iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

【保存版】ZenPadの買取価格を徹底比較

ZenpadはASUSが発売しているタブレットです。Zenfoneの画面が大きくなったバージョンといっても過言ではありません。数あるタブレットのなかでも知名度が高く、利用者が多いことでも知られています。

その理由として1万円~3万円の比較的安い価格帯のタブレットになるので気軽に購入しやすいこと、それでいて様々な機能に対応しておりラインナップが豊富にあることが挙げられます。Zenpadだけでも種類がたくさんあり、日本で発売を開始してから驚くようなスピードで新機種を発表しています。ゲームを頻繁にプレイする人や仕事でタブレットを使う人など、スマホではカバーできない大画面の使い勝手の良さや魅力があります。機能性を求めるからこそ、Zenpadは新機種が出る度に気になってしまう方も多いのではないでしょうか。

Zenpadの機種ごとに買取に出した場合はどのぐらいの相場になるのか、また買取価格を高くする場合はどうしたらいいのかについてご紹介します。


華碩執行長沈振來 / genewang0123

Zenpadのスペックを見直してみよう

Zenpadはモデルの機種ごとにスペックの内容が大きく変わります。Zenpadを語る上で大きな違いがあるのが画面の大きさ(インチ)の違いでしょう。

液晶画面の大きさ

「Zenpad7」は110.9×189×8.7mm、「Zenpad8」は209×123×8.5mm、「Zenpad10」は251.6×172×7.9mm~8.9mmと3つの大きさがあります。

Zenpadのようなタブレットは使い方などによってもできるだけ画面を多いい方がいいという人もいますし、なかには画面は適度な大きさで持ち歩きに優れている方がいいという人もいるはずです。使う人によってどれが一番適したものになるのかは違うということがわかると思います。

シリーズ展開が豊富

さらにZenpadは同じ7のシリーズでも一番人気の「Z370KL」もあれば、価格帯がお手頃な「Z370C」もあります。8のシリーズは4種類も展開があり、一番スペックが高いのは「Z580CA」です。8と10に関しては、法人向けのモデルなども出ています。

Wi-Fiを使用したモデル、SIMカードを装着して使えるモデル、通話機能がついているのかによってもモデルが変わります。Zenpadの種類の多さだけみると何がなんだかわからなくなってしまうかもしれません。それぐらい種類も多いので、購入する時は慎重に違いについて比較してみましょう。違いを理解していないと購入後に後悔をすることになってしまいます。

Zenpadの販売価格はいくら?

では気になるZenpadの各シリーズの販売価格を見ていきましょう。

各シリーズの販売価格

Zenpadはコストパフォーマンスが最高!と言われていることからもわかるように、コスパの良さは他のAndroidやタブレットと比較しても一番ではないでしょうか。正直これだけの機能がついていてこの金額でタブレットが購入できるのはZenpadだからこそだといえます。

  • Zenpad7:16GB…18,980円
  • Zenpad8:16GB…22,500円
  • Zenpad10:16GB…24,730円

キャンペーンを利用すればさらにお得に購入可能

ASUS ZenPad 3S 10 LTEなどの2016年に発売された機種は4万円台と比較的高価なタブレットになります。発売価格が高くなった分、独自技術により映像がより滑らかになり、イヤホンを使用するとバーチャルサウンドを楽しめるなど嬉しいポイントがたくさんあります。Zenpadにどこまでのモデルを求めるのかによっても価格帯は大きく変わります。

とはいえ、乗り換え割引などその時に応じてキャンペーンなども行われているため、キャンペーンを利用して購入すればよりお得にZenpadを楽しむこともできます。どれがいいのかはしっかりと選びましょうね。

Zenpadの買取相場価格とは?

さて、次にZenpadの買取相場はどの程度になのか調べてみましょう。もともとタブレットの価格帯も安いのでそこまで値段に変わりはないと思います。

各シリーズの買取相場価格

  • Zenpad7:16GB…3,000円~5,000円
  • Zenpad8:16GB…12,000円~20,000円
  • Zenpad8:32GB…14,000円~23,000円
  • Zenpad10:16GB…10,000円~17,000円
  • Zenpad10:32GB…19,000円~33,000円

買取業者によって異なる買取相場

比較的新しい機種はその分買取代金も上がります。やはり今だとZenpad10が一番高額になり、次いで人気が高く一定の値段を保ち値下がりが少ないのがZenpad8だといえるのではないでしょうか。

いずれにしても買取業者によって値段の幅が大きく変わりますし、Zenpadの状態によっては減額や買取対象外になる可能性もあります。Zenpadの買取に関しては見積もりを事前にもらい、納得できる価格帯かしっかりと見極めた方がいいのではないでしょうか。Zenpadの買取価格は高く感じましたか?それを踏まえた上で検討してみてくださいね。

Zenpadを少しでも高額に買取してもらうためには?

Zenpadを少しでも高額買取してもらうにはどうしたらいいのでしょうか。ここではそのためのポイントについて説明します。

買取に出す時は早めに!

