Xperiaの液晶ガラスが割れた時の対処・修理方法をまとめてみた

オムニバスデザインの採用によって、他社にはない薄さを実現したXperiaは、一般のAndroidスマホと比べてガラス割れに関するトラブルが多い傾向があります。またXperiaなどのAndroid端末の場合は、iPhoneでは全く問題のないレベルの液晶ヒビ割れでも操作不能になることが多いと言われていますので、「ガラスが割れただけだから」と楽観視せずきちんとした対処方法でスマホの修理をすべきと言えるでしょう。今回は、愛用のXperiaにガラス割れが生じた時に行っていただきたい対応策と手順を徹底解説していきます。


Sony Xperia Z, Z1, Z2, Tablet Z Compared / lkaestner

Xperiaのガラス割れが生じた時に最初にすべきこととは?

Xperiaにガラス割れが生じた時には、それだけ大きな衝撃がスマホに与えられたと捉えて、早めにデータのバックアップを行うようにしてください。

内部基板が壊れていることもある

現段階で普通に動作する場合は、多くの人が「このぐらいなら修理をしなくても大丈夫!」と考える傾向があります。しかしガラス割れによって基板などにダメージがあった場合は、同様の衝撃が再び加わることでXperiaが起動できなくなることもありますので、早めの対処が必要だと言えるのです。こういった想定外のトラブルを回避するためにも、「修理する・しない」の決断の前にスマホ内のバックアップを取るようにしてください。

ガラス割れ修理ならデータが消えないのでは?

スマートフォン修理業者の中には、「ガラス割れならデータを消さずに直せます!」と断言しているところも存在します。しかし既に内部基板に損傷が生じていて、Xperiaを分解したタイミングでデータが消えるトラブルもあることを想定すると、リスク回避のためにバックアップを行う必要があるのです。これに対してドコモやauといった携帯電話キャリア会社の場合は、個人情報データを削除したスマートフォンのみが修理対象となりますので、持ち込み先がどこであっても自分でバックアップを取るべきと言えるでしょう。

Xperiaのガラス割れによってタッチパネルの操作ができない場合は?

他社のAndroidやiPhoneと比べてデリケートなXperiaは、少しのガラス割れが生じただけで操作不能になるケースが非常に多いと言われています。このような状態でも電源が入り、なんとか画面のメニューやアイコンが目視できる場合は、パソコン用のUSBマウスやBluetoothマウスを使ってバックアップを行うようにしてください。

マウス接続に必要なアイテムとは?

PC用のマウスをXperiaに繋げるためには、家電量販店や100円ショップで販売されているmicroUSBとUSBの変換アダプターが必要です。このアダプターを使ってマウスを接続すれば、特別な設定をしなくてもXperiaの操作が可能となります。

設定さえしておけばBluetoothマウスも使用可能

Xperiaが普通に動くうちに接続設定しておけば、変換アダプターを用意しなくてもBluetoothマウスを使ってデータバックアップの準備が行なえます。また接続設定は2~3分で行なえますので、オフィスなどでBluetoothマウスを使っている場合は万が一に備えてXperiaと繋げておいても良いでしょう。

修理依頼をする前に行うXperiaのバックアップ法とは?

Xperiaを修理に出す前に行うバックアップ法には、下記3つの方法を含めたさまざまな手段があります。

Googleアカウントの活用で復元がスムーズになる

日頃から連絡先やカレンダー、写真データなどをGoogleアカウントに保管しておくと、修理が終わったXperiaでパスワードを入力するだけで簡単にデータの復元が可能となります。この方法のバックアップは限られたコンテンツだけとなりますので、「Xperia内の全データを保存したい」といった場合は、他の手段との併用が必要と言えるでしょう。

非常に簡単なSDカードを使ったバックアップ

XperiaにmicroSDカードを挿入している場合は、SDカードバックアップ機能を使って各種データを保管する大変簡単な方法もおすすめです。この機能を用いると、電話帳、SPモードメール、画像や音楽などのメディアファイル、スケジュール、メモ帳ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書などの退避が可能となります。デジタルカメラなどで何度も抜き差ししているmicroSDカードは接続部分が消耗していますので、大事なデータがたくさん詰まったXperiaのバックアップを行う際には新品を用いるのが理想と言えそうです。

データと併せてアプリもバックアップしてみましょう

Xperiaにたくさんのアプリケーションをダウンロードしている場合は、JSバックアップなどのソフトを使って「データとアプリを両方バックアップする方法」もおすすめです。予めアプリケーションを退避させておけば、Xperiaが戻ってきた時に再びインストールをしなくてもすぐに復旧することができます。

ガラス割れしたXperiaにはどんな修理方法がある?

画面にヒビ割れが生じてしまったXperiaには、大きく分けて2つの修理方法が存在します。

各キャリア会社の補償サービスに加入している場合

月々380円~500円を払って各キャリア会社の補償サービスに入っている場合は、ドコモショップやauストアなどの店舗に端末を持ち込むことで比較的安くXperiaの修理を行なえます。またガラス割れが生じたタイミングで「画面が見えない」とか「電源が入らない」といった状況に陥った場合は、ケータイデータ復旧サービスもありますので、自分でバックアップができない場合は相談をしてみると良いでしょう。

早く修理を終えたい場合

各キャリア会社の補償サービスに加入をしていないXperiaで、「面倒な手続きを省いてとにかく早く修理したい」といった場合は、Android端末の修理専門店に持ち込む方法がおすすめです。このようなショップに修理依頼をすると、早くて1~2時間ほどでXperiaが直ります。また近頃では郵送修理や出張修理を行う専門店も増えていますので、自宅の近くにキャリア会社のショップがない人でもさまざまな修理方法を選べると考えて良いでしょう。

まとめ

Xperiaにガラス割れが生じたことで操作に支障が出た場合は、内部基板にダメージが加わっていることを想定して「バックアップをとること」と「早めに修理をすること」が理想となります。もし修理スピードや料金などの部分で満足できる専門店が見つからない場合は、全国のXperia修理業者が集う最安修理ドットコムを使ってみてください。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください