シリンダー交換を自分でする方法は?注意点や費用相場も紹介

シリンダー交換を自分でする方法は?注意点や費用相場も紹介

鍵の交換を検討しているのであれば、シリンダー交換をしなければいけません。
しかし、「そもそもシリンダー交換とは何なのか」「どのようにして行えばいいのか」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、シリンダーの概要やシリンダーの交換のやり方などを紹介します。
交換できる鍵の種類や準備すべきこと、そして注意点なども説明するので参考にしてくださいね。

そもそもシリンダーとは?

シリンダーとは、錠前を操作する鍵穴のことです。
鍵穴は、専用の鍵でしか動きません。
そのため、鍵を交換するのであれば、鍵のみならず鍵穴も交換する必要があります。

似たような言葉として、“シリンダー錠”があります。
シリンダー錠とは、シリンダーやサムターンなどの総称です。
シリンダー錠を細かく分けると、以下のような種類があります。

  • ディスクシリンダー錠
  • ピンシリンダー錠
  • マグネットタンブラーシリンダー錠

シリンダーを交換できる鍵の種類

鍵の種類によっては、シリンダーのみの交換ができません。
把握せずに交換を依頼すると、無駄な料金が発生する恐れがあるので注意しましょう。
シリンダー交換が可能な鍵とシリンダーのみ交換できない鍵を説明します。

シリンダー交換が可能な鍵

シリンダーとドアノブが別で取りつけられている鍵であれば、シリンダーのみの交換もできます。
それぞれの鍵の名前と特長は以下の通りです。

鍵の名前特徴
シリンダー箱錠
  • 錠前、鍵、取手、面板、受座、錠箱がひとつになっている
  • 防犯性が高く、玄関錠に使われるケースが多い
プッシュプル錠
  • 室外からはハンドルを引く、室内からはハンドルを押すとドアを開閉できるグリップ形状の錠前
  • 力をかけずにワンタッチで操作可能で、お年寄りや子どもでもドアの開閉がしやすい
面付箱錠
  • 錠の機構が入ったケースを室内側の面に取りつけるタイプの錠前
  • 内側からはサムターン、外側からは鍵を回して施解錠する
アンティーク錠(装飾錠)
  • 錠前の周りに装飾がされている錠前
  • ハンドルを握って親指でつまみを押す「サムラッチ錠」が採用されているケースが多い

アンティーク錠に関しては、ドアの厚さでシリンダーのタイプが異なるうえ、型番が記載されていない場合もあります。

また、OEM錠が使われていたり廃盤になっていたりするケースも多いです。
納期や費用が大きく変わる可能性が高いので、アンティーク錠の交換を希望する人は、発注前に業者に問い合わせましょう。

シリンダーのみ交換できない鍵

シリンダーと錠前が一体化している鍵は、単体での交換ができません。
名前や特徴は以下の通りです。

鍵の名前特徴
引違戸錠
  • 框の引きつけ、引き分けができる錠前
  • さらに細かく分けると、プッシュ式・上下スライド式・ネジ閉まり式の3つがある
インテグラル錠
  • ドアノブの中心に鍵穴がついているタイプの錠前
  • 内側からはサムターンとよばれるつまみを回すと、ロックをかけられる
円筒錠
  • ドアノブの中心に鍵穴がついている錠前
  • 内側からはドアノブの中心にあるボタンを押すと、ロックをかけられる
チューブラ錠
  • 室内のドアに取りつけるドアノブ
  • 構造がシンプルなので、誰でも取りつけられるのがメリット

シリンダー交換前に準備すべきこと

シリンダーを交換する前に準備するべきことは3つあります。
とくに“管理会社への確認”は必ずしましょう。
確認を怠ると、無駄なお金が発生する可能性があります。

賃貸住宅なら管理会社にまず確認

賃貸物件の所有権は貸主にあります。
当然、シリンダーの所有権があるのも貸主です。
貸主の許可なくシリンダーを交換すると、違約金が発生する可能性があります。
そのためシリンダーを交換する場合、必ず管理会社や貸主に確認して許可を得ましょう。