Zenpadのように次々に新機種を発売するタブレットは、新機種が出る度に買取価格が下がってしまいます。できるなら新しい機種がほしいなと思った時点で見積もりをもらい、高い金額を提示してくれる業者に買い取ってもらうのが懸命です。

新機種が発売される度に3,000円~5,000円、後継者モデルが出るとさらに一気に金額が下がる可能性があることを覚えておきましょう。

付属品の有無

Zenpadの取り扱い説明書や購入時の箱・充電ケーブル・卓上ホルダなどの付属品はできるだけ一緒に買取に出すようにしましょう。1つの付属品の欠品毎に数千円も減額されてしまうこともあります。多少古くてもないよりはある方が価値も高いと判断されますので、付属品はできるだけキレイな状態で残しておくことをおすすめします。

故障の確認

Zenpadを実際に操作してみて通常通り動かないなど、何らかの不具合があると買取対象外となることがあるため十分に注意しましょう。特に多い不具合はバイブ機能が正常に作動しない、カメラのピントが合わない・ボタンを押しても反応しないなどです。

使っている時はなんともなくても、リセットをかけた時に故障が見られる場合があります。またタブレットで画面が割れている・一部破損していて使えないなどの故障も減点、もしくは買取対象外になりますので事前に確認しておきましょう。

Zenpad買取に出す前にして欲しい手順

Zenpadなどのタブレットをリセットせず、位置情報などをオフにしないで買取の見積もりに出すのはおすすめしません。タブレットの買取は事前の準備が必要となる場合もありますので、手順に沿って行なうようにしてくださいね。

初期化する

事前にタブレットの初期化ができていないと買取対象外となってしまうこともあります。タブレットの内容はバックアップを取っておき、充電した上で初期化の作業を行っておきましょう。おサイフケータイなどのデータは初期化しても消すことができないので、キャリアなどの窓口にて初期化してもらいその上で買取に出すようにしてくださいね。

この一手間が面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、初期化しておけばいざという時に個人情報の流出などを防ぐことに繋がるため、忘れずに行なうようにしてくださいね。

SIMカードは抜いておく

意外と忘れてしまいがちなのがタブレットのSIMカードを抜くことです。これは買取対象外になりますので、事前にタブレットの後ろについている蓋を外してSIMカードを抜いておきましょう。最近の機種は電池パックと一体型になっているものが多いのですぐに見つかると思います。

Zenpadの買取業者の選び方とは?

Zenpadを買取に出す際、業者選びはとても重要です。損をしないためにもその選ぶ時のポイントについて一度見直しておきましょう。

専門店を選ぶ

Zenpadを買取に出す時は、できるだけスマホやタブレットなどの専門店を選ぶようにしましょう。専門の知識を持ったスタッフがいると、もしZenpadに何らかの不具合が起きていても買取対象になることもありますし、買取額が高額になる場合もあります。

実店舗があるか?

買取業者を選ぶ時は、トラブルを防止するためにも実店舗の有無を確認するようにしましょう。実店舗があると事前に口コミを確認できます。個人情報などが含まれたスマホやタブレットなどを買取に出す場合は安心して取引ができるに越したことはありません。その場で値段を交渉することもできるほか、即日現金対応をしている業者もあるのでメリットが大きいといえるのではないでしょうか。

Zenpadを買取に出す時におすすめしたい業者は?

最後に、Zenpadを買取に出す場合に是非ともおすすめしたい業者について紹介します。買取業者はたくさんあるからこそ、納得できるところでお願いするようにしたいですね。

携帯少年

https://kaitorishonen.com/

創業20周年以上の実績を誇るイオシスグループのスマホや携帯の買取専門店になります。東京の秋葉原・大阪・名古屋などに実店舗があり、利用者が多く安心して取引ができます。

年間販売実績約260,000件、買取実績12,000件以上と大きな市場を持っていることから、他社ではできない高額買取を実現しています。はじめての買取でも満足できる嬉しいポイントがたくさんあります。

バイヤーズ

http://www.buyers-buy-mobile.com/beginner/about.php

東京の渋谷・池袋に店舗を持つバイヤーズはスマホ・携帯・タブレットを中心に買取しています。見積もりや手数料・配送料などが無料なので余計な費用がかかりません。即日現金化にも対応、なんといっても付属品の有無で減額がないのが嬉しいですね。支払いの終わっていない白ロムの買取も行っています。法人向けのサービスなどもありHPもわかりやすいのでおすすめです。

まとめ

Zenpadを買取に出す際は、後悔のないように複数社を比較してから業者を決定することをおすすめします。同時に事前準備を行なうことで安心して取引ができるため、初期化や付属品の確認などはしっかりと行いましょうね。

買取価格比較サイトのご紹介

最安修理ドットコムの姉妹サイトとして、 iPhoneをはじめとするスマホ・タブレットなどの買取価格を比較できるサイト「ヒカカク!」 を運営しています。あなたが持っているモノの買取相場をまずは調べてみませんか。 画面割れ、起動不能など壊れた携帯電話も売ることができます。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加