ゼニス腕時計の故障時に知りたい保証・修理情報まとめ

ゼニスは、1868年に設立されたスイスの高級時計ブランドとなっています。ゼニスでは、ムーブメントを自製する「マニュファクチュール」となっており、それらを使用したエル・プリメオ、キャプテン、エリートが特に有名となっています。


zenith… 068 / watch repairer

ゼニスが故障してしまったら

ゼニスは、マニュファクチュールで有名な時計ブランドとなっています。マニュファクチュールは、時計に使用されるムーブメントを自社で製造しているという意味になります。そのため、非常に精巧な時計に仕上がっていますので、定期的な点検は欠かすことができません。それでも故障してしまうということはありますので、故障した際の対応方法について知っておく必要があります。

ゼニスの時計が故障した場合の対応として、初めに考えられるのが、ゼニスのメーカーに修理を依頼するという方法です。ゼニスでは、Webサイト上にオーバーホールや点検の価格を公表しています。

ゼニスにムーブメントの点検を依頼する場合、機種や構造によって値段が異なります。「エリート」の場合、シンプルは25,000円、コンプリケーションは30,000円となります。次に、「エル・プリメオ」の場合、シンプルは32,000円、コンプリケーションは35,000円、オートオロジェリーはスイスでの見積もりとなっています。「ヒストリカルウォッチ」の場合、クォーツは15,000円、機械式時計はスイスでの見積もりとなります。

次にオーバーホールの料金です。こちらも機種や構造によって値段が異なります。「エリート」の場合、シンプルは43,000円、コンプリケーションは51,000円となります。次に、「エル・プリメオ」の場合、シンプルは55,000円、コンプリケーションは65,000円、オートオロジェリーはスイスでの見積もりとなっています。「ヒストリカルウォッチ」の場合、クォーツは26,000円、機械式時計はスイスでの見積もりとなります。

その他の項目としては、ポリッシュ仕上げを行う場合、ケースのみであれば20,000円、ケースとブレスレットを行う場合は30,000円、ケースとディブロインバックルを行う場合は25,000円、ブレスレットのみを行う場合は25,000円となっています。なお、オーバーホールの際に+10,000円を出すことで、サービスポリッシュを受けることもできます。また、電池交換を行う場合は10,000円、時間調節を行う場合は7,000円、コンディションチェックを行う場合は4,000円という値段設定となっています。

なお、これらの修理を受ける際には、保証書を提示する必要があります。これらの価格については、正規ユーザーの価格になりますので、保証書の提示がなかった場合、これらの価格がすべて5割増しとなりますので、かならず保証書を提示するようにしてください。

故障した場合の対応として、2つ目に時計店で修理を依頼するという方法が考えられます。

時計店で修理する場合の価格の一例として、エル・プリメロのオーバーホール代金として35,000円、クロノマスターオープンのオーバーホールとして40,000円、外装仕立てとして12,000円といった設定があります。これらの価格を見てもわかる通り、時計店で修理を行った方が、価格的には安く仕上がります。

しかし、デメリットとして純正部品が入手できないという点が挙げられます。メーカー修理であれば、純正部品を使用して修理することができますが、時計店では代替品を使用して修理しなければなりませんので、部品の不具合が出る可能性も考えられます。また、信頼できる時計店に預けなければ、時計店で修理を行う職人さんの技術不足により適切な修理が受けられないことや、修理内容に問題があるといったデメリットも考えられます。ただし、信頼できる時計店で、メーカーの技術者よりも技術・経験共に優れた職人さんがいらっしゃるようであれば、このデメリットについては、検討する必要がありません。さらに、メーカーで修理した場合には、修理後1年間の保証がついています。そのため、同じ部分で故障が発生した場合は、保証を利用することができますが、時計店では保証を行っているところはわずかとなります。

それら、メリット・デメリットをしっかりと考えたうえで、修理の依頼先を選択する必要があります。

保証内容・保証期間

ゼニスには、メーカーの保証として2年間の保証期間が設けられています。この保証を受ける条件としては、①ゼニス社認定の正規取扱店で購入したこと、②保証書に、販売店の名前、住所、購入日、製品番号が明記されていること、③製品に付属されている「使用上の注意とメンテナンス」に関する説明書の内容に反した使用や取り扱いをしていないこと、④ゼニス社の正規のサービスセンターに時計とともに保証書を提出すること、の4点を条件としています。これらの条件に反していた場合は、メーカー保証を受けることができません。また、この保証では、時計の正常な劣化やベルトの自然な磨耗、時計の着用により生じるケースやサファイアガラスの傷については、保証されません。

これらの条件に合致する修理であれば、世界共通の国際保証として、2年間のメーカー保証を受けることができます。さらに、保証書カード裏面の①ムーブメント・ナンバー、②セキュリティ・ナンバーをゼニス社のWEBサイトから登録することで、保証期間が1年延長になります。そのため、メーカー保証期間は最長で3年間ということになります。

ゼニスからもらえる保証書については、保証期間内であれば保証を使うのに必要となりますが、それ以降においても、点検やオーバーホールの際に正規のユーザーであることを証明する資料となりますので、しっかり管理する必要があります。

国際保証書の注意点

ゼニスの時計を正規取扱店販売店で購入した場合は、前述した通り、国際保証書(カード)受け取ることができます。この国際保証書は、メーカーで印字されたものが購入者に送付されるものとなっています。そのため、一般的な保証書のように印字される部分に購入店の押印や手書きとなっていた場合、保証は受けられないと考えていいでしょう。

国際保証書を受け取った際には、印字されるべき部分に押印や手書きがされていないこと、重要な事項(特に販売店の名前、住所、購入日、製品番号)がしっかりと印字されていること自分自身でしっかりと確認してください。

まとめ

ゼニスは、マニュファクチュールの時計として有名です。自社でムーブメントを作成していますので、その構造については、ゼニス社が最もよく熟知しています。そのため、故障が発生した際にも、どの部分にどのような問題が生じているのかについて、しっかりと原因を究明することができます。そのため、ゼニスの時計を点検やオーバーホールする場合には、ゼニスのメーカー修理を行うことをおすすめしますが、問題となるのは、その値段です。特に、保証書が無い場合は、表示価格の5割増しとなりますので、メーカーで修理を受けるよりも安価な時計店での修理を行わざるを得ないということになってしまいます。

そうならないためにも、ゼニスの時計を購入する際には、正規販売店で購入し、メーカー保証3年間を受けることができる保証書カードを受け取る方が、将来的なコストは安く抑えることができるのではないでしょうか。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの 買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

役立ったら是非シェアしてください