iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

スマートスピーカーでよくある故障は?

昨今注目を集めているスマートスピーカー。音声操作に対応したこれまでにない画期的なサービスを提供してくれるアイテムとして、世界的に人気を高めています。すでにスマートスピーカーを手に入れている人も、これから購入しようかなと考えている人も、気になることとして「故障」があげられるでしょう。今回は、スマートスピーカーでよくある故障に関して情報をまとめてみました。


Lr43_L1000142 / TheBetterDay

スマートスピーカーとは?

スマートスピーカーは、別名AIスピーカーと呼ばれています。対話型の音声操作によって、AIアシスタントを利用できるスピーカーのことです。これまでもスマホに搭載されているSiriのように音声アシストはありましたが、スピーカー型になったことでより広範囲の日常生活の場で、AIアシスタントを利用できるようになりました。

音楽を聞いたり調べものができるのはもちろんのこと、家電を操作したりメモ入力をするなど、使用方法は多岐に渡ります。スマートスピーカーがあることで、日常生活がより便利になることでしょう。

日本で販売されている主なスマートスピーカー

日本でもすでにスマートスピーカーは何種類が発売されています。代表的なものを3つご紹介しましょう。

Amazon Echo

Amazonが開発・販売しているスマートスピーカーです。スマートスピーカーのパイオニア的存在であり、日本でも高い人気を誇ります。Amazon独自のサービスが利用できるなど、他にはない特色を有していることも印象的です。

Google Home

Googleが開発・販売しているスマートスピーカーです。Amazon Echoと人気を二分するほどの人気があります。「OK Google」もしくは「ねぇGoogle」と話しかけることで起動するのが特徴で、日常に溶け込むアイテムとして注目されていると言えるでしょう。

LINE Clova WAVE

こちらはLINEが開発したAI「Clova」に対応しているスマートスピーカーです。LINEと連携しており、メッセージを送ったり読み上げる機能を備えています。赤外線機能があることも特徴的です。

スマートスピーカーでよくある故障は?

スマートスピーカーでよくある故障は、次の通りです。

起動しない

スマートスピーカーの代表的な故障として、電源が入っていたり内蔵バッテリーの容量が十分あるにも関わらず起動しないことがあげられます。

内部に不具合が生じている可能性もありますが、まずは使い方が適切か電源の確保はしっかりできているかなど、対応できる範囲で状況を見直してみることが大切です。例えばGoogle Homeの場合、起動しないと思ったら電源が抜けていただけ、という事例も確認されています。

話しかけても反応しない

十分な音量で話しかけているにも関わらず反応しない場合、故障の疑いがあります。ただし、スマートスピーカーの周りに機能を妨げるような物がおいてあることで反応しなかったり、設定が間違っている可能性もあるので、こちらも原因として思い当たる点を見直すことをオススメします。

作動しない

電源は入るけれど必要な動作をしない時は、故障していることがあります。接触不良の可能性もありますので、まずは再起動を試してみると良いでしょう。再起動するだけで、問題が解決することもあります。ただし、解決しなければカスタマーサポートに相談することを推奨します。

勝手に動く

動かないとは逆に、勝手に動いてしまう故障もあります。これは個々のスマートスピーカー単体の問題ではなく、大規模なシステム障害が起こっている場合もあるので、まずは似たような事例が報告されていないかネットで情報収集してから対応すると良いでしょう。

その他

スマートスピーカーの歴史はまだ浅いです。そのため、故障事例の数が少ないという特徴があります。代表的な故障例をあげてみましたが、今後利用者が増えることで思ってもいなかった不具合が発見されることもあるでしょう。何かしら違和感を感じた時は、点検をしてみることをオススメします。

スマートスピーカーが故障したらどうする?

故障した時の基本的な対応方法を見ていきましょう。

ステップ①状況をよく確認する

不具合の原因が特定できると、その後の対応がスムーズに進みます。スマートスピーカー本体や周囲の状況をよく確認し、可能な限り原因を探ってみると良いでしょう。

後に問い合わせをする際にも、故障が「いつから生じたのか」「いつもと変わった点はあったか」や「正確な製品情報」など、わかるだけの情報を整理してあると円滑に話を進めることができます。

ステップ②取扱説明書を確かめる

取扱説明書には、スマートスピーカーに関する詳細な情報が詰まっています。取扱説明書を読むだけで、問題が解決することもありますので、確かめてみましょう。故障の対処法が載っている場合もあります。簡単な対処法なら、個人でも十分に実施可能です。試してみましょう。なお、問い合わせ先の情報も確認できます。

