AppleStoreのジーニアスバーって何?アップル製品のことで困ったらココ!

iPhoneが壊れたときに、ケータイショップへ持っていくと一律で「こちらではお引受けできません」と言われてしまう。そんなiPhoneのサポートを公式に行っているのがジーニアスバーだ。今回は初見ではとっつきにくいジーニアスバーの使い方や代替サービスを説明しよう。


Genius Bar / mastermaq

そもそもジーニアスバーとは何か

iPhoneに限らず、アップル製品のサポートを行っているのがジーニアスバーだ。調子が悪いアップル製品を持ち込むことで適切なアドバイスをしてくれたり、修理の手続きを踏むことができたりする。ジーニアスバーは札幌、仙台、銀座、渋谷、表参道、名古屋栄、心斎橋、福岡天神にあるアップルストア内のみにあるので、地方在住の人には使いにくいかもしれない。

予約方法

iOSアプリのApple Storeを使うか、公式WEBサイトから予約する2種類の方法がある。アプリからのほうが予約が簡単なので、iOS端末を持っているならぜひアプリをダウンロードして利用してみよう。参考までに、アプリではストアタブから店舗を選び、都合の良い日時を指定し、コメント欄に具体的な症状を記載するとスムーズだ。公式WEBサイトでは事細かくサポート内容を聞かれるので面倒であるが、そのぶん自分で解決できるようなアドバイスをくれるのでぜひ利用してほしい。

予約しない場合

一応予約なしでも訪れることはできるが、予約のキャンセル待ちとなるので、待ち時間は最低でも1時間は覚悟したほうが良いだろう。急な故障には苦肉の策で利用するかもしれないが、基本的には予約を行ったほうが実際にサポートを受けるまでの時間も、サポート時間も短く済むためオススメだ。操作方法についての質問であれば、早めに予約を行うほうが良いだろう。

代替サービス

大きく分けて3つの手段がある。状況に合わせて、慎重に検討しよう。

アップルプレミアムリセラーでの修理受付

ジーニアスバー同様、正規の修理・交換を承っている。注意すべき点は特にない。料金もジーニアスバー同様となる。サポートも有料ながら行っているところが多い。

電話でのサポート

直接交換や修理はできないが、操作方法で不明な点があれば電話で聞いてしまうのが手っ取り早い。内容によって各通信会社の窓口へ問い合わせるか、それともアップルのサポートに問い合わせるかが違うので、自身で聞きたいことが何かを判断して電話しよう。万が一違った場合も適切な連絡先を教えてくれるのでよくわからなかったらどこかサポートへ電話してみるか、ケータイショップに飛び込んで電話番号を教えてもらおう。

非正規の修理サービス

また、iPhoneなどの製品には非正規の修理サービスも存在する。画面を割ってしまった時にApple Careなどの補償サービスに入っていないと1万円から3万円ほどの金額を要求されるが、非正規店ではその半額程度の料金で済むことが多い。近くにアップルストアがない、サポートに入っていないが安価に直したいというときには利用すべきだろう。

ただし、一度非正規店で修理をしてもらうと、その製品は二度とアップル公認のサービスを受けられなくなるために注意が必要だ。他にも悪質な修理で再修理が必要となる店舗もあるので、前評判は調べておこう。

まとめ

ジーニアスバーは予約した上で利用するのが最も賢い。ただ、サポートに一切入っていなかったりアップルストアが遠すぎたりする場合には非正規店の利用も考えてみるのがいいだろう。どちらも一度利用してしまえば使い方がわかるので、優先度はアップルストアのジーニアスバー>非正規店として、連絡を取ってみよう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください