iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

なぜあなたのタブレットデバイスは充電できないのか!?充電で困ったときの対処法まとめ

どのメーカーのタブレットデバイスも、スマホと同様にリチウムイオン二次電池を搭載し、この蓄電装置に貯まった電気を使用することでデバイスが稼働するようになっています。つまり、どんな高性能・高機能のタブレットデバイスであろうと、充電できなければただのカタマリ。使い物になりません。

ところが、さあ使うぞと思って充電しようとしたにもかかわらず、あの電池マークが出てこなかったり、通電を意味するLEDも点灯(点滅?)しないとなれば、故障を疑ってしまうのも仕方ありません。

でもちょっと待って!「充電できない」というトラブルは、実はけっこう頻繁に起こりがちなトラブルの1つでもあって、ユーザー側の不注意から引き起こされていることが往々にしてあるようです。すなわち、「充電できない」というトラブルは、すぐに解消できる原因によるものも多いということ。ここでは、充電で困ったときの対処法について調べてみました。

まずはきみが落ち着け!(充電状況の確認)

そう、あなたが「なぜ!?」と叫び嘆いたところでタブレットは充電されません。まずは落ち着いてひと呼吸入れたら、充電の状況を確認してみましょう。

まずはコンセントをチェック

ACアダプタはコンセントに正しくささっていますか? iPadならライトニングケーブル、AndroidタブレットならマイクロUSBケーブル(あるいはUSB Type-Cケーブル)は、あなたのタブレットデバイスに正しくつながれていますか? 延長コードの先がコンセントにつながっていなかったなんてことは、ありがちなミステイクですので、ぜひ確認してみてください。

絡まりやホコリを取り除こう

あるいは、タブレット側の充電コネクタにホコリなどが詰まっているかもしれないので、「フッ」と息を吹きかけてみましょう。気になったら綿棒で優しく掃除をしてあげてもいいかもしれませんね。そっとコンセントを抜き差ししてみたり、絡まっているケーブルをほどきましょう。そして、正しくつながっていることを確認してもやっぱり充電されないとなったら、次の段階に進みます。

純正アダプタや純正ケーブルを使う(その逆もアリ)

「充電できない」トラブルの要因として多いのが、ケーブルの断線です。

見えない部分が断線しているかも…

特に使い古したケーブルは、見えない部分で断線してしまっている可能性があります。スペアのケーブルがあったら、別のケーブルに換えてみてください。あるいはサードパーティの安いライトニングケーブルを使用していたら、純正のケーブルに戻してみてもいいかもしれません。

iPadをUSBケーブルでPCにつないで充電しようとすると、パワー不足で充電されないというケースもあります。またはスマホ用のACアダプタを使用していた場合も、電流が少なくて充電できないというケースもあるようです。

新しいパーツでもう一度トライを

Androidのタブレット製品も含め、タブレットデバイスの電源アダプタは、スマホのそれに比べて多くの電流が流れるように作られています。純正品が使えるようなら純正品を使用し、電源に接続しなおして充電をやり直してみましょう。そして、純正品が古くなってしまっているようなら、できるだけ新しい(できれば純正と同様の規格の)アダプタやケーブルを使用して、もう一度充電してみましょう。

この段階でもまだ充電されなければ、いよいよ機器側にトラブルが起きている可能性が大きくなりました。でも、まだできることはあります。

再起動してもいいんです!

たまたま前回の使用時にシャットダウンしたと思っていたら、一時的な不具合でタブレットがフリーズしていたなどといったケースでは、やはり充電が始まりません。他にも機器側の不具合で充電できなくなっているというケースも考えられます。

正しく電源に接続されていることが確認できたのに充電が始まらないという場合には、タブレットデバイスを再起動することにより不具合が修復され、充電が可能になるという可能性があります。一度ケーブルを外したうえで、デバイスに再起動をかけてみましょう。