ステップ③販売店orメーカーのカスタマーサポートに連絡する

直らない時は、販売店かメーカーのカスタマーサポートに連絡しましょう。最初は販売店に確認してみる方法がオススメです。お店によっては修理受付をしてくれていることもあります。ただし、対応していないこともありますので、電話などで直接聞くことにためらいがある場合は、事前に公式HPなどで販売店の対応方法を確認しておくと良いでしょう。

メーカーのカスタマーサポートに直に問い合わせるという方法もあります。保証期間内なら、修理や交換を受け付けている可能性が高いです。

スマートスピーカーは買い替えもあり?

スマートスピーカーは、一般的な電化製品と比べてそこまで高額な商品ではありません。高いモデルでも2万円以下で買うことが可能です。故障した場合、修理対応するよりも買い替えに踏み切っても損はないでしょう。電化製品は新しい製品である程、性能が良くなる傾向があります。スマートスピーカーも、んどん進化していますので、より便利なモデルを見つけて新品を購入する方法も効果的です。

2017年12月現在、世界AIスピーカー市場におけるシェアはAmazonとGoogleの2社だけで92%に達しています。買い替えをするなら、Amazon EchoかGoogle Homeのどちらかが特にオススメです。ただし、その他の企業も参入を果たしていますので、自分に合ったスマートスピーカーを探してみることを推奨します。

買い替えのコツとして、以前持っていたスマートスピーカーの良かった点と悪かった点を整理しておくと良いでしょう。以前の情報を活かすことで、より的確に自分に合ったスマートスピーカーを選べるようになります。

スマートスピーカーの修理専門店はある?

一般的な電化製品ですと、メーカーでなくとも対応してくれる修理専門店があったりしますよね。スマートスピーカーの場合はどうでしょうか?

調べてみたところ、2017年12月現在、スマートスピーカーの修理専門店は確認できませんでした。販売店が独自のサポートを展開している例はありますが、スマートスピーカーの修理専門店はほとんどないようです。例え保証期間を過ぎて故障をしたとしても、買い替えがしやすい商品であることも理由の一つと考えられます。

スマートスピーカーを利用するユーザー数は世界的に増加傾向にありますので、今後スマートスピーカーの修理専門店がもっと増えてくる可能性はありますが、特別なこだわりがないなら、あえて修理することに固執しなくても良いと思われます。

レンタルの活用もオススメ

スマートスピーカーをレンタルしている企業もあります。TSUTAYAの一部店舗ではGoogle Homeのレンタルサービスを提供しているのです。価格は7泊8日で800円。いきなりスマートスピーカーを買うことに抵抗がある人や、使用期間が限られている人にとって嬉しいサービスでしょう。故障が心配なら、まずはレンタルの利用から初めてみる方法も有効です。

壊れにくい使い方のポイント

修理をするにしても買い替えるにしても、故障してから対応するとなると時間も費用もかかります。一番良いのは、日頃から壊れないように配慮して使用することです。難しいことではなく、正しい使い方を実践すればスマートスピーカーが壊れてしまうリスクを減少させることができます。事前に取扱説明書をよく読んで、正しい使い方を実践するようにしましょう。

定期的に掃除をすることも有効です。ホコリや、電化製品の故障を招きやすいという特徴があります。スマートスピーカーは移動もしやすいので、時々設置場所を移動して、ホコリが溜まらないように工夫してあげると良いでしょう。

スマートスピーカーの上や周囲に、余計な物を置かないようにすることもポイントと言えます。日頃の使い方に気をつけることで、より長くスマートスピーカーを楽しむことができますので、少しだけ気を配って使用することをおすすめします。

まとめ

日本でもユーザー数が増えているスマートスピーカー。代表的な故障についてまとめてみましたが、こちらで紹介した以外の故障が発生することもあります。もし不具合を発見したら、まずは状況をよく確認して取扱説明書を読みましょう。

ネットで似たような事例がないか確認する方法も効果的です。大規模なシステム障害の場合は、メーカー側がシステムアップデートで対応してくれることもあります。販売店やメーカーに問い合わせする方法も有効です。

また、修理ではなく買い替えをするという方法もあります。故障してから対応するのは手間がかかりますので、出来る限り日頃から壊れにくい使い方を実践することもポイントです。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加