スマホが鍵になるスマートロックおすすめ3選!玄関に後付けできる?

スマホが鍵になるスマートロックおすすめ3選!玄関に後付けできる?

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

ロボット掃除機やスマートスピーカーなど、最近はさまざまなスマート家電が販売されています。その中で導入しやすく人気があるのがスマートロックです。今回は、スマホが鍵になる“スマートロック”について説明します。

メリット・デメリットはもちろん、おすすめの製品も紹介するので参考にしてください。

スマホが鍵になる!スマートロックとは

スマートロックとは、スマホでドアの解錠や施錠ができるシステムのことです。工事をして設置するタイプが一般的ですが、最近は工事不要で設置できるスマートロックもありますよ。

スマートロックは、以下の仕組みで機能しています。

  • スマートロックと通信を行うスマホを連動させる
  • 専用のアプリからBluetoothやWi-Fiなどを使って遠隔で指示を送る
  • スマートロックが反応して鍵の開閉が行われる
カギ110番

スマホが鍵になるスマートロックのメリット

スマートロックのメリットは、鍵を持ち歩く必要がなくなることです。安心感がある、鍵の閉め忘れがなくなる、などのメリットもあります。

ここでは、スマートロックのメリットについて説明しますね。

鍵を持ち歩く必要がなくなる

スマートロックを導入すれば、スマホで鍵を施錠・解錠できます。そのため、鍵を持ち歩く必要がなくなります。鍵の紛失リスクをゼロにできますよ。

また、スマートロックには施錠・解錠が行われた履歴が残ります。同居人の帰宅や空き巣の有無などを常に把握できるので、安心できますね。

オートロック機能がついているので安心

オートロック機能とは、ドアが自動的に施錠されるシステムのことです。

最近のスマートロックには、このオートロック機能が標準搭載されています。オートロック機能があれば、鍵を閉める手間を省けると同時に鍵の閉め忘れを防げます。

家を無防備にしたまま外出することがなくなるので、安心して買い物や旅行を楽しめますよ。

セキュリティが向上する

スマートロックは、鍵穴やサムターンに被せて設置することもできます。このような形で設置をすれば、ピッキングやサムターン回しによる侵入を防げます。

セキュリティを最大限向上させたい場合は、シリンダーごと交換するタイプのスマートロックを選びましょう。鍵穴がなくなるので、ピッキングやサムターン回しなどの被害をゼロにできますよ。

簡単に合鍵を共有できる

アナログの鍵を共有する場合は、専門の業者に頼んで合鍵を作ってもらわなければなりません。予約の空き状況によっては、合鍵が完成するまで1日以上かかることもあります。

しかし、スマートロックであれば、数分の操作だけで簡単に合鍵を共有できます。アプリ上で共有できるので、合鍵の作成費用もかかりません。

合鍵作成の手間と費用を大きく省けるので、一つの家に複数人で住んでいる人はかなり助かりますね。

スマホが鍵になるスマートロックのデメリット

スマートロックは、締め出しのリスクがあります。電池交換の必要があったり設置できない環境があったりするのもデメリットです。

ここでは、スマートロックのデメリットについて説明します。

締め出しリスクがある

オートロック機能が搭載されているスマートロックを導入する場合は、スマホの置き忘れに注意しましょう。室内にスマホを置いたまま外出した場合、鍵を解錠できないからです。

締め出しのリスクを低くしたい人は、一定時間後に自動ロックされるタイプのスマートロックを選びましょう。このタイプであれば、仮にスマホを忘れても一定時間内のみ部屋に戻れます。

電池交換をする必要がある

現在のスマートロックは、ほとんどが電池式です。そのため、定期的に電池交換をする必要があります。

実際、スマートロックの電池が切れて部屋に入れなくなったという情報を見かけます。このような状況にならないためにも、定期的にスマートロックの電池残量を確認しましょう。

設置できない可能性もある

自宅のドアやノブの形状によっては、希望のスマートロックを取りつけられません。また、十分なスペースがなかったり直にサムターンがついていたりすると設置できません。

そのため、スマートロックを購入する前にまず設置できるか確認しましょう。設置の可否は、製品の公式サイトを確認すると分かります。

スマホに鍵機能を追加!スマートロックの選び方

現在は、さまざまなスマートロックがあります。どれを購入しようか悩んでいる人は、これから紹介する選び方を参考にしてみてください。

性能で選ぶ

せっかくスマートロックを購入するのであれば、良スペックの製品を選びましょう。性能が低い製品を選ぶと、鍵の施錠・解錠がストレスに感じる可能性があります。

また、正常にロックがかからない場合もあり、防犯面でも心配です。候補の製品を複数用意して、スペックが高いのはどれか必ず比較してくださいね。

防犯性の高さを重視するなら開閉センサー式がおすすめ

オートロック機能が搭載されているスマートロックは、開閉センサー式とタイマー式の2種類に分けられます。セキュリティ強化を目的にスマートロックを導入するのであれば、開閉センサー式の製品を購入しましょう。

