iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

意外と知らないAppleCareとAppleCare+の違い

Appleファンはよく知っているAppleCareですが、通常版と+版があります。これらの違いについて少し解説してみましょう。Apple製品によって加入できるタイプが決まっています。


Apple Care / Bacteriano

2種類のAppleCareはどう違うか

AppleCare+やAppleCareは保証期間はいずれも2年となっていますが、保証内容に違いがあります。AppleCare+の場合、画面割れなどの破損や水没した場合の修理サービスが最大2回まで7800円で受けることができます。もちろん、通常の製品1年保証よりも修理サービス費用が安くなっています。

そして、AppleCare+はiPhoneやiPad、iPodを購入したときに加入するものです。一方のAppleCareは、MacやAppleTVを購入したときに加入するものとなっています。製品により価格も違いますが、選択できなくなっています。

忘れてはならないAppleCareのこんなサービス

AppleCare+やAppleCareに加入していても、修理保証期間内に保証対象の修理サービスを受けることができますが、意外と知られていないサービスも含まれています。せっかく加入したAppleCareですから、タイミングよくサービスを利用するといいでしょう。

AppleCareは、ACアダプタやイヤホン、USBケーブルも保証対象になり修理交換になります。さらに別途同時購入したApple製品も保証対象になりますから、マウスやRAM、キーボード、マイクなどもしっかりと保証されます。バッテリー無償交換サービスやエクスプレス交換サービスも忘れずに利用すべきです。

AppleCare+やAppleCareに加入するかの判断方法

AppleCare+やAppleCareは、とても手厚いサービス内容に思えます。しかし、加入して得をする人と、逆に損をする人もいます。強制でもありませんので、自己判断で加入してください。あくまでも製品修理保証サービスを延長するものですので、2年以上iPhoneを使うような人でないと割に合いません。また、電話サポートも2年間まで延長されます。何かあったときに、何でも電話で聞けると思えば、不安も無くなります。

また、AppleCare+はiPhoneの水没・落下破損の修理もサポートしているので、うっかりミスが多い人は入っておくとリーズナブルな値段で交換修理ができます。

まとめ

AppleCare+やAppleCareは、あくまでも通常無償保証にプラスして加入するものです。その違いは、画面割れ破損や水没時の修理サービスが最大2回まで7800円で受けられることです。故障させたり、iPhoneで水没・落下破損したりする可能性が高いと思うなら、入っておくとリーズナブルな価格で修理サービスを受けることができます。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加