再起動の方法は機種によって異なります。別のスマホやPCの検索で調べてみてください。iPadならば、電源ボタンとホームボタンを同時に長押し→シャットダウン→電源ボタンをappleマークが出るまで長押しという順序で再起動できます。Androidのタブレットの場合は、電源ボタンの長押し(10秒以上)→シャットダウン→電源ボタンを長押しという例が多いようです。必ずしもそうではない場合もあるので、必ずご自身の機種に応じた手段での再起動をお願いします。

再起動をかけても充電が始まらない……となれば、いよいよ公式サポートや修理屋さんの出番かもしれません。この段階で相談してみるのも悪い判断ではないと思います。ただ、最後の手段がまだ残されています。

最後の手段は「初期化!」

自分でできるタブレットデバイスの不具合修復方法として、最後の手段ともいうべき選択肢がデバイスの初期化です。たとえば、インストールしたアプリが何らかのコンフリクトを発生させて機器に悪影響を及ぼしていたり、保存したデータが重すぎて不具合が起きていた場合などは、初期化によってデータが空になり、問題のアプリが削除されることによって不具合が解消される可能性があります。

また、修理に出したら結局は初期化されてしまうことも往々にしてあるので、修理代金を出すぐらいなら自分で初期化をしてしまったほうがおトクであることは言うまでもありません。もちろん、初期化の前にはデータのバックアップは忘れずに。

メーカーの公式サポートに相談する

初期化をしてもやっぱり充電できないとなれば、そのタブレットデバイスは明らかに故障しています。バッテリーが劣化している、デバイス内部で断線しているなどなど、「充電できない」理由には、様々な原因が考えられます。

製品の保証期間中であれば、不具合はまずメーカーの公式サポートに相談してみることをおすすめします。メーカーの公式サポートへの相談は、多くの場合、電話や公式サイトからメール等での連絡となります。

iPadであれば、Apple直営店や正規サービスプロバイダに修理や交換を依頼できます。電話や公式サイトから予約を入れたうえで出向いたほうが、相談もスムーズです。Androidタブレットの場合は、各メーカーのサポートに問い合わせてみてください。なお、たとえ公式サポートへの相談であっても、依頼前のデータのバックアップは必須です。大切なデータは、かならず事前にバックアップしておきましょう。

(参考:iPadが充電できないときに自分で直す方法と修理方法

街の修理ショップに相談する

タブレットデバイスが「充電できない」場合、お近くのスマホやタブレット製品の修理ショップに相談してみるという方法もあります。

非正規修理のメリット・デメリット

街の修理ショップは様々なタブレット製品の修理に対応していることに加え、費用も公式サポートより安い価格で、かつ様々な要望に対して柔軟に対処してもらえるので、特にメーカー保証が切れているタブレットデバイスの修理にはおすすめの方法です。

ただし、非正規修理業者で一度でも修理すると、通常はその後の公式サポートの修理を受けることができなくなります。その分、修理ショップ独自の保証がつく場合もあるので、ご自身のメリット・デメリットをよく考えたうえでご利用ください。

修理業者を探す、比較するならこちら

当サイト、最安修理ドットコムでは、各業者の口コミや評価、保証期間も詳しく掲載しており、お近くの修理業者をカンタンに比較・検討できます。ぜひご利用ください。

(参考:iPad故障時の修理の流れ

さらに、近くに修理業者が見つからない、店頭に持っていく時間がないという方には、「郵送修理」も受け付けているので、条件の良いショップを比較検討のうえ、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

まとめ

タブレットデバイスが「充電できない」ことになったときに、その対処方法を説明してきました。バッテリーの劣化が激しかったり、内部で断線が起きていた場合などを除き、充電できないというトラブルはけっこう簡単に解決できるケースが多いようです。「故障か!?」と疑う前に、まずは充電環境を整理してみてください。

特にケーブルやアダプタの不具合は交換すれば直るのですから、新しいものを用意するのも悪くない選択肢と言えます。いつも快適にタブレットを使用するために、ご使用のデバイスの規格に対応した正しいケーブルやアダプタを使用するよう心がけましょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加