退去する際は、もとのシリンダーに戻さなければいけないケースもあります。
許可のみならず、退去時の対応も合わせて聞いておきましょう。

ドアの規格を把握しておこう

業者に依頼せず、自分でシリンダーを交換する場合は、ドアの規格(サイズ)も調べておきましょう。
チェックしたい規格は以下3つです。

  • ドアの厚さ
  • バックセット(鍵穴の中心からドアの端までの長さ)
  • フロントプレートの縦と横の長さ(ドアを開けた際のラッチボルトがある場所)

ドアの規格を把握すれば、メーカーを気にせず、好きな錠前やシリンダーを選択できます。

必要な部品・道具

シリンダー交換に必要なものは以下3つです。

  • 新しいシリンダー
  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー

シリンダーは、錠前に合ったものを選びましょう。
錠前とは、シリンダーを取りつける部分のことです。
鍵と錠がセットになっています。
シリンダーを交換する場合、基本的に錠前はそのまま使います。

メーカーや型番などで錠前の種類を把握してからシリンダーを選んだ方が、失敗する確率は低いでしょう。
メーカーや型番はドア側面の金属板に記載されています。

ちなみに潰れてしまったネジ頭を回すために、太めの輪ゴムがあると便利ですよ。

自分でシリンダーを交換する方法

やり方が分かれば、自分でシリンダーを交換できます。
鍵と玄関、パターン別に交換する方法を説明するので参考にしてください。

鍵のシリンダーを交換する方法

まずは、以下の手順に沿ってシリンダーを取り外しましょう。

  1. ドアを開ける
  2. ドア側面のフロントプレートにある上下のビスをプラスドライバーで取る
  3. シリンダー側のピン(2本)をマイナスドライバーで引っ掛けて取る(必ず手でシリンダーを押さえながらピンを抜く)
  4. 金属プレートを外す

次は、以下の手順に沿って新しいシリンダーを取りつけましょう。

  1. 新しいシリンダーを取りつける場所の穴にはめ込む
  2. 手でシリンダーを押さえながら、ピン(2本)を挿し込む
  3. フロントプレートの上下をビスで締める
  4. 実際に鍵を使い動作確認を行う
  5. 問題なければ完成

玄関のシリンダーを交換する方法

まずは、以下の手順に沿って玄関の錠前を取り外しましょう。

  1. ドアを開ける
  2. ドアの側面にあるネジを緩める
  3. フロントプレートを外す
  4. 室外側にあるピンをマイナスドライバーで押し上げて抜く
  5. 固定が外れたら、シリンダーを外す
  6. 室内側のピンを抜き、サムターンを取り外す
  7. 室内側の取っ手部分にあるネジを緩め、室内側の取っ手を外す
  8. 室外側の取っ手も外す
  9. 室内側と室外側のカバーと丸座を取り外す
  10. 錠ケースのネジを外してから、錠ケースをドア板から抜く

次は、以下の手順に沿って玄関の錠前を取りつけましょう。

  1. ドアの側面から錠ケースをはめ込む
  2. プラスドライバーでネジを締める
  3. 室外側の丸座とカバーを取りつける
  4. 室内側の丸座とカバーも取りつけ、室内側にある丸座のネジをプラスドライバーで締める
  5. 室外側の取っ手を取りつける
  6. 室内側の取っ手も取りつけたら、室内側の取っ手にネジをはめ込み、プラスドライバーを使って固定する
  7. サムターンを取りつけ、室内側のピンを固定する
  8. シリンダーを取りつけ、室外側のピンを固定する
  9. ネジを使ってフロントプレートを固定する
  10. 取っ手やドアの動作確認を行い、問題なければ完成

玄関の鍵交換についてまとめている記事もぜひ参考にしてくださいね。

シリンダー交換の注意点

シリンダー交換は比較的簡単にできます。
しかし、いくつか注意点があるので、失敗を防ぎたい人は確認しておきましょう。

店舗だと商品数が少ない可能性がある

シリンダー交換に必要な部品や道具はホームセンターでそろえられます。
しかし、地域によってはホームセンターに並べられている部品・道具が少ない場合がありますよ。
取り寄せ注文すれば店舗で受け取れますが、1ヶ月程度かかる場合もあるでしょう。

これらのデメリットを許容できない場合は、インターネットショップを活用してください。
インターネットショップであれば、豊富な種類の中からお気に入りのものを選べます。