開閉センサー式のスマートロックは、ドアが閉まると同時に施錠されます。そのため、施錠が完了するまでの間に侵入されることはありませんよ。

スマートさを重視するならBluetooth検知式がおすすめ

手ぶら解錠に魅力を感じて、スマートロックを導入する人もいるでしょう。スマートさを重視したいのであれば、そのスマートロックがBluetooth検知式か必ず確認してください。

Bluetooth非搭載型だと、その都度スマホを操作して解錠する必要があるからです。なお、Bluetoothの反応精度は製品によって違います。スペックが低いとドアの前で数秒待たされる場合があるので注意してください。

スマホを鍵にしたいならウィジェット対応式がおすすめ

自動解錠は便利ですが、少し不安がある人もいるでしょう。だからと言ってアナログの鍵を使うのも考えものですよね。

そのような人におすすめなのが、ウィジェット対応式のスマートロックです。このタイプであれば、鍵の施錠・解錠を自分で操作できます。

また、スマホのウィジェット機能から簡単に操作できるので、手間がかかりません。直感的に操作できる製品が多いので、ウィジェットを使うのが初めての人でもすぐ使いこなせるでしょう。

電池残量を確認できるものを選ぶ

電池式のスマートロックは、どうしても締め出しのリスクがあります。このリスクを避けたい場合は、電池残量を確認できる製品を選びましょう。

予算に余裕があれば、電池残量が少なくなってきた際に通知してくれる製品を選ぶことをおすすめします。また、低電力モードが搭載されている製品もおすすめです。ものによっては、2年ほど電池交換をせずに済みますよ。

マルチデバイス対応のものを選ぶ

スマホをもっていない同居人がいる場合は、マルチデバイス対応のスマートロックを選びましょう。マルチデバイス対応であれば、暗証番号やカードキーなどでも施錠・解錠ができるからです。

専用の鍵やカードなどを紛失しても、専用のアプリから権限をリセットできます。そのため、防犯性も高めですよ。ちなみに、指紋認証式や暗証番号式のマルチデバイス製品を購入すれば、締め出しリスクも下げられます。

鍵のシェア機能があるものを選ぶ

友人や家族などを自宅に招き入れる機会が多いのであれば、鍵のシェア機能があるスマートロックを選びましょう。このタイプの製品を使えば、LINEやメールで簡単に鍵をシェアできますよ。

無料かつ数分ほどでシェアできるので、合鍵作成の費用・手間も省けます。防犯性を高めたい場合は、シェアした鍵の利用時間を限定できる製品を選びましょう。

指定された時間がすぎればその鍵は使えなくなるので、鍵の流出リスクを低くできます。

スマホで鍵を操作!おすすめのスマートロック3選

数ある製品の中から、ここではおすすめのスマートロックを3つ紹介します。特徴とともに紹介するので、スマートロック選びの参考にしてください。

Qrio lock Q-SL2

「Q-SL2」の特徴は、設置や連携が簡単にできることです。そのため、スマートロックの導入が初めての人におすすめですよ。また、ハンズフリー解錠に対応しているのもQ-SL2の特徴です。

バックやポケットにスマホを入れたままでも解錠できるので、手間がかかりませんよ。Q-SL2は、工事不要で取りつけられます。後残りしにくい両面テープを使うので、賃貸物件でも設置できますよ。

SwitchBot スマートロック&指紋認証パッドセット

この製品の特徴は、施錠・解錠のタイムラグがほぼないことです。操作から平均2.5秒で施錠・解錠ができます。そのため、もたついてストレスが溜まることはないでしょう。また、指紋認証パッドがつくのもこの製品の特徴です。

指紋認証やカード解錠などもできるので、締め出しリスクはほぼゼロにできます。

SADIOT LOCK2

この製品の特徴は、施錠・解錠履歴が見れることです。空き巣の被害に遭っていないかスマホから確認できるので安心ですね。また、「Apple Watch」と連携できるのもこの製品の特徴です。

施錠・解錠がワンタップでできるので、スマホを操作する手間が省けますよ。ちなみに、この製品は「Amazon Alexa」と連携することもできます。

スマートロックを導入してスマホを鍵にしよう

  • スマートロックとは、スマホで鍵を施錠・解錠できるシステムのこと
  • メリットは、鍵を持ち歩く必要がなくなる、セキュリティが向上するなど
  • デメリットは、締め出しリスクがある、電池交換の手間がかかるなど
  • 性能や搭載されている機能などを比較して、自分に合った製品を選ぼう

今回は、スマホが鍵になるスマートロックについて説明しました。

スマートロックを導入すれば、鍵を持ち歩く必要がなくなります。オートロック機能が搭載されている製品を購入すれば、鍵の紛失リスクもほぼゼロにできますよ。

セキュリティ向上が期待できるので、ぜひ導入してみてください。

※特記以外すべて税込み価格です。

カシモWiMAX

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加