iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

簡単だからこそしっかり覚えておきたい!タブレットデバイスのバックアップの方法まとめ

データバックアップの大切さは誰もがよくわかっていることでしょう。ところが、デバイスが順調に動作しているときは、何かと理由をつけて後回しにしがちな作業です。現在は無料で使用できるクラウドの容量も広がっており、Wi-Fi環境さえ整っていれば、データバックアップを定期的に実施する設定も簡単にできるようになってます。

トラブルが起きてからではもう遅いのです。普段からバックアップを実施していれば、トラブルが起きたとしても安心して初期化などの修復作業を行うことができます。ここでは、主なタブレットデバイスのデータバックアップの方法について、どんな方法があるのか調べてみました。

iPadのデータをバックアップする方法

タブレットデバイスと言えば、iPadのことを思い出す人も多いことでしょう。iPadは、iPhoneと同じくiOSによって動くタブレットデバイスなので、バックアップの方法もiPhoneと同様です。

iCloudかiTunesを利用してバックアップ

iPadのデータバックアップに最適なのが、iCloudかiTunesを利用する方法です。端的に説明すると、クラウドに保管するのがiCloudを利用したバックアップで、MacかWindowsのPCに保管するのがiTunesを利用したバックアップということになります。

iCloudの場合、Wi-Fi環境さえあれば、ケーブルなどを使うことなく、いつでもどこでもバックアップを作成できるのが大きな魅力です。データ容量も無料で5GBまで使用でき、最大2TBまで拡張できます。

一方iTunesのバックアップは、基本的にPCに保存することから、保存容量はPCの空き容量で決まります。PCにつないだ別の大容量ストレージデバイスを利用すれば、大量のデータもバックアップが可能です。どちらの方法も、基本的にはiPadに保存されているすべてのデータと設定情報がバックアップされます(一部バックアップされないデータもあります)。

それぞれのやり方は、アップルのサポートサイトに丁寧に説明されています(「iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法」)ので、こちらをご覧ください。

その他のクラウドサービスを利用する

iPadの場合、データバックアップは前項で説明した2つの方法が最適と思われるのですが、そのほか、大容量のクラウドサービスを実施しているDropboxやMediaFireといったオンラインストレージサービスを利用することもできます。

こちらは、各サービスのアプリをダウンロードすることで、やはり手軽にデータのバックアップを実施することができます。Dropboxでのバックアップの方法は、こちら(「もしもに備えて!iPad をバックアップ・復元する方法」)に詳しく記載されています。

Androidタブレットのデータバックアップ

AndroidタブレットのOSであるAndroidには、標準的な機能の1つとしてバックアップのシステムが含まれています。Android OSのタブレットやスマホには必ず「設定」アプリがありますが、この中にある「バックアップとリセット」項目をオンにするだけでOKなので、すでに意識せずに使用している方も多いのではないかと思われます。

OS標準のバックアップはグーグルアカウントに同期しているデータのみ

ただし、このOS標準のシステムでバックアップされるデータは、グーグルアカウントに同期しているデータ(Googleカレンダーの設定、Wi-Fiパスワード、Gmail設定、Google Playからインストールしたアプリ、言語と入力の設定など)のみです。バックアップされたデータはクラウドに保存され、同じGoogleアカウントでログインするだけで復元されます。

こうした設定が引き継がれるだけでも、機種変更の時だけでなく、機器の不具合で初期化を余儀なくされてしまった際には非常に便利です。一方で、グーグルアカウントと紐づいていない連絡先や通話履歴、あるいは画像や音楽データなどはバックアップされていないので、こうしたデータはまた別の手段でバックアップをとっておく必要があります。

画像のバックアップは「Googleフォト」が便利

保存した画像のバックアップには、Androidタブレットならデフォルトでインストールされていることも多い「Googleフォト」が便利です。

グーグルアカウントにログインしていることを確認後、「Googleフォト」アプリを起動。メニューアイコンから「設定」 → 「バックアップと同期」 を選択し、 ON にします。アップロード サイズを 「高画質」 に設定している場合、なんと無料で容量無制限のストレージを利用できることになります。一方で撮影時のデータそのままで保存する場合は15GBまで無料で、有料であれば最大30TBまで可能なプランもあります。

バックアップ用のアプリを利用する

「Google Playストア」から、各種バックアップ専用のアプリをインストールすれば、Googleアカウントに紐付いていないデータであっても、バックアップすることができます。

中でも「JSバックアップ」は各所で紹介されている、定番バックアップ用アプリの1つ。保存先に「SDカード」か、Dropboxなどの「クラウドストレージ」のどちらかを選ぶことができます。さらにはWi-Fi経由でパソコンにバックアップしたり、QRコードを生成したうえで、データの移行ができる機能もあります。

(参考:Galaxyのバックアップの取り方および復元方法

複数のバックアップ方法があるAndroid

このほか、AndroidタブレットとPCをUSBケーブルなどでつないで、PC側のデータ移行ソフトでバックアップをとることもできますし、SDカードを内蔵するタイプの機種でしたら、キャリアが機種に設定した独自のバックアップアプリで、SDカードにバックアップを作成することもできます。

Androidタブレットの場合、バックアップの手段は多種多様に用意されているので、それらを適宜活用することで、まさかの時に備えましょう。

(参考:NEXUSの本体バックアップと復元方法

キャリアショップや業者に依頼する

データのバックアップや復元の設定を自分で行うのはよくわからないという場合には、キャリアショップや修理業者へ相談・依頼することも可能です。

操作を代行してくれる保証プランがあるショップも

iPadの場合には、キャリアショップやアップル正規販売店、あるいは正規サービスプロバイダなどで操作方法を相談することで、バックアップや復元の方法を詳しく教えてもらえると思われます。特にキャリアショップでは、ショップ独自の保証プラン等に加入することで、バックアップやデータ復元操作をやってもらえることもあります。

データ関連を取り扱う修理業者も

また、端末の修理を行っている業者の中には、データ関連の不具合や設定まで請け負ってくれるショップが多数あります。ご自身でバックアップの作成・復元ができないという方は、そうした修理業者に依頼してみるのもいいでしょう。

データの取り出しなどを行っているショップであれば、比較的安い値段でバックアップや復元を行ってもらえます。使い方がわからない、故障していてデータが取り出せないという時には、ぜひ相談してみてください。

修理業者を比較するなら

そして当サイト、最安修理ドットコムでは、各業者の口コミや評価、保証期間も詳しく掲載しており、お近くの修理業者をカンタンに比較・検討できます。たとえば、各ショップごとのデータ復旧の料金も次のように比較検討することができます。(参考:iPad/iPad Air/iPad mini/iPad Proのデータ復旧の料金を比較しましょう

さらに、近くに修理業者が見つからない、店頭に持っていく時間がないという方には、「郵送修理」も受け付けているので、条件の良いショップを比較検討のうえ、問い合わせてみてください。

まとめ

ここまで、iPadやAndroidタブレットのデータバックアップの方法を説明してきました。iPadの場合はiCloudかiTunesを利用する、Andoroidタブレットの場合はOS標準のバックアップシステムと、専用アプリを利用してのバックアップの併用がおすすめです。使用方法、操作方法がわからない場合、検索すると多種多様なバックアップの手段が説明されているので、まずはこうしたサイトのご利用をおすすめします。

それでも操作方法がよくわからなかったり、故障でデータ復旧の必要がある際には、修理ショップに相談してみるとよいでしょう。その際には、最安修理ドットコムで、良いお店を見つけることができれば幸いです。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加