端末を送る流れになります。代替機ではなくすぐに新しい機種を手に入れることができるのが嬉しいですね。

auショップの店頭でこの手続きを行うこともできますが、WEBの方が待ち時間も少なくすぐに手続きできるのでおすすめです。このサポートに加入していないと「全額自己負担」となるため、auショップに行き修理依頼を行うようにしましょう。

SoftBank

月額500円の「あんしん保証パック」か、月額650円の「あんしん保証パックプラス」に事前に加入していると外装破損時の修理代金90%割引が適用されます。どちらのパックでもその負担額が変わることはなく、違いは相談サービスの有無のみなため、月額500円の「あんしん保証パック」には加入しておきたいものです。

パックに加入していれば「オンライン受付」を利用できます。マイソフトバンクから破損状態にあわせて修理を依頼するか、もしくはリフレッシュ品との交換のいずれかを選ぶことができます。2日程度で故障端末を配送会社が引き取りにきてくれるので、手渡しした上で新しい機種が届くのを待ちましょう。SoftBankの店頭に直接持っていく依頼方法もありますが、店頭は混雑で修理受付までに時間がかかることもあるため、オンライン受付をおすすめします。

サポートに加入していない場合は修理が「全額自己負担」となりますので、高額な代金がかかるのは覚悟しておきたいものですね。

トラブル時の対応についても確認してキャリアを選ぼう

キャリアごとに負担金も対応も違いますので、まずは方法を確認しておきましょう。近頃よく見かける格安スマホでは、こういった故障時のサポートがしっかりとしていなかったり、海外での対応になってしまうものもありますのでくれぐれも注意しましょう。

値段だけで判断せず、トラブル時にどこまで対応してくれるのかは選ぶ時のポイントともいえるのではないでしょうか。もし画面破損が多い人は必ずサポートに加入しておき、万が一の時に備えておくと安心です。

修理業者にスマホの画面交換を依頼するには?

スマホの画面修理・交換をキャリア以外の修理業者に依頼することもできます。街中などで「iPhone画面修理承ります」などの宣伝を見たことはありませんか?キャリアでサポートに加入していて安く修理を受けられる場合もあれば、なかにはサポート未加入で修理・交換費用が高くなってしまうなどの理由で修理業者に依頼をする人もいます。

修理業者のメリット

どちらに依頼をするのかはその人次第ともいえますが、業者に依頼をした場合のメリットとして「即日修理対応」「修理費用が安い」などのポイントがあります。依頼が立て込んでいるとすぐに対応できない業者もなかにはありますので、出す前に事前に電話確認をしておくのをおすすめします。

修理費用は破損の程度によっても変わりますが10,000円前後となり、本体を新しく購入するよりも安く修理に出すことができます。また修理に出しても内部データが消えずに対応してくれるなど、業者ならではのメリットもあります。

修理業者利用のデメリット

ただし、一度でもキャリア以外で修理をしたり、内部に触れてしまうと、もしこの修理がうまくできても今後不具合が起きた時にキャリアでの修理が受付けてもらえなくなってしまいます。一度でもその履歴でばれてしまいますのでどちらに修理を出すのか、そもそも新品に交換してしまうのかは悩むところです。

どちらにしても多少の負担金が発生しますので、スマホの画面は故障したり破損させないように十分に注意したいものですね。また近頃はスマホなどの保険商品もあり故障時に代金を負担してくれる場合もありますので検討してみてくださいね。

まとめ

スマホの画面交換方法はさまざまなものがあります。画面に何かしらの不具合が起きてしまった時は慌てずにまずは自分がどんなサポートに入っているのか確認した上で、修理に出すようにしましょう。オンライン受付などの便利機能もあり時間もお金もそこまで負担になることなく画面の交換ができるはずです。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加