iPhone修理比較サイト 修理代の地域別最安値を調べよう!

屋根の塗り替え費用はいくら?業者選びのポイントも解説

屋根の塗り替え費用はいくら?業者選びのポイントも解説

初めて屋根の塗り替えをする場合、どれくらいの塗り替え費用がかかるのか気になる方は少なくないでしょう。
ここでは「塗り替えにかかるコスト」「費用の抑え方」「業者選びのポイント」などについてご紹介します。

屋根の塗り替えが必要となるタイミング

屋根の塗り替えは、新築から8~10年ほどで行うのが一般的です。
しかしこれといって問題が表面化していない場合でも、屋根の塗り替えが必要となるケースはあります。

カビが生えている

湿気が多い場所で、凹凸のある屋根材を使用しているケースでは、屋根にカビやコケなどが繁殖してしまうことがあります。
また近くに樹木があると、そこから胞子が飛散して屋根に定着することで、コケが繁殖する可能性が。

屋根にカビやコケなどが生えていても、早急に塗り替えが必要なわけではありません。
ただカビやコケには水分が含まれているため、放置してしまうと屋根材にダメージを与える可能性があります。

耐用年数を過ぎている

屋根の塗り替え時期には、この塗料の耐用年数が大きく関係しています。
一般的なシリコン系塗料の耐用年数は、8~15年ほどが目安。
この期間内であれば、仕様では塗料が本来もつ効果を発揮できることになります。

塗装はこの耐用年数を迎えると急激に性能が落ちるわけではなく、だんだん劣化していくので、この時期が近づいてきたら塗り替えを考えましょう。
耐用年数を経過してしまうと塗料の性能は失われ、屋根材が外気や紫外線などの影響を受けやすくなります。

色あせている

塗膜の劣化が進むと、屋根が色あせて見えるようになります。
新築当初に比べて「色がぼやけている」「屋根の色が変わった気がする」という場合は、塗り替えのタイミングかもしれません。

ただ早急に塗り替えないといけないわけではありません。
これはあくまで塗膜の劣化が始まった兆しです。
早急な塗り替えは不要であるものの、放置し続けると劣化が進む一方なので、気になる方は専門業者へ相談しましょう。

屋根の塗り替えをせずに放置するリスク

塗り替えが必要であるにもかかわらず、そのまま放置することにはどのようなデメリットが考えられるのでしょうか。
「あのとき塗り替えをしておけばよかった」と後悔することのないよう、起こりえるリスクをしっかり理解しておきましょう。

雨漏りのリスク

屋根材の塗膜が劣化すると、屋根材が雨や紫外線、飛来物などに直接さらされることになります。
バリアとしての役割をはたしていた塗膜が劣化することで、湿気や紫外線の影響をまともに受けてサビやひび割れ、穴あきなどの原因となるのです。

屋根にヒビや穴が生じてしまうとそこから雨水が侵入し梁や柱などの構造体にまでダメージを与えてしまうほか、雨漏りが発生する可能性が高まります。

見た目が悪くなる

屋根は外から目立つ部位です。
外壁がきれいでも屋根の劣化が進んでいると「古い家」「ボロボロの家」といった印象を与えてしまうかもしれません。
近所の方からは「塗り替えができないほど経済的に困窮している」と思われてしまう可能性もあるでしょう。

葺き替えが必要になる可能性

塗膜(とまく)の劣化を放置し続けると腐食がどんどん進んでしまいます。
あまりにもひどい状態になってしまうと塗り替えでは対処できません。
こうなると屋根全体を葺き替えることになります。

屋根を葺き替えるとなれば、塗り替えよりもさらに高額な費用がかかります。
数十万円で済むはずがウン百万円になることもあるので、放置は禁物です。

屋根の塗り替え費用は?

使用する塗料によりトータルでの塗り替え費用は大きく変動します。
塗り替えは平米単価で計算されることが多く、施工する範囲によっても価格が変わることを覚えておきましょう。
塗料ごとの平米単価の目安は以下のとおりです。

  • アクリル系…1,000~1,200円
  • ウレタン系…1,700~2,200円
  • シリコン系…2,500~3,500円
  • フッ素系…3,500~4,800円

一般的な塗り替え工事の相場は40~60万円

一般的なスレート屋根の場合、塗り替え工事全体にかかる費用の相場は40万~60万円ほど。
このほかに「足場の架設」「高圧洗浄」「下地処理」「養生」などの費用が加算されます。

また塗装作業は通常「下塗り」「中塗り」「上塗り」と3回行うので、3回分の塗料代がかかることに注意が必要です。

費用を抑えるポイント

塗り替えを行う面積が広くなればなるほど費用はかさみます。
また屋根の状態によっても費用は変動します。
少しでも費用を抑えるためにいくつかのポイントを押さえておきましょう。

普段からメンテナンスを行う

知らず知らずのうちに塗料の劣化が進んでしまうと、葺き替えが必要になるかもしれません。
葺き替えまではいかずとも、広範囲にわたり劣化が進むとそれだけ塗装費用はかさんでしまいます。

部分的な劣化なら塗装工事も最小限で済むので、定期的にメンテナンスを実施しましょう。
業者に依頼すれば点検やメンテナンスだけでも対応してもらえます。

相見積もりをとる

塗り替え工事の費用は使用する塗料だけでなく、作業を依頼する業者によっても大きく変わります。
A社では200,000円で工事ができるのに対し、B社では300,000円かかってしまうといったケースも。

