車検納税証明書を紛失!無い時は再発行可能なのか?

自動車ユーザーにとって、“車検”は常に意識しておかなければならない問題です。安くはない費用を支払って通さなくてはならない車検ですので、何一つ不備がない状態で手続きを行いたいですよね。車検の際は、費用以外にも各種書類が必要となります。その1つに「自動車税納税証明書」があります。ここでは、自動車税納税証明書の取り扱いに関して詳しく紹介していきます。


Car / llee_wu

車検時に必要な書類について

車検時には各種証明書が必要となってきます。まずは、どういった書類が必要なのかについて確認していきましょう。

必要な書類は3部

車検時に必要な書類は、代表的な物が3部あります。(ユーザー車検の場合はその他も多数あります)「車検証」「自動車損害賠償保障責任保険証明書」、そして当コラムでメインに扱う「自動車税納税証明書」の3つです。これらがそれぞれどのような役割を持っているのかを把握しておいてください。

車検証

「車検証」は、車検によって登録が証明された際に発行される書類です。継続検査の際には、以前承認を受けたときの車検証を提示する必要がありますので忘れないようにしましょう。

自動車損害賠償保障責任保険証明書

車両を所有している方は、“自動車損害賠償責任保険(自賠責)”に必ず加入しなくてはなりません。これは、事故を起こした際に相手に対する損害を保障するための保険で加入が義務付けられています。この保険に加入していることを証明するための書類が、自動車損害賠償保障責任保険証明書なのです。

自動車税納税証明書

当コラムで扱う「自動車税納税証明書」は、自動車税を納めていることを証明する書類です。車両を所有している方は、必ず自動車税を納めなくてはなりません。電気代などの公共料金を支払った時に、渡される証明書などと同じような物だと考えていいでしょう。

車検証、自動車税納税証明書は車両に積んでなければならない

この書類のうち、「車検証」・「自動車税納税証明書」の2つは基本的に車両に積んでいなくてはならないものです。車検証を携帯していなかった場合は、道路運送車両法に違反したということで「50万円以下の罰金」が課されることに決まっていますので注意してください。

また、「自動車税納税証明書」の不携帯は「30万円以下の罰金」と「違反点数の6点加算と免許停止」という重い処罰が下されます。どちらも、車検に関係なく常に車両に乗せておきましょう。

自動車税税税証明書は不要?

実は、「自動車税納税証明書」は車検時に不要な場合も増えてきました。どのような場合に不要になるのかでしょうか。

電子化の流れに合わせて不要の流れが進んでいる

自動車税納税証明書は、2015年頃から電子化が始まりました。この流れに合わせて、特定の条件を満たしている場合「車検の際に自動車税納税証明書は不要」となったのです。特定の条件は以下の通りになります。

◯自動車納税を正確に行っており滞納していない
◯納税後すでに3週間以上が経過している場合

つまり、車検より3週間前に納税が済んでおり、滞納が全く無い場合は「自動車税納税証明書」ということです。多くの方に該当するのではないでしょうか。

紛失の場合は再発行が必要

もしも上記の条件を満たしていない場合は、「“収納印”が押されている自動車税納税証明書」の提示が必要となります。しかし、自動車税納税証明書は意外にも紛失しやすいものです。また、条件を満たしていると勘違いして捨ててしまう方も最近は多いようです。車検の際に必要な方が、自動車税納税証明書を紛失してしまった場合は“再発行”をしてもらう必要があるのです。

再発行に必要なもの

自動車税納税証明書を再発行してもらうには、「車検証」と「印鑑」の2つが必要です。再発行を依頼する場所は、各都道府県の税事務所もしくは自動車税管理事務所になります。再発行であっても、基本的には手数料がかからないそうです。

わざわざ再発行の依頼をするのは、面倒ですので車検が終わるまではなるべく保管しておいたほうが良いかもしれませんね。

納税前に紛失してしまった場合は

もしも、納税前に紛失してしまった場合は催促の通知が送付されるはずです。こちらについている用紙で納税を行えば、問題はないですが延滞金がかかる可能性が高いので注意してくださいね。

まとめ

以上のように、現在車検の際は「自動車税納税証明書」が不要になるパターンが多いようです。通常通りに納税している方であれば、あまり意識する書類ではなくなっているようですね。車両に乗せてある、2つの書類のみで車検は受けられる方が多く鳴っているのは事実ですが、滞納してしまった人や納税から間もない頃に車検を受けるのであれば自動車税納税証明書が確実に必要です。再発行にも手間がかかるので、忘れずに取っておきましょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください