iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

Xperiaの水没修理を依頼する場合の注意点まとめ

現代の生活において、無くてはならないものとなったスマートフォン。当然、精密機械なので、大事に扱いたいところではありますが、常に身に付け、操作する機会もこれだけ多くなると、ついつい使用にあたって気を使わなくなっていくものです。このとき怖いのが、誤ってスマートフォンを故障させてしまうことでしょう。とりわけ、スマートフォンの故障原因で最もよくあるのが、端末を水没させてしまうことです。

最もよくある故障の一つ、水没

シャツの胸ポケットや浅いポケットにスマートフォンを入れていると、トイレに水没させてしまうことが多いようです。また、お風呂でスマートフォンを操作していると、手から滑って湯船に落としてしまうということも、多々あるようです。Xperiaを始めとして、防水機能を伴っているスマートフォンが次第に増えてきてはいるものの、まだまだ防水性の乏しい機種も多く、スマートフォンにとって水は大敵であるのには変わりありません。iPhoneユーザーが多い日本で、iPhoneに防水機能がついたのも、iPhone7からです。


Sony Xperia ZR / Janitors

Xperiaといえども完璧ではない

日本を代表するスマートフォンブランドであるXperiaは、その防水機能に定評があります。防水機能を高く評価し、Xperiaを選ぶ方もきっと少なくないと思います。しかし、防水機能とはいえど、やはり限界があります。例えば、溝や亀裂がある状態では、完全には防水機能が発揮されません。また、水の中に長時間水没している状況では、当然、防水が破られ、故障する可能性が一段と高まります。つまり、Xperiaといえども、完全防水とはいかないということになります。

もし、Xperiaを水没させてしまった場合、状況によっては、電源がつかなくなってしまったり、基盤やその他部品がショートしたり、さび付いたりしてしまい、端末内のデータも飛んでしまうかもしれません。

そこで、水没してしまった時にも冷静に対処できるよう、ここではXperia水没時の処置・修理について考えてみたいと思います。

水没させてしまった場合の処置

まず、Xperiaに限らず、スマートフォンを水没させてしまった場合は、電源を切る、もしくは電源を入れないというのが鉄則です。通電状態にあると、水に濡れた基盤がショートし、故障を招くおそれが格段に高まります。また、カバーというカバーは全部外し、SDカードやSIMカード、抜きとれるものは全て抜き取りましょう。

次に、水分を拭き取ります。もし、トイレなど、汚れた水の中に落としてしまった場合は、大まかに水分を吸収した後、綺麗な水を含ませた布で拭き取りましょう。不純物が故障を招くおそれがあるためです。なお、拭き取りの際、やってしまいがちな注意点があります。それは、端末を振らない、なるべく傾けないことです。これらの行為は、内部の水分が余計なところにまで入り込んでしまう原因となるので、絶対に避けましょう。

乾かすのには、ドライヤーを使った方が良いのではと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。ドライヤーは、確かに乾かす道具ではありますが、乾かせる範囲が狭く、端末の表面にしか影響がありません。むしろ、ドライヤーの与える熱が内部にこもることで、基盤などの精密部品にダメージを与えたり、サビが発生してしまう原因となったりするおそれがありますので、ドライヤーの使用はできるだけ避けた方が無難でしょう。

では、何で乾かせばよいのでしょうか。おすすめしたいのは、乾燥剤(シリカゲル)です。できれば、なるべく新しい乾燥剤を使用することが好ましいので、ホームセンターや薬局などから調達しましょう。しかし、水没対応は時間との勝負もありますので、すぐに調達できない場合は、お菓子の袋の中に入っている乾燥剤を使うのも一手です。また、乾燥剤の代用品として、市販の除湿剤も有効です。乾燥剤がない場合は、除湿剤の使用も検討してみましょう。

乾燥剤を用意したら、ジップロックの出番です。冷蔵庫や冷凍庫に食材を保存するのに用いられるジップロックですが、その密封性の高さは何かと重宝します。ジップロックに、乾燥剤と端末を入れて、空気は完全に抜かないようにしてください。空気の移動がなくなると、乾燥剤の力が最大限に発揮できなくなります。少し空気が入っている程度で密封するのがよいでしょう。

密封したジップロックは、やや暖かいところにしばらく置いておきましょう。冷えたところでは、乾燥剤の効果が薄れてしまうためです。暖かい場所の方が効果的と考えられますが、しかし、逆に熱すぎるとドライヤーの問題と同じように熱が端末にダメージを与えてしまうおそれがありますので、直射日光のあたる場所やストーブの前、コタツの中などはなるべく避けるようにしましょう。1日も密封しておけば、内部は乾燥すると思われますが、できることなら、念のため2、3日は様子をみるようにしましょう。

なお、よく生米の中に端末を保管すると電源が復活する、という話をよく耳にします。その仕組みははっきりと解明されていないようですが、もしかしたら乾燥剤と同じような効果があるのかもしれません。しかし、この方法では、汚れや不純物が紛れ込むおそれがありますので、できれば避けた方がよいでしょう。

2、3日経過したら、ジップロックを開けて、端末を取り出し、電源を入れてみましょう。電源が入って画面が映れば、めでたく復活です。しかし、画面がつかない、あるいは画面はつくものの、チラつく、もしくは充電ができない、画面でタップできない箇所があるといった不具合があるのなら、もはや修理に出すしかありません。

修理店に依頼する場合の注意点

このように、水没は往々にして深刻な問題となり、結局は新品への買い替えを迫られることがありますが、中にはどうしてもデータを取り戻したいと思う方もきっと少なくないと思います。こうした場合、もし自分で復旧を試みても失敗したのなら、修理店に依頼することもできます。ただ、これにはいくつか注意点があります。

まず、修理店に依頼するとしてもデータ復旧は100%保証されるわけではありません。それは、そもそもデータを取り戻せるか否かという根本的なことでもあり、またすべてのデータを取り戻せるか否かということでもあります。

そして、それに付随するように料金の問題があります。水没からのデータ復旧は、やや割高になるのが一般的ですので、特に「依頼したはよいが、結局データが戻らなかった」場合に、どのような支払いになるか(作業代だけで済むか、事前に提示された額を全額請求されるかは店によって異なります)は、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

携帯補償サービスの加入も検討しよう

大手キャリアでは、ケータイ補償のサービスに加入していた場合(有償)、修理・交換などが5,000円前後で行えるようなので、水没を心配する方は、加入しておいた方がよいかもしれません。なお、水没してしまった端末は修理ではなく、新品に交換になってしまうケースが多いようです。

水没は、割と身近なトラブルで、お風呂やトイレで使用しなくても、運が悪ければ雨の日に端末を道に落としただけでも、水没状態になります。このため、対応策として、水没の危険性が高いところでの使用を避けるのはもちろん、重要なデータは定期的にバックアップを取るような習慣をつけるようにしましょう。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加