少しでも費用を抑えるには、複数社から見積もりをとる相見積もりで費用を比較しましょう。
業者ごとに見積もりを比較できるため相場を確認できます。
極端に安かったり極端に高い見積もりを提示する業者は、疑ってかかったほうがよいでしょう。

相見積もりで業者を決めるときは、価格だけでなく保証やアフターサービスの内容などもあわせてチェックしてください。

安い塗料を使用する

屋根塗装に用いる塗料には「ウレタン」「シリコン」「アクリル」「フッ素」などいくつもの種類があります。
使用する塗料により値段は異なるので、安く抑えたいのなら単価の安い塗料を使うのがシンプルな考え方です。

ただ安価な塗料の多くは耐用年数が短いため、塗り替えをしても短いスパンで再度工事をしなければなりません。
そのあたりのことも考えたうえで慎重に判断しましょう。

業者選びのポイント

屋根の塗り替え工事で失敗しないためには業者選びが重要です。
では業者を選ぶときには、どのような基準で選べばよいのでしょうか。
いくつかのポイントをまとめました。

状態を写真で説明してくれる

普段から屋根の状態をチェックしている方は多くありません。
業者から「屋根の状態が最悪です」「塗り替えが必要です」と言われたら、その言葉を鵜呑みにしてしまうのではないでしょうか。

これがもし悪質な業者だったとすると大変です。
本当は塗り替えなど不要な状態なのに、高額な工事を強引に提案される可能性があります。

業者を選ぶ際はしっかり屋根の状態を調査して、写真により塗り替えが必要な理由について詳しく説明してくれる業者に依頼しましょう。

保証やアフターサービスがある

保証やアフターサービスのない業者に依頼してしまうと、工事後に不具合が生じても対応してもらえません。
仮にそれが不適切な工事によるものでも有料での修理対応になる可能性があります。
保証やアフターの有無はもちろん内容や期間もあわせて確認しておくことが大切です。

契約を急かす業者には要注意

このような業者は高い確率で悪質な業者です。
契約を急かしすぐに工事を行い高額な費用を請求してその後は音信不通になる、という悪質な業者は実際に存在します。

「今契約すれば工事費用が半額になる」など、あまりにも魅力的な提案をしてくる業者にも注意が必要です。
普通に考えて工事費用が半額になることはありません。
何か裏があるはずです。

DIYでも可能?

費用をなるべく抑えたいがために「DIYで屋根の塗り替えができないものか」と考える方もいます。
DIYでの塗り替えは「絶対に不可能」とは断言できません。
しかしおすすめできないのは事実です。

屋根の塗装工事には、職人の技と経験が注ぎ込まれています。
塗装の経験がない方がDIYにチャレンジしても、のちのちさまざまな問題が発生するだけで何もよいことはありません。
気持ちは理解できますが専門の業者に依頼しましょう。

DIYのリスク

DIYで屋根の塗り替えを行うリスクについてまとめました。

仕上りが悪くなる

専門の塗装業者は事前に高圧洗浄や下地調整などを行い、そのうえで何度かに分けて工事を進めます。
DIYでは、このような作業を行うこと自体難しいのが実情です。
作業を省けば当然ながら仕上りも悪くなります。

ケガのリスク

塗装は屋根の上で行うため転落のリスクが常につきまといます。
屋根には傾斜があり慣れない人は歩くだけでも大変です。
高所作業は命に関わるケガにつながる可能性があるので、甘く見てはいけません。

費用が高くなる可能性

屋根の上を歩いていて瓦を割ってしまったり金属屋根を踏み抜いてしまったりすると、結局は専門の業者に修理を依頼しなくてはなりません。
安く済ますはずが余計にお金がかかってしまった、というのではおもしろくありません。

屋根の塗り替えは専門の業者に依頼するのがおすすめ

DIYでの塗り替えは、自分の手で仕上げる楽しさを感じられるかもしれません。
しかしデメリットやリスクが多いことも事実です。
結局は費用が高くついたりガをしてしまったりと、よいことはあまりありません。

信頼のおける屋根塗装の専門業者なら、屋根の機能と美しさを新築当初のようによみがえらせてくれます。
DIYはあまりにもリスキーです。
屋根の塗り替えは専門の業者に依頼しましょう。

まとめ

屋根の塗り替え工事について、塗り替え費用や業者選びのポイントなどについて解説してきました。

屋根の塗装を塗り替えずに放置すると屋根材の劣化が進み、雨漏りだけではなく建物の構造自体がダメージを受ける可能性があります。
こうなると家自体の寿命が大きく縮むことになるので、時期が来たら必ず塗り替えを行いましょう。

ただし、DIYでの塗り替えはおすすめしません。
この記事でご紹介した業者選びのポイントを参考にして、信頼できる専門の塗装業者に作業を依頼しましょう。

最安修理ドットコムに掲載してみませんか?

掲載店舗数約2万店舗、修理サポート記事1,000本、クチコミ数12万件を超える日本最大級の修理店情報サイト「最安修理ドットコム」に掲載しませんか?

iPhoneをはじめとしたスマホやパソコン、車や時計、カメラに至るまであらゆる物の修理店情報を掲載しています。

掲載ご希望の修理店様はまずはお気軽にお問い合わせください。

掲載のお問い合わせはこちら

※特記以外すべて税込み価格です。

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加