早ければ翌日に届くので、素早く交換作業に取りかかれるでしょう。
条件を満たせば送料も無料になることがありますよ。

シリンダーは返品できない

製品の性質上、購入したシリンダーは未使用でも返品できません。
何らかの方法で合鍵を作られている可能性があるからです。

シリンダー選びで失敗したくない人は、ドアに記載されている“メーカーや型番”をよく確認してください。
それらと合致するシリンダーを選べば、基本的に失敗しません。
不安な場合は、店舗や業者に問い合わせましょう。

自力でできない場合は業者に依頼

シリンダー交換が初めての人であれば、交換作業が難しいと感じるかもしれません。
その場合は、専門の業者に依頼しましょう。
業者に依頼した場合の料金相場や業者の選び方などを説明します。

シリンダー交換の費用相場

費用の内訳は、作業費と部品代です。
まずは作業費の相場から説明します。

  • シリンダーのみの交換:1万円~1万5,000円
  • 錠前からの交換:1万5,000円~2万円

部品代の相場は以下の通りです。

  • ノーマルキー:1万円~1万5,000円
  • ディンプルキー:1万5,000円~3万円

作業費と部品代を合わせると、費用の相場は大体2~5万円かかります。
さらに多くの場合、プラスで出張料や早朝・夜間料金もかかりますよ。
メインの料金のみならず、オプション料金もチェックしましょう。

業者を選ぶ際の注意点

鍵業界には、悪徳業者も潜んでいます。
そのため、業者選びには力を入れましょう。
以下のような業者には注意してください。

  • 作業前に見積もりを提示してくれない
  • キャンセル料金が異常に高い
  • 出張費や見積もり料など、オプション料金が不明確
  • 保証やアフターフォロー制度などが充実していない

とくに見積もりを提示してくれない業者には注意しましょう。
また、見積書に記載されている内容が曖昧な業者にも注意してください。

優良業者は、必ず分かりやすい見積書を提示し、依頼者の納得を得てから作業に取りかかります。
それができない業者は悪徳業者の可能性が高いです。

通話料無料で相談できる「カギ110番」

カギ110番

カギ110番なら、さまざまな鍵のトラブルに対応!
玄関や車の開錠から、カギ作成、カギ交換だけでなく、他の鍵屋では対応できないような鍵でもOK。

日本全国に加盟店があるので、エリア内のスタッフが最速5分で駆け付けます。
もちろん深夜・早朝でも。

確かな技術を持った鍵のプロが対応するので、どんなお悩みでも解決します。
もし鍵が開かなければ施工料は原則0円なので安心して相談できるのがポイント。

24時間365日全国受付対応中!
\通話料無料!鍵修理をすぐ相談/

0120-352-050

point!
  • 低料金で安心!キャンセル料0円
  • 1日の相談実績 約450件以上
  • お客様満足度98%

料金一例

  • 玄関の鍵開け 8,800円~
  • 車の鍵開け 9,900円~
  • 金庫の鍵開け 8,800円~
  • スーツケースの鍵開け 8,800円~

鍵開け以外にも鍵交換や鍵修理、鍵作成、鍵取付など鍵に関するトラブルに対応します。
料金は出張費+作業費+部材費のコミコミ価格なので安心!

鍵開けサービスの流れ

  1. まずはフリーダイヤルで相談
  2. 最短5分で到着
  3. 作業時間最短5分
24時間365日全国受付対応中!
\通話料無料!鍵修理をすぐ相談/

0120-352-050

サービスについて詳しく知りたい方、お問い合わせフォームから無料相談したい方はカギ110番相談窓口からどうぞ。

まとめ

今回、シリンダーは交換できるのかについて紹介しました。
結論としては、シリンダーは交換できます。
セルフでも交換できるので、自信のある方はチャレンジしてみてくださいね。

しかし、交換作業が初めてな人やDIYが苦手な人は、しっかり交換できるか不安でしょう。
その場合は、鍵の専門業者に依頼しましょう。
専門的な知識と高い技術力ですばやく交換してくれるはずですよ。

その他にも、鍵交換の費用や、自分で鍵交換する方法もまとめていますよ。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

マーケットエンタープライズ正社員採用

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加